インドからミルクティ

【インドからミルクティ】 42杯目 インドの大晦日

1996年12月31日 大晦日です。
まさかインドで大晦日を迎えようとは夢にも思わなかった。
あいかわらず天気が絶好調!

辛い料理には「ミルクティ」

見事なインド晴れ、旅も6日目を迎えました。
ホテルでの朝食は名物料理「マサラドーサ」だと昨日聞いていたので、楽しみにしていました。
いつものごとく早めにレストランへ、まだ同じツアーに人は誰も来ていなかっ
た。まぁ絵葉書も出したかったので、ロビーでふらふらしていると、にこやかに川田嬢が登場

「まだ少し早いですけど、よろしかったら、朝食どうぞ」

というわけで、まだ誰もいないレストランで「マサラドーサ」を待つ。

「マサラドーサ」は、芋類で作ったクレープのような皮に、カレー風味のジャガ芋、
豆などを包んだ料理である。大きさは30cmぐらいあった。でも皮の大きさにしては、具が少ない。
これに辛い「たれ」をつけて食べる。この「たれ」が大変辛い!
でもミルクティの味はあまり変わらなかった。

辛い料理には「ミルクティ」が一番です。

ムンバイ観光の予定?

朝食が終わり、ホテルのロビーで出発を待っていると、昨夜の「お元気兄ちゃん」が登場。
「ゆっくり眠れましたか??」などと相変わらず朝から元気がいい。
今日は「ムンバイ」観光です。

皆が揃ったところで「ムンバイ」のガイドさんが紹介される。
サリーを着た品のいいおばあさんです。
ラジャーン氏は北インドのガイドのため、ここから先はガイドができないそうです。
普通なら「ジャイプール」で別れるはずでしたが、ツアーの1人の旅行の延長手続きのために、最終日まで特別に同行するということになったそうです。
でも我々にとっては非常に心強いことです。

「ムンバイ」のガイドは「シャンター」さんという名前でした。
日本語を習って3ヶ月だそうです。
しかし、たった3ヶ月でガイドができるようになるとは、恐るべきインド人の語学力 !
もともとこの「ムンバイ」の観光は予定外でした。

飛行機の発着時刻は、午後

「オーランガバード」に行く飛行機の時間が変更になったため、急遽組み入れられました。
デリーの市内観光が飛行機の都合で、駆け足になったことも関係しているかもしれませんが、まぁラッキーであったことには違いありません。

「どうりで旅行の予定表が空欄ばかりなわけだ」

と納得。

なにせ、旅行の予定表が今まで行った国と違い

「午前:ジャープール観光 午後:飛行機でムンバイ」

などと書かれているだけで、何時の飛行機とか、何時にどこへ行くとか、どこで昼食とか書かれていません。
「午前」と「午後」と書かれているだけで、正式な時刻は書かれておりません。
バスに乗り込み「ムンバイ」観光がはじまります。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-インドからミルクティ
-, , ,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.