「 グラシアス・メキシコ 」 一覧

エピローグ

ロスアンゼルスから日本に向かうJALの機内雑誌を見ていたところ偶然にもマヤ文明の旅行記が書かれてあった。 チェチェンイッツア、パレンケ、ウシュマル などなど我々が旅をしてきた 遺跡群の記事が書かれてあ ...

Agui tienen su casa Gracias Hasta luego (ここに皆さんの家がありますよ)

メキシコとのお別れの時間が来た。 出国審査はあっさりとしたものであった。 入国審査でもらった用紙を渡して終了 出国審査の入り口で宮下さんとお別れの挨拶をする。 「宮下さん メキシコ 楽しかったです。」 ...

80 会うところ・・・

メキシコ滞在最後の朝がやって来ました。  1997年5月4日 今日もメキシコシティは今日も快晴です。 モーニングコール 5:00  荷物回収 5:40 「ホテル・ニッコー・メキシコ」を6:15出発 と ...

79 宮下さんのメキシコ愛

 空港では遠い距離を歩くことになる。 どうも融通の効かないお巡りさんだったらしい。お陰で延々と歩いてゆく バスに到着してからもポーターさんがなかなか来ない。 やはり空気が薄い 雨が降ったらしく少し寒い ...

78 メキシコシティへ

さてこれから乗る飛行機はメキシコシティに行きます。 飛行機はカリブエアー どうやら国際線と思われる。 カリブ海? バハマ?  よくわからないがメキシコ国内から来た飛行機ではないらしい。  すでに乗客は ...

77 グラシアス カルロス

バスに乗り込み「シャイベ」というレストランで昼食をとる。 大きなホールの 中でテーブルにつく 目の前に舞台 「とにかくビール」 と言うことで毎度おなじみ「コロナビール」を注文、バイキング形式なので好み ...

76 TVなどでは絶対にわからない

なんとか頂上にたどり着く 神殿の周りを一周 眼下にはジャングルがどこまでも広がっている。  近くを見ると天文台が見える。 メキシコの遺跡はすべて周りの風景に自然に溶け込んでいる。 「トゥーラ」も「ティ ...

75 チェチェンイッツアを登ろう(今は、登頂禁止です)

カスティージョの入り口探検の順番待ちをする。  内部は狭いらしく1度に10人ぐらいしか入れないらしい。  係員らしき人が整理している。 外に出てきた人を見ると かなり苦しそうだ  汗びっしょりのその姿 ...

74 チェチェンイッツアで手を叩こう

「聖なるセノーテ」の側に売店がある。 多くの観光客が集まっている。 「冷たい水が飲みたい」 宮下さんが先を急いでいるのもかかわらず ミネラルウォーターを買い求める。 「はぁああああ  う うまい」 思 ...

73 命がけの球技

マヤ天文台の次は尼僧院という建造物にに向かう。 おなじみチャック(雨の神)の彫刻が壁一杯に彫られている。 ここの球技場はとてつもなく大きい 今まで見てきた遺跡では一番の大きさと思われる。 まるでサッカ ...

Copyright© インドからミルクティー 大人の遠足の楽しみ方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.