日本のニュースに出てこないニュース

ベラルーシ 投獄された野党党首の釈放を求めてデモが続く 大統領とその関係者 EU域内への入国を禁止と資産凍結

ベラルーシを知るための50章 (エリア・スタディーズ158)

ベラルーシ大統領選、現職ルカシェンコ氏圧勝

[ミンスク 10日 ロイター] - 9日投票のベラルーシ大統領選挙は、10日の中央選挙管理委員会の発表によると、現職のルカシェンコ氏が80%を得票して6選を決めた。これに対し、反政権側は投票に不正があったとして選挙結果の受け入れを拒否した。

元英語教師で数週間前に主要な対抗馬に浮上したスベトラーナ・チハノフスカヤ氏の得票率は9.9%だった。

数字からみれば、圧勝だった。
しかし、多くの国民が抗議活動を行っている。

「選挙は、公正ではない」

今回の日本のニュースには出てこないニュースでは、
ベラルーシ 投獄された野党党首の釈放を求めてデモが続く 大統領とその関係者 EU域内への入国を禁止と資産凍結
と題して、ベラルーシという国で何が起きているかを調べてみました。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

最新ニュース

EU制裁発動 EU域内への入国を禁止され、資産が凍結

2020年11月6日

欧州連合(EU)は、ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領と他の14人の当局者に対して、8月の選挙での選挙後の民主化運動の弾圧を理由に制裁を科しました。

制裁内容は、EU域内への入国を禁止され、資産が凍結という厳しいものです。

資産凍結と旅行禁止の理由として
「平和的なデモ参加者、野党メンバー、ジャーナリストの暴力的な弾圧と脅迫」
に対応してEU大使の合意によるものである。

EUは、8月9日の選挙の結果を拒否し、ルカシェンコを正当な大統領とは見なしていない
としてコメントしている。

これは、2020年11月5日の欧州安全保障協力機構(OSCE)に引き続き 厳しい対応となっている。

ベラルーシでは、何万人もの野党抗議者が抗議の波で街頭に出ているが、内務省は先週、約300人を逮捕したと発表している。

欧州安全保障協力機構(OSCE)が発表

2020年11月5日

欧州安全保障協力機構(OSCE)が発表

選挙とその後の当局による取り締まりを調査した報告書は、

「人権侵害は、大規模かつ体系的であり、疑いの余地なく証明された」

投票は

「透明、自由、公正ではない」

「プロセスのすべての段階での疑わしく結果を無効にすることを推奨」

ベラルーシに対して

「国際基準に基づいて新しい本物の大統領選挙を組織するべき」と促している。

ただし、この報告通りにするかどうかは、不明

2020年9月14日 プーチンに会いにゆくルカシェンコ大統領

何千人もの人々が首都で街頭に集まり、選挙で争われた後、投獄された野党党首の釈放を要求しています。
そんな中、数警察は、十人の女性抗議者を激しく拘束


ベラルーシの機動隊は数十人の女性デモ参加者を激しく拘留しており、何千人もの人が首都の路上に出て、選挙後の大規模な抗議行動の波である投獄された野党党首の釈放を要求している。

そんななか、渦中のルカシェンコ大統領は、ロシアのプーチン大統領に15億ドルの融資について会いに行った。

ロシアはミンスクと15億ドルの融資に合意した、とウラジミール・プーチン大統領は月曜日に、 包囲されたベラルーシの指導者アレクサンドル・ルカシェンコとの会談で 述べ、ベラルーシの人々は外国の干渉なしに危機を解決すべきだと付け加えた。

この記事を注意して読むと

ロシアは、ルカシェンコ大統領に対して、融資するけど自分の国は、

自分でなんとかしろ

と突き放したようにもみえる

2020年9月7日 ベラルーシの抗議リーダー拉致される・・・

ベラルーシの抗議リーダーであるマリア・コレスニコワは、首都ミンスク中心部で身元不明の人々に拉致されたと目撃されている。

コレスニコワはベラルーシ内に残された3人の女性野党党首の最後である[Evgeniy Maloletka / AP]

