グラシアス・メキシコ

45 修道院ホテルって不気味

更新日:


夕食のためにフロントに集合
「夕食までまだ少し時間がありますのでここのマネージャーの方にこのホテルの有名な部屋を案内してもらいましょう」 
と宮下さん
ホテルのマネージャーと宮下さんの後を付いて2階に上がる。
細い階段だ。2階はとても解放感がある。 
廊下というかベランダというか渡り廊下に屋根はない。
このホテルは2階建だ。
同じツアーの人の何組かはこの2階が部屋である。
私たちの半地下の部屋より快適そうだ。
マネージャーは迷路のような通路を通りひとつの部屋に
「ここがこの修道院で一番有名な神父さんの部屋をそのまま残してあります」
なかを除くとちいさなベットと机  
「我々の部屋より奇麗」
と思ったのは私だけ?????
別になんとも思わない私たちをよそにマネージャーは得意そうであった。
「15世紀の状態をそのまま残してあるそうです」 
と宮下さん。
ツアー客は
「ほぉおお」とか「へぇぇ」とか感心する。
その態度に感心したようにマネージャーは次の場所に移動する。
今度は1階だ私たちのスーツケースが置いてあった場所をを通りすぎ奥に向かう 
石でできた噴水のようなものがあった。
「これがなんだかわかったらビールをおごります」 
と宮下さん
「水呑場」 
「はずれ はずれたひとは私にワインをおごること」
正解は洗濯場であった。 
修道院のなかの井戸は市民にとって大切な生活に必要な場所である。
キリスト教を広めるためにはぜひとも必要な施設だと思った。
さらにマネージャーは次の場所に行く
 絵が何枚か飾られている
「この絵はホテルにする前のここの様子です」
ほとんど廃虚の建物がそこにあった。この奥には温水プールもあります。
外見に比べて以外と近代的?  
でも部屋に入ってくる蟻はなんとかしてくれ

44 薄気味悪いホテルの部屋

46 チャックモールの呪いに襲われる。

※この旅行記は、1997年に書かれたものです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

180813_Amazon.co.jp通販サイト(アマゾン)_468x60_1

-グラシアス・メキシコ
-

Copyright© インドからミルクティー 大人の遠足の楽しみ方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.