昭和の洋楽部屋へようこそ

1986年ビルボード年間ランキング 祈りのロックから映画音楽まで盛りだくさん【昭和の洋楽部屋へようこそ】

ベストヒット USAのテーマ ORIGINAL COVER

1986年の洋楽シリーズ 第3週目
週末のちょっとした時間、お楽しみ下さい。

では、早速、今週も行ってみよう!

音楽は、いつの時代も人々の心に勇気と希望を与えてくれます。

最後までお付き合いいだだけたらと思います

スポンサーリンク

Kyrie

邦題:キリエ
Mr. Mister(ミスター・ミスター)

Kyrie

Mr. Misterが登場してきた時、ボーカル リチャード・ペイジ (Richard Page)こそMr. Misterと勘違いしていた。

ロサンゼルスでスタジオ・ミュージシャンとして活動していたリチャード・ペイジ、スティーヴ・ジョージが結成したペイジズを前身とする。ペイMr.ミスタージズ解散後、ペイジとジョージは新たなメンバーにスティーヴ・ファリスやパット・マステロットを迎えてMr.ミスターを結成、1984年にデビューした。
ウィキペディア

Mr. Mister - Kyrie (Official Video)

Mr. Mister - Kyrie
https://open.spotify.com/track/5K3Q1gue9nWLLwh6bYQFoB?si=4kQbwwX9TJ2cNZqeSskKNg

キリエ(Kyrie)はギリシア語の κύριος(kyrios - 主)の呼格κύριεをラテン文字で表わしたもので「主よ」を意味する。また、「キリエ」(もしくは「キリエ・エレイソン」)はキリスト教の礼拝における重要な祈りの一つ。日本のカトリック教会では第2バチカン公会議以降典礼の日本語化に伴い、憐れみの賛歌と呼ばれる。日本正教会では「主、憐れめよ」と訳される。
ウィキペディア

そうです。この曲は、主(キリスト)を称える曲なのです。
当時米国は、不況の真っ只中 その中で流行った曲は、なぜか不倫を第第にした曲
「Part-Time Lover」とか「Saving All My Love For You」です。

そこなかで 光を放ったのが、Kyrieだったのです。

歌詞の中にある「Kkyrie eleison 」とは「神よ 我を救い給え」と訳することができる。

デビュー2年め、2枚めのアルバム Welcome to the Real World が大ヒット

米国ビルボード年間ランク  9位

Say You. Say Me

邦題:セイ・ユー・セイ・ミー
Lionel Richie(ライオネル・リッチー)

セイ・ユー、セイ・ミー

映画、White Nights(ホワイトナイト)の挿入歌です。

Lionel Richie - Say You, Say Me


Lionel Richie - Say You, Say Me
https://open.spotify.com/track/17CPezzLWzvGfpZW6X8XT0?si=OOChRE8VT0y7PG6bN3SDhw

映画、White Nightsは、二人の世界的ダンサーの物語で、ソビエト時代を題材にしている。
ミハイル・バリシニコフ、グレゴリー・ハインズというバレイダンサーとタップダンサーの競演は、素晴らしく2人のダンスシーンは圧巻である。
ここだけでも映画代を払う価値がある。

以下の動画は、映画シーンを中心とした構成です。
https://youtu.be/PxIF9e0465E
興味のある人は、Amazonプライムビデオでレンタルすることができます。

米国ビルボード年間ランク:2位

How Will I Know

邦題:恋は手さぐり
Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)

How Will I Know

1985年、デビュー・アルバム Whitney Houston(邦題:そよ風の贈りもの)で大ブレーク
親類に Dionne Warwick(ディオンヌワーウィック)というシンガーがいたり、音楽の環境で育ち母親とナイトクラブで歌っていたところをレコード会社にスカウトされた。

Whitney Houston - How Will I Know (Official Video)


Whitney Houston - How Will I Know
https://open.spotify.com/track/5tdKaKLnC4SgtDZ6RlWeal?si=eBC2vUG9S06fhCgdiHPQ7A

