おうちで楽しむ週末映画

『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』平成ガメラ3部作完結編 京都に舞い降りる玄武と朱雀、京都駅最終決戦に怪獣映画の頂点を観た。【おうちで楽しむ週末映画】(Amazone プライムビデオ:有料)

投稿日:

ガメラ3 邪神<イリス>覚醒 大映特撮 THE BEST [DVD]

先週は、予定していた映画を観たのですが、あまりにも駄作で紹介できなかった。
昭和の忠臣蔵オールスターズかと思ったし、タイムスリップで解決しようなんて
「なんて陳腐な展開」

さて、気を取り直して、今週の映画は、『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』
平成ガメラ3部作シリーズの完結編です。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

背景

ゴジラが復活(1984年版『ゴジラ』)大映もガメラ誕生20周年に合わせてガメラの復活を計画したが、『ゴジラ』が失速、思うような興行成績にならず、
大映は、監督の金子修介にガメラ製作予算が5億円(最終的には6億に増額された)を告げる。

この予算では、まともな特撮映画など撮れないと思ったが、脚本:伊藤和典、特技監督:樋口真嗣の参加が決まると「怪獣映画の王道」を目指す。
少ない予算の中で特撮シーンは、アップル社のMacintoshを駆使して素晴らしい出来となる。
見どころは、東京タワーに巣をかけるギャオス!

このギャオスは、人間を食うという凶暴なやつで、これは、元祖 ギャオスと同じですが、新しいギャオスは、さらに凶暴になっている。

ギャオスとの戦いで鍵を握るのが、鳥類学者の長峰 真弓(中山忍)と草薙 浅黄(藤谷文子)、藤谷文子は、スティーヴン・セガールの娘でこの映画が初出演

ギャオスを倒したガメラは、一年後、宇宙から飛来したレギオンと対決、『ガメラ2 レギオン襲来』
レギオンは、ギャオスより強敵で絶体絶命の追い込まれたガメラは、

「地球の生命エネルギー マナ
を使いレギオンを倒す。

ここでガメラは、人間を守るためではなく「地球環境を守るために生み出された」ことが示唆される。

「ガメラの敵には、なりたくないよね!」
穂波碧(水野美紀)の言葉で締めくくられる。

そして3年後、ギャオスとの戦いで両親を殺された少女の恨みが、ガメラを追い詰めてゆく。

あらすじ

『ガメラ2 レギオン襲来』で「地球の生命エネルギー マナ」を使ったために地球環境がバランスを崩し、ギャオスが大量発生
ギャオスに対抗するために作られた人工生命体ガメラは、ギャオスを倒すために渋谷で戦う。

人間を守ることが目的でないガメラは、ギャオスを倒すのですが、渋谷の街を破壊、死者行方不明1万5千人以上という大惨事となる。

政府は、2度もガメラに助けられたにも関わらずガメラ掃討作戦を行うが、そのころ世界中でギャオスが、大量殺戮を繰り返していた。

『ガメラ 大怪獣空中決戦』でギャオスとガメラの戦いに巻き込まれ両親を失った比良坂 綾奈(前田愛)は、奈良で親戚に引き取られひっそりと暮らしていた。

山中の社の沢で「柳星張」に封印されていた災厄(イリス)を解放し、ガメラへの普及のために育て始めるが、イリスは、半端なくヤバい生き物であった。

そして、2大怪獣が、京都に集結、台風の中、自衛隊も近づけないところで直接対決
燃え上がる京都を背景にイリスとガメラの血みどろの肉弾戦が始まる。

見どころ

イリスの飛行シーンが圧倒的に美しい、想像上の鳳凰、朱雀ってこんな感じなのか?
そこに登場するガメラとの空中戦は、中盤の最大の見所であろう。

燃える京都に降り立つイリスの美しさ

京都に舞い降りる玄武(ガメラ)と朱雀(イリス)の戦いは、京都壊滅

そして、ガメラ ファンの聖地になっている京都駅の死闘
飛び道具ではなく殴り合い決着に注目

平成ガメラシリーズは、神話が元になっている、超古代文明、生物兵器、キーになるのが勾玉
人間と心を通わせる事で力を得たガメラとイリスの戦いは注目

平成ガメラシリーズは、自衛隊が全面協力、自衛隊ができることできないことなどを描いている。
ゴジラシリーズのような「とんでも兵器」は登場しない。
実際に装備されている武器で戦うところは、シン・ゴジラと共通している。

『ガメラ 大怪獣空中決戦』
『ガメラ2 レギオン襲来』
『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』
と連動しているので『ガメラ 大怪獣空中決戦』から観てほしい。

そして、このガメラシリーズは、子供向けではなく、大人を意識した映画です。
昭和のガメラは、子供の味方として子供向けに作っていたが、このガメラは、完全な大人向けである。

こどもの味方ではない

ガメラは、人間を守らない「地球環境の守護神」として行動している。
「GAMERA GUARDIAN OF THE UNIVERSE」と副題でもあるように人間の守り神ではない。

そのガメラが、人間との交流から力を得ようと勾玉を媒体に接触している。

『ガメラ 大怪獣空中決戦』
博多、富士山、最終決戦は、東京

『ガメラ2 レギオン襲来』
決戦は、札幌、仙台、群馬から埼玉でくい止める

『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』
渋谷、奈良、京都が最終決戦

というように奴らが、戦うところは、大災害となり、多くの命が失われる。
大いなる厄介者である。

まとめ

怪獣映画は、子供向けというものを覆した怪獣映画、ハリウッドでもGODZILLAを制作したりしていて日本の文化でもある怪獣は、世界でも認知されている。

ガメラは、思うより収益が上がらないため3部作で終了となった。
コアなファンは、多いけど当時は「怪獣映画は、子供が観るもの」だったと思う。

平成ガメラの出来はよく、特撮も美しい、特に『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』は、決定版と言っていいほどよくできている。

これまでの怪獣映画、特撮映画の最高峰と思っている。

エンディングテーマ
「もういちど教えてほしい」唄:ユリアーナ・シャノー 
ガメラシリーズの最終作を締めくくる美しいエンディングテーマです。

ぜひ聴いてほしい
https://www.youtube.com/watch?v=YPdgtXIS8gc&t=66s

今回は、有料です。レンタルですが、その価値はあります。

 

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-おうちで楽しむ週末映画
-

Copyright© インドからミルクティー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.