目撃によると
「覆面をした男性が彼女を拘束し、ミニバンで彼女を連れ去ったt」
とコメント

拉致されたとされるコレスニコワは、ルカシェンコの批評家で、選挙後の政治危機において重要な役割であった。

ミンスクの警察は、彼らがコレスニコワを逮捕していないと表明している。

2020年9月6日 デモは続く

何千人ものベラルーシ人が平和的な行進を行っている。

ミンスクの女性は大統領選挙の結果を拒否する抗議の最中に警察の残虐行為に抗議して集結する兆候を持っている[ロイター]

LGBTQの権利の支持者がミンスクの女性の行進に登場しました。これは、ルカシェンコの反対者が大胆になってきていることを示しています[ロイター]

アレクサンドル・ルカシェンコ現大統領の再選後辞職を拒否を表明

赤と白の旗とプラカードを持っている多くの学生を含む抗議者は日曜日に当局は、大規模な圧力でデモ参加者を拘束した。

軍隊、水筒、装甲兵員輸送車、装甲偵察車両が行進に先立って市内中心部に配備され、ミンスク中心部の地下鉄駅は閉鎖中です。

LGBTQ
レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字をとったもので、一般的にセクシュアル・マイノリティと呼ばれるひとの総称

スヴェトラーナ・チハノフスカヤ氏より 日本の若者にメッセージ

スヴェトラーナ・チハノフスカヤ(ロシア語: Светлана Тихановская、英語: Svetlana Tikhanovskaya)

政権に批判的だったブロガーの夫が大統領選への出馬を禁じられ、収監されたことを機に、夫の解放を求め立ち上がった彼女。 たった数週間でルカシェンコ大統領にとっての最大の強敵となり、現政権に不満を持つ国民から熱狂的な支持を集めたことで、世界的に一躍時の人となりました。 選挙後、不正を訴え選挙のやり直しを求めて平和的な抗議活動を続けるチハノフスカヤ氏にNNNモスクワ支局は日本のメディアとして初めて単独インタビューしました。

記事の中で日本の人に向けたメッセージがありました。

Q:あなたが日本に求めることは何ですか?
特別なことを求める権利は、私にはないです。ただ日本政府にはベラルーシの平穏を尊重し、どのような形でもいいので民主化を求める人々を支援して欲しいのです。民主主義国家である日本の人々は、民主主義のために立ち上がった私達のことを理解してくれると思っています。

Q:あなたは若い世代ですが、日本の若者に何を伝えたい?
民主主義国家である日本で生活できることは本当に幸運なことで、ベラルーシのような問題に直面しなくて良いというのは本当に素晴らしいことだと知って欲しいです。この民主主義を失わず、この自由を失わないようにして欲しい。そして、ベラルーシも民主主義国家になれることを祈っていて欲しい。

記事:Yahoo News

2020年8月23日 数万人のデモ

2020年8月23日の首都ミンスクの様子
抗議運動の残忍な弾圧を開始してから2週間 人々は、独立広場で抗議のデモ活動が続いている。

ベラルーシ・ミンスクの独立広場で大統領選挙結果に抗議する人々 [ロイター]

ベラルーシのミンスクでの抗議行動中に機動隊の封鎖の前で歴史的なベラルーシの旗を振る男 [セルゲイ・グリッツ/AP]

当局は日曜日、ベラルーシ人に「違法デモ」への参加を警告し、地元の報道機関は独立広場に向かって移動する盾を持つ放水砲と機動隊を示すビデオをソーシャルメディアに公開、またミンスク中心部の4つの地下鉄駅が閉鎖しています。

抗議活動と言っても 火炎瓶を投げるわけでもなく、銃を売っているわけではなさそう。
少なくともTwitterの映像からは、そうみえる。

デモに呼応するように
欧州連合(EU)は、ルカシェンコに80%の票を与えた大統領選挙の結果を拒否している。

日本人男性拘束

選挙後のデモに参加していたとして日本人男性がベラルーシ当局に逮捕された。

東ヨーロッパのベラルーシで、反政権デモに参加したとして逮捕された日本人男性が、騒乱を首謀した疑いをかけられていることが分かった。拘束の長期化が懸念されている。 【映像】ベラルーシの反政権デモの様子  ANNの取材に対し、ベラルーシ治安当局の関係者は18日、「日本国籍であることが、外国勢力とのつながりを示唆している」と述べ、日本人男性が騒乱を首謀した容疑で逮捕されていることを明らかにした。有罪が確定すれば、最大で禁錮15年の刑が科されるという。