レコードの大ヒットに続き映画(ボディガード)でも大ブレイクだったが・・・

米国ビルボード年間ランク:6位

Never

邦題:ネヴァー
Heart(ハート)

Heart

アンとナンシーのウィルソン姉妹率いるユニットとして活動、女性ロック・ミュージシャンを核とした先駆的グループとしても知られる。2013年『ロックの殿堂』入り

ウィキペディア

Heart - Never (Official Music Video)


Heart - Never
https://open.spotify.com/track/4yEMyaB6PGBpQvac2yD9wZ?si=mcVQis7ESYmak91HygLM6Q

女性2人が中心のハードロックバンドで現在も活躍中でアルバムも発表している。

最近の曲も聴いてみようと思っている。

米国ビルボード年間ランク:18位

Sledgehammer

邦題:スレッジハンマー
Peter Gabriel(ピーター・ガブリエル)

So-25th Anniversary Edition (Remastered)

古きMacintoshユーザーなら聴いたことのあるミュージシャンであると思う。

ピーター・ブライアン・ガブリエル(Peter Brian Gabriel、1950年2月13日 - )は、イングランド出身のミュージシャン、シンガーソングライター。
世界的ロックバンド「ジェネシス」の初代ボーカリストとして有名を馳せ、ソロ転向後も大きな成功を収めた。
『グラミー賞』6冠。2010年にジェネシス名義、および2014年にソロ名義で『ロックの殿堂』入り。

ウィキペディア

Peter Gabriel - Sledgehammer (HD version)

Peter Gabriel - Sledgehammer
https://open.spotify.com/track/029NqmIySn1kOY305AAhxT?si=wR3G1Xm-TyWi1muprFdPdg

ピーター・ガブリエルのPVは、先進的でった。
1987年のMTVミュージック・ビデオ・アワーズのベストビデオに選ばれている

米国ビルボード年間ランク:23位

When the Going Gets Tough, the Tough Get Going

邦題:ゲット・タフ
Billy Ocean(ビリー・オーシャン)

When The Going Gets Tough - Billy Ocean 7" 45

映画:The Jewel of the Nile(ロマンシング・ストーン ナイルの宝石)の主題歌です。
この映画、一作目に続き2作目も観に行きました。

Billy Ocean - When the Going Gets Tough, the Tough Get Going (Official Video)


Billy Ocean - When the Going Gets Tough, the Tough Get Going
https://open.spotify.com/track/5UU5FbITNm5OunvHQdsKME?si=h_nLkrYoS8KGYG_3I0a7ew

ミュージックビデオに出演しているMichael Douglas(マイケル・ダグラス)、Kathleen Turner(キャスリーン・ターナー)、Danny DeVito(ダニー・デヴィート)がバックコーラスで参加している。

Romancing the Stone(ロマンシング・ストーン 秘宝の谷)
The Jewel of the Nile(ロマンシング・ストーン ナイルの宝石)
この2本の映画は、死ぬまでに観ておくべき 楽しい映画なので機会があったらぜひ観て欲しい。

When the Going Gets Tough, the Tough Get Going
の意味は、

情況が厳しくなると、厳しい人々が情況を切り開く。 解説: 困難な時期こそ、たくましい人間が力を発揮するという意味」
簡単に言うと

「苦しい時はタフな奴の出番」
とおう意味である。

米国ビルボード年間ランク:31位

1986年 第3週目です。

今週も懐かしい曲を並べました。
十年ぶりに聞く曲などもあって、こうしてブログを書くことでいい曲に再び出会えたりしています。

もう1週ぐらい1986年は、続くかな・・・

来週は、どんな曲が出てくるかお楽しみに

素敵な曲は、いいイヤフォンで聴こう

コスパが良いと言うより 素直にいい音を鳴らす Final E1000 をオススメ
UNDER 3000円だけど ちゃんといい音鳴らしています。

スマートフォンに付いてくるイヤフォンと変えてみて下さい。
その音の素晴らしさがわかります。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 SKE48 と 森口博子ファンです。 SKE48は、箱推し ですが、チームSの公演好きで卒業された大矢真那さん推しです。

-昭和の洋楽部屋へようこそ
-

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.