インドからミルクティ

【インドからミルクティ】 9杯目 インド最大の聖地に向かう

いよいよインド旅行 前半最大の見せ場? ベナレスに向かう。

いざ 聖地へ

デリーからベナレス(英語読みで‘バナラシ’)へ飛行機で向かう。

飛行機会社は、最近インドへ進出したイギリス資本の「SAHARA(サハラ)航空」でした。
乗り込むといきなり「ウェルカム ジュース」が出ました。
スポーツドリンクかな?
離陸して水平飛行に移ると「スポーツドリンク」&「ホットミール」が配られる。

インドで太るかも

約、2時間で「カジュラホ」に到着、ここで降りる人、乗ってくる人で賑やかになる。

我々は、まだ先のところまで行くので席で座って待っていた。

滑走路には銃を持った「軍人の姿」
お客さんが入れ替わると「ウェルカム ジュース」
離陸して水平飛行になると「スポーツドリンク」&「ホットミール」

「なぁんだ、こんなことならランチを食べるんじゃなかった」

と思いつつ、

しっかり「ホットミール(カレー)」を食べてしまう。

危ない危ない(^◇^;

「インドに旅行に行って太って帰ってきたら、きっと笑われるんだろうな」

と思いつつ、香ばしい香りについつい食欲をソソられるのでした。

ベナレス空港到着

やがて「ガンジス河での沐浴」で有名な「ベナレス空港」に無事着陸。

※今の表記は、ベナレスではなく「ワーラーナシー」(Varanasi)といいますが、当時の表記は。ベナレスだったので当ブログではベナレスと表記します。

予定より3時間遅れの到着であった。

ベナレスの空港は、かなり小さかった。

荷物カウンターが5メートル位しかない

「荷物受け取りターンテーブル」が周回せずに、穴から荷物が押し込まれてくる。

迎えのバスに乗ろうとしたら現地の5才ぐらいの子供が寄ってきて何かを叫んでいた、

ガイドのラジャーン氏が昼食のランチボックスを小さな子供に渡した。
とそこに10才ぐらいの子供がやってきて、小さな子供からランチボックスを取り上げてしまった。
すると5~6人の男たちが、ランチボックスを奪って逃げようとした子供を取り囲み、もの凄い剣幕で怒鳴り始めた。
小さな子から「奪い取った行為」を彼等はきびしく叱ったのだ。
たとえ貧しい子供でも、けして甘やかしたりはしないらしい。

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-インドからミルクティ
-, ,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.