逮捕された男性は、ベラルーシ人の父親と日本人の母親の間に生まれて、日本国籍を持っている。
問題なのは、日本国籍だから 海外とのつながりがある。

「日本に住んでいる多くの外国籍の人が逮捕されると同じことを意味します」
そんあんことしたら 大問題に発展しますよね。

独裁国家ということは、こういう国なのです。


Minsk: tens of thousands gather in biggest protest in Belarus history

首都ミンスクで数万人以上のデモが発生しています。

ベラルーシはどんな国

ベラルーシ共和国(ベラルーシきょうわこく、ベラルーシ語: Рэспу́бліка Белару́сь、ロシア語: Республика Беларусь)、通称ベラルーシは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。日本語では白ロシア(はくロシア)とも呼ばれる。東にロシア連邦、南にウクライナ、西にポーランド、北西にリトアニア、ラトビアと国境を接する、世界最北の内陸国である。首都はミンスク。ソビエト連邦から独立した。ソ連崩壊で独立前のソ連時代、国際連合にはウクライナと共に、ソ連とは別枠で加盟していた。
ウィキペディア

政治体制

ベラルーシは三権分立の共和制の国であるが、1996年にベラルーシ共和国憲法が改正され、行政の中心である大統領(任期5年)に非常に強い権限が与えられている。2004年に行われた国民投票により、憲法の大統領職の三選禁止規定が削除された。

人権

非常に抑圧された国家の一つである。高齢者、未成年、障害者以外が職に就かず半年以上未納税の場合、平均月収程の罰金が課せられる、また失業者は社会奉仕が義務付けられている。公の場でのデモ、集会は厳しく規制されており、政治的な意見の表明や政権批判、大統領批判をすれば、逮捕・拘束される。

外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/belarus/index.html

ベラルーシが、民主的な形をしていても実質、独裁政治に近い体制だということがわかります。

さらにルカシェンコ大統領は、中国共産党の習近平と個人的に親しく、ベネズエラ大統領ウゴ・チャベスと友好的であった。

ロシア、中国、ベネズエラ 共通している政治思想が見え隠れしませんか?

 

スヴェトラーナ・チハノフスカヤ

ルカシェンコ大統領は、1994年以来ベラルーシの大統領の座についている。
長期政権と独裁的な政治に対して、今回の選挙に一人の女性候補が立候補した。

7月14日、ベラルーシの中央選挙委員会(CEC)は、次回の大統領選挙に登録された候補者のリストを発表しました。

スヴェトラーナ・チハノフスカヤ(ロシア語: Светлана Тихановская、英語: Svetlana Tikhanovskaya)


ティハノフスカヤのチームはキャンペーン活動を実施するのに苦労しています[Vasily Fedosenko / Reuters]

5月29日に夫が逮捕された後、ツィハノウスカヤは夫に代わって出馬する意向を表明した。彼女は2020年7月14日に無所属の大統領候補として登録された。大統領候補として登録された後、彼女は大統領候補として認められなかった有力な野党政治家であるヴァレルィ・ツァプカラ(ベラルーシ語版、ロシア語版、英語版)(ヴァレリー・ツェプカロ)とヴィクタル・ババルィカ(ベラルーシ語版、ロシア語版、英語版)(ヴィクトル・ババリコ)両名の選挙運動によって支援された。ババルィカの選挙対策本部長マリア・コレスニコワおよびヴァレルィ・ツァプカラの妻ヴェロニカ・ツァプカラと一緒に写っているツィハノウスカヤの写真は、彼女の選挙運動のシンボルとなっている。

6月には動画を公開したが、その動画内で彼女は「もし選挙運動を続けたら逮捕する、子供たちを誘拐する」と脅されていると語った。そのため彼女は、子供たちの安全のため子供たちを海外に送り出し、祖母と一緒に暮らすようにした。
ウィキペディア

