水曜日の歌姫

アイドルからロック・バンド そしてミュージカルで栄光を掴んだ。しかし、もうあの歌声を聞くことはできない。 本田美奈子 【水曜日の歌姫】

ゴールデン☆ベスト 本田美奈子[スペシャル・プライス]

中学校3年生の時に『スター誕生!』のオーディション
しかし決勝大会では、誰も彼女を指名する事務所はなかった。

しかし、その18年後、ミュージカルスターとして栄光の道を歩くことになった。

今回の「水曜日の歌姫」は、本田美奈子です。

アイドル時代

スター誕生の決勝大会で挫折、しかし、彼女の才能をしっかりと見ていた人がいた。

高校2年生の1984年(昭和59年)9月に第8回長崎歌謡祭に本名で出場し、「夢少女」(作詞:深田尚美、作曲:安格斯)という楽曲を歌ってグランプリを受賞しプロへの道へと進む

1985年(昭和60年)4月20日に東芝EMIから「殺意のバカンス」でアイドル歌手としてデビュー

1986年(昭和61年)2月5日に「1986年のマリリン」をリリース

1986年のマリリン
https://music.youtube.com/watch?v=We9HWo_zqnw&feature=share
作詞:秋元康
作曲:筒美京平
編曲:新川博

この曲は、アイドル時代の代表曲となった。

  • 週間3位(オリコン)
  • 1986年度年間32位(オリコン)[1]
  • 2位(ザ・ベストテン)
  • 1986年度上半期9位(ザ・ベストテン)
  • 1986年度年間19位(ザ・ベストテン)

しかし、その後は、さほどヒット曲はなかった。
1988年(昭和63年)に女性だけのメンバーによるロックバンド MINAKO with WILD CATS を結成したが、翌1989年(平成元年)秋に解散

本田美奈子の代表曲は、「1986年のマリリン」には、違いないが、彼女の本当の凄さは、この後にやってくる。

ミス・サイゴン

1990年(平成2年)本田美奈子は、ミュージカル『ミス・サイゴン』のオーディションを受けた。
応募者は、約1万5000人 そしてヒロインのキム役に選ばれた。
これは、話題作りものではなくガチのオーデションだったらしい。

アイドルが、ミュージカル???
という話もあったが、ミュージカルスター本田美奈子は、本物であることが証明される。

1992年(平成4年)5月5日『ミス・サイゴン』日本初演
一年半のロングランとなり 歌唱力、演技力を高く評価され、992年度第30回ゴールデン・アロー賞演劇新人賞受賞

Miss Saigon"I'd give my life for you" - Minako Honda
https://music.youtube.com/watch?v=eKihgDvPyw8&feature=share
邦題は、「命をあげるよ」です。

オーケストラをバックに歌は、とても素晴らしい。
ぜひ聞いてほしい。

その後もミュージカルへの出演が続く

  1. ミス・サイゴン (東宝・帝国劇場、1992年 - 1993年) - キム 役
  2. 屋根の上のバイオリン弾き (1994年、1998年) - ホーデル 役
  3. 王様と私 (青山劇場・帝国劇場)(1996年、1999年、2000年、2002年) - タプチム 役
  4. レ・ミゼラブル (東宝・帝国劇場、劇場・飛天、中日劇場、1997年 - 2001年) - エポニーヌ 役 
  5. ひめゆり (ミュージカル座、2002年、2004年) - キミ 役 
  6. 十二夜 (帝国劇場、2003年) - ねこ 役
  7. クラウディア (日生劇場・大阪フェスティバルホール他、2004年) - クラウディア 役 

オン・マイ・オウン 本田美奈子 レ・ミゼラブル ミュージカル On My Own Les Mi
https://music.youtube.com/watch?v=jgi07xag3ug&feature=share

クロスオーバーシンガー

ミュージカルとともにシンガーとして多彩な才能を発揮する。

ちょっと変わったところで

The Star-Spangled Banner~君が代
https://music.youtube.com/watch?v=u64hdRjEEYY&feature=share

日米野球のときだと思います。
どこかの下手くそな歌手とはわけが違う。

アメイジング・グレイス
https://music.youtube.com/watch?v=Ps7Q84YE9is&feature=share

伴奏はピアノだけ 彼女の歌をじっくり聞くことができます。

少し変わったところで 演歌も歌っています。

北の宿から
https://music.youtube.com/watch?v=PER3uM_XMg4&feature=share

少し変わったデュエット曲

本田美奈子 × 中川晃教/A Whole New World
https://music.youtube.com/watch?v=DkihTw0qFKY&feature=share

クラシックも歌う
アヴェ・マリア AVE MARIA
https://music.youtube.com/watch?v=_puB04VtmD0&feature=share

クラシックから演歌、ポップス そしてミュージカルとクロスオーバーシンガーとして活躍の場が広がる。

あなたのキスを数えましょう
https://music.youtube.com/watch?v=1-FzEAsjDKQ&feature=share

細い体から、これほどの声が出るのか・・・と驚きます。

「私は歌と結婚したから今生では結婚できないの」
と語っていたとも言う。

それは突然に

2004年(平成16年)末頃から風邪に似た症状や微熱が続き、急性骨髄性白血病としんだんされる診断される。
化学療法などを行い、入退院を繰り返したが、2005年11月6日午前4時38分、家族に看取られながら息を引き取った。38歳であった。

これから、シンガーとしてもっと多くの人に歌を聞かせたかっただろう。

本田美奈子の代表曲は、「1986年のマリリン」には、違いないけど、彼女の歌をもっと多くの人に聞いてほしい。

ブログの最後の曲は、

つばさ
https://music.youtube.com/watch?v=cMnsjHRNV30&feature=share

じっくり聞いてほしいと思っています。

本田美奈子の曲は、YouTube Music で聴くことができます。

Google Play で手に入れよう AppStoreで入手

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 SKE48 と 森口博子ファンです。 SKE48は、箱推し ですが、チームSの公演好きで卒業された大矢真那さん推しです。

-水曜日の歌姫
-

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.