水曜日の歌姫

1978年4月4日 後楽園球場で伝説となったアイドルグループ キャンディーズ 【水曜日の歌姫】

投稿日:

ゴールデン☆アイドル キャンディーズ(完全生産限定盤)

1972年(昭和47年)4月に、NHKの新番組『歌謡グランドショー』のマスコットガールとして3人が抜擢
東京音楽学院のスクールメイツ出身の3人は、軍膳が重なりプロとしてデビューすることになった。

彼女たちの名前は、
伊藤蘭(愛称はラン、1955年(昭和30年)1月13日 - )
藤村美樹(愛称はミキ、1956年(昭和31年)1月15日 - )
田中好子(愛称はスー、1956年(昭和31年)4月8日 - 2011年(平成23年)4月21日)

3人揃ってキャンディーズと名付けられた。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

あなたに夢中

1973年(昭和48年)に「あなたに夢中」でデビュー

伝説のバラエティ番組『8時だよ全員集合』にレギュラー出演するもなかなかヒットにつながらなかった。

あなたに夢中
https://music.youtube.com/watch?v=jRD9XIySHDY&feature=share

『8時だよ全員集合』で唄っている貴重な映像です。

最も歌唱力が高かった田中好子がメインボーカルです。

初々しい3人です。

年下の男の子

1975年(昭和50年)に発売した5枚目のシングル「年下の男の子」では、詩のイメージから、おねえさんイメージが強い
伊藤蘭をセンターに起用、これが当たりオリコンで初のベストテン入りヒットとなる。

年下の男の子
https://music.youtube.com/watch?v=JKgf_TqSmwI&feature=share

1975年(昭和50年)12月31日: 「年下の男の子」で第26回NHK紅白歌合戦初出場

ここからキャンディーズは、トップアイドルの道を進みはじめた。

ハートのエースが出てこない 

1975年、ヒットが続く

ハートのエースが出てこない
https://music.youtube.com/watch?v=S5n1FxBqRgg&feature=share

シングル売上は累計33万枚

快進撃が続く

春一番

翌1976年(昭和51年)は、キャンディーズ躍進のキーになるヒット曲が生まれた。

「春一番」は、オリコンで当時最高の週間3位を獲得

春一番
https://music.youtube.com/watch?v=RTipNzw4CiI&feature=share

『8時だョ!全員集合』や、『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』などのバラエティ番組の出演も人気を支える要因となり

1976年(昭和51年)12月31日: 「春一番」で第27回NHK紅白歌合戦 連続出場となる。

 

やさしい悪魔

1977年(昭和52年)にも「やさしい悪魔」

やさしい悪魔
https://music.youtube.com/watch?v=XDnLQsdxo-I&feature=share

清楚なイメージをからアダルト路線に切り替え
アン・ルイスのデザインによる大胆な衣装と“デビルサイン”を含めた斬新な振り付けは、志村けんのギャグにも使われていた。

作曲は、吉田拓郎というのも斬新すぎる。

1976年(昭和52年)12月31日: 「やさしい悪魔」で第28回NHK紅白歌合戦 3連続出場

暑中お見舞い申し上げます

1977年 全シングルと違った、アイドル路線に回帰

暑中お見舞い申し上げます
https://music.youtube.com/watch?v=XW2Y-GexJvU&feature=share

この曲は、977年6月21日に発売、曲がヒット中だった最中
1977年7月17日日比谷野外音楽堂でのコンサート中に「普通の女の子に戻りたい」と発言
突然の解散宣言を発表する。

ここから、キャンディーズ伝説がはじまった。

アン・ドゥ・トロワ

1977年9月末で解散の予定は、8ヶ月後に訂正され、キャンディーズの解散に向けてのプロジェクトが動き出す。

アン・ドゥ・トロワ
https://music.youtube.com/watch?v=c3vD8mHC2a0&feature=share

1977年9月に発売された アン・ドゥ・トロワは、売上は累計37万枚を記録
作詞:喜多条忠
作曲:吉田拓郎
編曲:馬飼野康二

やさしい悪魔と同じメンバーの曲は、やさしい悪魔としがいバラード調の大人向けの曲となる。

わな

1997年12月 わな 発売

わな
https://music.youtube.com/watch?v=Yxz1L_iKED4&feature=share

藤村美樹 唯一のセンター曲である。
累計67万枚を売上、2番めのヒットなる。

作詞:島武実
作曲:穂口雄右
編曲:穂口雄右

そして伝説へと突き進む

微笑がえし

1978年2月 最後の曲がリリース

微笑がえし
https://music.youtube.com/watch?v=XDBUa-man9k&feature=share
作詞:阿木燿子
作曲・編曲:穂口雄右

微笑がえしの歌詞は、キャンディーズのヒット曲が散りばめていて、ファンに「サヨナラ」を告げる歌としてつくられていた。

オリコンでは最初で最後の1位
シングル売上は累計で100万枚を突破

別バージョンで聴いてみよう。
https://music.youtube.com/watch?v=uWia8_QNKdk&feature=share
『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』の番組の中で唄っています。

3人がポジションを変えながら唄うラストソングは、胸に来るものがあるなぁ

泣きそうだわ・・・

1978年4月4日に開催された後楽園球場の「ファイナルカーニバル」でキャンディーズは解散
このコンサートは、伝説となって語り継がれている

その後

3人は公私ともに非常に仲が良く、解散した後も3人で旅行に出掛けたり、年に数回は3人で集まって、食事や会話をしているという。
集合場所はいつも決まって伊藤蘭の夫でもある水谷家だそうである。

2011年に田中好子が死去した際も2人は病室に駆けつけ、最期を看取ったという

1972年から1978年とアイドル路線をピンクレディーとともに駆け抜けていったキャンディーズ

絶頂期で去ってゆき、再結成もありませんでした。

覚えている人は、結構な年代だと思います。
もう一度、彼女たちの歌を聴いてみましょう。

キャンディーズの曲は、YouTube Music で聴くことができます。
ぜひ聴いてみてください。

Google Play で手に入れよう AppStoreで入手

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-水曜日の歌姫
-

Copyright© インドからミルクティー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.