妨害される

立候補から数日後 首都ミンクスで
推定63,000人 が 7月30日に彼女のキャンペーンイベントが発生

デモや現政権に対する抗議活動を厳しく取り締まっている現政権の影響もあり、地方では、大規模な集会を起こすことはなかったのですが、それでも数千人規模の人が集まったという。

しかし、このキャンペーンイベントの数日後に当局は、参加者の多数のメンバーを逮捕、彼女のイベントに出席しようとした人々を排除しようと働きかけました。

8月4日、ルカシェンコは国民演説を行い、選挙前の無許可のデモに対して「厳しい制裁」を課すことを宣言した。

5月には、このような発言も出ている。
「私たちの憲法は女性のためのものではない。私たちの社会は女性に投票するほど十分に成熟していない。これは憲法によって大統領が多くの権力を握るからである」

また、7月にベラルーシ中央選挙管理委員会は、8月の大統領選挙の候補として、有力な候補であるヴィクトルババリコ氏を候補者の登録から排除した。

国際的な選挙と戦争の監視機関であるヨーロッパ安全保障協力機構(OSCE)は、1995年以降、ベラルーシでの選挙を自由で公正なものとして認めていない。

欧州連合のベラルーシ代表団は、選挙委員会の決定は
「選挙の全体的な完全性と民主的性質を損なう」

結局、その後 集会をひらくことは、できなくなった。

 

選挙結果

国の中央選挙委員会は月曜日(2020年8月9日)にすべての投票をカウントし、ルカシェンコが投票の80.23パーセントを獲得したと発表

スヴェトラーナ・チハノフスカヤは9.9パーセントであった。

結局 ルカシェンコ大統領が、6期目の大統領就任となった。

しかし、選挙結果に不正があったとして抗議デモが発生している。

警察が首都ミンスクおよび他の都市で2夜連続で抗議者と衝突
ロイター通信によると、30人以上が逮捕

「国を変えたい。病気で疲れている。ルカシェンコの独裁政権は取り消されなければならない」

「自由の国で暮らしたい、子供たちに自由の国で暮らしてもらいたい。子供たちに未来を持たせたい」

「有権者は彼らの選択をしたが、当局は私たちの言うことを聞かなかった」

「国を変えたい。病気で疲れている。ルカシェンコの独裁政権は取り消されなければならない」

抗議者は、いくつかのメディアに対してコメントを発表している。

自分が勝者だと思う

スヴェトラーナ・チハノフスカヤは、
自由の国で暮らしたい、子供たちに自由の国で暮らしてもらいたい。子供たちに未来を持たせたい」

「自分が勝者だと思う」

とコメントしている。

彼女の側近は、反対派は今や問題があった投票所での投票の再集計を望んでおり、抗議は続いてゆくかもしれない。

革命はない

デモに対して

「対応は適切だ。国が引き裂かれるのは許されない」
「彼らは騒乱を組織化しようとしている」
「しかし、私はすでに警告しました:革命はありません。」

6期目の就任となったルカシェンコ大統領は、コメントを発表

何も変わらない?

今回の大統領選挙でベラルーシという国情を知ることになった。
それだけでも スヴェトラーナ・チハノフスカヤ候補が立候補した意味は大きい。

今後、ベラルーシが、どのように変わるか予測できないけれど
小国は、その背後にある大国に影響されているということがわかる。

独裁的な政治は、何もあの国やあの国だけではないということです。

最新情報

2020年8月11日のニュースによると
スヴェトラーナ・チハノフスカヤ氏は、弾圧を逃れてリトアニアに逃れている。

日曜日の投票でアレクサンドルルカシェンコ大統領に対する敗北を認めることを拒否したスベトラーナティカノフスカヤは隣国に到着し、無事だったとリトアニアのリナスリンケビチウス外相は火曜日にAFP通信に語った。

支援者は、
「大事なことは彼女が自由で生きることだ」と述べ、身の危険を感じての出国だった

 

自由な国

日本は幸いなことに、ベラルーシのように言論統制や矯正逮捕などありません。
こうして、自由にブログを書ける国に生まれてよかったと思っている。

参考、参照記事:アル・ジャジーラ

スポンサーリンク

 

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.