ミャンマーの休日

その20 黄金郷

更新日:


20分ぐらい 埃っぽい道を走りイラワジ河に向かう。 
道の両側には小さなパゴダが林立する。
クルマから降りると湿気の含んだ風を感じられる。 
少し肌寒い。
イラワジ河を右手に見ながら階段を上に登ってゆく。
「カンカンカン」と金属音が絶えまなく聞こえてきた。 
突然 金色に輝くパゴダが目の前に姿を表した。
パゴダは右斜から夕日を浴びて光り輝いている。

このパゴダは「ローカナンダーパゴダ」という名前で1059年アノーヤター王によって建立されたそうである。 
また今まで見てきたパゴダと違いこのパゴダは、現在もミャンマーの人々の信仰の対象になっています。

眼下にに見えるイラワジ河は既に灰色! 
対岸には大きな太陽が沈んでゆくのが見える。

突風が吹いてくる。 
「目 目が痛い」
風とともに砂が飛んでくる。
太陽が沈んでゆくと同時に急激に寒くなってきた。 
振り返ると金色からオレンジに変わっているパゴダが見えた。 
夢のような景色である。 
これほど美しい夕刻を見た記憶はない。
こえが、黄金郷というものであろうか?

「あっ」と言う間に暗くなってきた。 
再びクルマに乗り夕食に向かう。
「人形劇」を見ながらの夕食の予定 
ここパガンではあやつり人形が有名らしい。

クルマから見えるパガンはすっかり暗くなっていた。
ところどころ明るい場所がある。 
店が開いているようだ。 
道路は漆黒の闇に包まれ、農作業の帰りであろうか 時々自転車にのった人々がやってくる。 
道路わきに見えるパゴダのいくつかは電飾が施されている。 
まるでクリスマスツリーのようだ。

その19 パゴダ巡りは続く

その21 タマリンドと大迫力の人形劇

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-ミャンマーの休日
-, ,

Copyright© インドからミルクティー 大人の遠足の楽しみ方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.