昭和の洋楽部屋へようこそ

1980年代 ビルボード年間ランキング 勝手に選んだ女性アーティスト【昭和の洋楽部屋へようこそ リターンズ】

ベストヒット USAのテーマ ORIGINAL COVER

【昭和の洋楽部屋へようこそ】というタイトルで、1981~1988年の洋楽を紹介してきました。

今回は、【昭和の洋楽部屋へようこそ リターンズ】第3弾
勝手に選んだ女性アーティストをご紹介します。

最後までお付き合いいだだけたらと思います

スポンサーリンク

Olivia Newton-John

1970年代、80年代と活躍した女性シンガーといえばまずこの人
オリヴィア・ニュートン・ジョン

Magic: The Very Best of Olivia Newton-John

オリビア・ニュートン=ジョン[1](英: Dame Olivia Newton-John AC DBE[、1948年9月26日 - )は、イギリス生まれ、オーストラリア育ちのポピュラー歌手、実業家。オーストラリア勲章および大英帝国勲章を授章されている。

1970年代から1980年代半ばにかけて数多くのヒット曲を放ち、世界的な人気を博した。現在もレコーディング、コンサート、自社ブランドのオーナーなど、多方面で活躍する。公称身長は、167.5 cm(5フィート6インチ)。

ウィキペディア

Olivia Newton-John - Xanadu (Original Video) 1980

『ザナドゥ』(英: Xanadu)は、1980年公開のアメリカ映画。地上に最高の音楽の殿堂を作るために、と集まる人々を描くミュージカル・ファンタジー映画

この映画からは、他にも多くの絵シングルカットされた。

Olivia Newton-John - Magic

そして 未だご健在 72歳

Olivia Newton-John - Xanadu

1970年代~1980年代の代表する女性シンガーであることは間違いない

 

Sheena Easton

シーナ・イーストンといえば、80' BEST HIT USAなどの企画CDで必ず入っていると言っていいほど80年代を代表する女性シンガー

THE LOVER IN ME

シーナ・イーストン(Sheena Easton, 1959年4月27日 - )は、イギリス・スコットランド出身の歌手

デビューアルバムの『モダン・ガール』は日本ではオリコン洋楽アルバムチャートで1981年6月1日付から2週連続1位を獲得した[2]。

さらに続く『9 to 5 (モーニング・トレイン)(Morning Train (Nine to Five))』は、ビルボード(Billboard)誌で、1981年5月2日に週間ランキング第1位を獲得した。1981年ビルボード誌年間ランキングは、第22位。同年には『007 ユア・アイズ・オンリー』の主題歌「ユア・アイズ・オンリー」を歌い、タイトル・バックにも登場した。翌1982年には、第24回グラミー賞で主要4部門の一つである最優秀新人賞を受賞する。1984年には、中南米ツアーとスペイン語のアルバム「スペインの休日」の製作を行い、第27回グラミー賞でラテン部門を受賞する。

ウィキペディア

シーナ・イーストンといえば、この曲を思い出す人が多いだろう

Sheena Easton - 9 to 5 (Morning Train) - Official Music Video

9 to 5は、今でも多く聴かれている楽曲だと思いますが、個人的には こっちをオススメ

For Your Eyes Only - Sheena Easton - Blu Ray 1080p [HD]

『007 ユア・アイズ・オンリー』(ダブルオーセブン ユア・アイズ・オンリー、For Your Eyes Only)
007シリーズ12作目

007大好きな自分が勝手に選びました。

Cyndi Lauper

シンディ・ローパーは、震災の当日 2011年3月11日 コンサートのために来日
多くの海外アーティストが、その後キャンセルする中、彼女は、歌を歌い続けた。

She's So Unusual [12 inch Analog]

彼女のミュージックビデオは、アットホ無である。母親役は、実の母親だったりする。

Cyndi Lauper - Girls Just Want To Have Fun (Official Video)

参考までに、父親役は、父親役はプロレスラーの“キャプテン”ルー・アルバーノである。

シングルは10ヵ国以上で1位になり、15ヵ国以上でトップ10に入った。1位になったのは、オーストラリア、ブラジル、カナダ、チリ、アイルランド、イスラエル、日本(オリコン洋楽シングルチャートで1984年4月30日付から3週連続1位[2])、ニュージーランド、そしてノルウェーである。イギリスとアメリカでは2位になった。

ウィキペディア

このビデオで一気に人気者となったシンディは、ヒットを続けてゆく

Cyndi Lauper - Time After Time (Official Video)

名曲 Time After Timeは、マイルス・デイヴィス、ウィリー・ネルソン、日本では、松田聖子もカヴァーとして歌っている、

そして、彼女は、大の親日家です。

1995年に阪神・淡路大震災の被災者へ寄付。1996年2月3日に阪神・淡路大震災のチャリティーとして行われた生田神社震災復興節分祭にて「豆まき神事」に参加

そして、東日本大震災のとき、彼女は、日本にいた。

011年3月16日の来日コンサート終了後、急遽、観覧しに来ていた日本の芸能人とともに、募金箱を持ちコンサートの観客に募金を募った。日本に着いたのはまさに震災当日で、大渋滞に巻き込まれ、ホテルに到着したのは翌日の午前3時であった。
来日していた海外アーティストが公演を中止し、帰国する中でシンディもスタッフから帰国を促されたが、予定通り公演を行った。公演日に節電を呼びかけていたため、照明は最低限に抑えられた。
2011年3月17日には、CNNからの取材を受け、見聞きした範囲で、日本の現状・窮状を伝え、日本に対する支援や募金などの助力を求め、その訴えは、CNNの番組であるHLNを通じて、現地時間の2011年3月17日に世界へ向け報道された。

ウィキペディア

その時のコンサートの様子が一部動画として残っている。
【東日本大震災】日本がシンディーを愛する理由 Japanese Version 2
https://youtu.be/_0EjR06Fc4A

Cyndi Lauper - True Colors (Official Video)

人の「色」個性というものは、画一的に決めつけるものではない、その人の「色」の輝きを尊重する美しい詩です。

Madonna

1980年代といえば、マドンナでしょう。

マドンナ・ルイーズ・ヴェロニカ・チッコーネ(本名:Madonna Louise Ciccone、1958年8月16日 - )は、アメリカ合衆国の音楽家。歌手、女優、作曲家、ダンサー、ギタリスト、映画監督、文筆家、実業家など、活動は多岐にわたる。

世界で最も成功を収めた女性音楽家であり、史上最も売れたアーティストの一人。一般的に「クイーン・オブ・ポップ」と称される。

1980年代前半にニューヨークの盛り場からデビューを果たし、ミュージック・ビデオという新たな表現方法を存分に取り入れた革新的なダンス音楽と、過激で性的な写象で国内外で爆発的な人気を獲得した。その後は時代に合わせて自身のスタイルを次々と変化させてゆき、現在に至るまでポップ・ミュージック界の重鎮として存在感を示している。後年の活動は音楽に留まらず、音楽出版会社の設立や、映画や舞台への出演、児童書の執筆や映画監督なども行っている。

ウィキペディア

Madonna - Like A Virgin (Official Music Video)

もうね この一曲でやられた 高校生男子やおとうさんも多いでしょう。

ミュージックビデオという武器をよくわかっている。

Madonna - Material Girl (Official Music Video)

そして さらに過激路線で おとうさんはドキドキ、子供には見せられなかったであろう。

Madonna - Open Your Heart (Official Music Video)

覗き部屋をモチーフとした Open Your Heart 心を開いて 鍵を開けるだけでいいのよ

Madonna - Crazy For You (Official Music Video)

過激さを増すミュージックビデオですが、実は、しかkり聴かせる歌も歌っている。

この幅の広さというか、引き出しの多さが、マドンナの魅力だと思っている。

まさにスーパースター

そして こんなミュージックビデオもあるのでぜひ見ていただきたい

Madonna - Jump (Official Music Video)

でも これって、マドンナは、日本に来ていないだろ・・・

女性 アーティスト

今回は、昭和の洋楽部屋へようこそ リターンズと題して 女性 アーティストを勝手に選びました。

当時、大学生だった自分や、おとうさんたちをガッチリ掴んでしまった彼女たち
でも凄いのは、まだ 現役で活躍している人が多いというこです。

本物は、本当にいつまでも輝いているもんだと思う。

その時は、またみてやってください。

スポンサーリンク

いい音は、いいヘッドフォンで聴こう

いい音楽は、やはりSONYだと思っている。

そしてヘッドフォンは、SONYで揃えよう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-昭和の洋楽部屋へようこそ
-

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.