捨てられたニュース

再生可能はカネがかかる 電気料金上乗せ額 1000円以上値上がり について考える

ドイツの脱原発がよくわかる本: 日本が見習ってはいけない理由

こんなニュースが掲載されている。

再生可能エネ 電気料金上乗せ額 1000円以上値上がりへ

太陽光や風力など再生可能エネルギーを普及させるため、家庭などの電気料金に上乗せされている負担額が、新年度、さらに値上がりします。
標準的な家庭で今より1000円以上値上がりし、年間1万476円となります。

太陽光や風力などを普及させるため再生可能エネルギーの電力は、国の制度で大手電力会社による買い取りが義務づけられ、その費用の多くは電気料金に上乗せされて国民が負担する仕組みになっています。
経済産業省の発表によりますと、新年度=令和3年度の上乗せ額は前の年度より3200億円あまり増え、全体でおよそ2兆7000億円にのぼります。
電気の使用量が標準的な家庭の場合、年間の上乗せの負担は1万476円となり、今より1188円値上がりします。
年間の負担額が1万円を超えるのは初めてです。
新たな負担額は、ことし5月に検針される4月分の電気料金から反映されます。
政府は2050年の脱炭素社会の実現を目指し、今後、再生可能エネルギーの導入を拡大していく方針ですが、買い取り量の増加とともに家庭や企業への上乗せも増えるため、負担をどう抑えていくかが課題になります。

首都圏 NEWS WEB

簡単に言えば、再生可能エネルギーは、カネがかかるので再生可能エネルギーが効率が悪いので使っていない人もカネを払え

というわけである。

再生エネルギー

太陽光・風力・地熱・中小水力・バイオマスといった再生可能エネルギー(※)は、温室効果ガスを排出せず、国内で生産できることから、エネルギー安全保障にも寄与できる有望かつ多様で、重要な低炭素の国産エネルギー源です。

資源エネルギー庁

使ってもいないエネルギーに対してカネを払えとは、馬鹿な話
環境バカから ご意見があると思いますが、では、その再生エネルギー施設って 再生可能なんでしょうか?

再生可能になっていない再生可能エネルギー

昨年、マイケル・ムーアが製作を手がけたドキュメンタリー映画「プ

なぜか、再生不可になっているけど 何かしらの問題ですか?

ソーラーパネルの寿命が短いということを知ってほしい。
修理、メンテナンスを考えると効率の良いものでは、決してない。

イメージだけの再生可能エネルギー

「アップルは再生可能エネルギー導入率100%を達成した」
なんて言っているけど、この映画で再生可能エネルギーの専門家は

「太陽光や風力のみで運営している企業は、地球上に1社も存在しない」
と言っている。
映画ではアップルの太陽光施設を建設するために、切り倒された森が写っている。
Forbes社より

どうみてもイメージが先行していて、再生可能どころか、森林伐採であり、環境破壊の上に成り立っている。

イーロン・マスクはテスラのギガファクトリーは、再生可能エネルギーで運営されていると主張しています。

実際は既存の電力網に頼っていて。企業エキスポでソーラーパネルを販売する業者は
「一部のソーラーパネルの寿命は10年程度だ」と話す。

無料のエネルギーを生み出す魔法は、現実には存在しない
Forbes社より

太陽光パネルの製造には膨大な種類の素材が必要で原子力発電プラントの16倍にも及ぶ、セメントやガラス、コンクリートや鉄が必要で、排出されるゴミの量は300倍にも達する。

これでも再生エネルギーは、環境に優しいと言えるのであろうか?

うそだと思う人は、ネットで自分で調べてほしい。

まとめ

つまり、再生可能エネルギーが盛り上がるのは、それで儲かる企業が存在し、その企業の宣伝が成功しているわけである。

化石燃料の企業より、環境保護の企業の力(カネ)というバランスが環境保護に傾いてきたともいえる。

リベラルと言われている マイケル・ムーア監督が、提案したこの映画の意味が大きい。

さっそく、環境大事な人は、この映画に対して「いろいろなイチャモンをつけている」がそれは、ホントのことを言われたからではないか?
と個人的には思ってしまう。

結局、人類がいなくなるしか、環境保護はありえないという結論になってします。

マジックはないのだから

あとがき

かつて スノーデンという男が、米国が、世界の情報のすべてを把握している
なんてことを暴露していたわけですが、
オバマ元大統領は、
「諜報機関を持つ国ならどの国でもやっていることだ」
と開きなおっている。

しかし、最近になって、LINEが中国、韓国で情報が漏洩していることで騒ぎになったけれど
そんなLINEが韓国が関わっているなんて「昔から言われていた」くせに行政に使っているのがこの国の役人や政治家のバカが表面化してきたわけでさる。
うその約款なのに、安全だとかぬかしているばかな専門家は、頭大丈夫か?

今回の電力問題についても、彼らは、「そんな細かいニュースなど誰も気にしないしすご忘れる」と思ってやっているとしたら 非常にたちが悪い。

かつて、福島の原発の問題で「爆破弁を爆発させた」なんてテレビで言っている連中が、まだまだ 数多く存在し、国民を騙しているかもしれません。

テレビや新聞のニュースが真実かどうか?
芸能人や聖火ランナーの馬鹿騒ぎの裏で消されたニュースはないか?

自分のスマートフォンで調べることができるので ぜひ自分で調べて欲しい。
自分の頭で判断してほしい

そういえば、レジ袋の次にプラスチックスプーンの有料化を言い出した環境大臣がいましたね。
そんなことではなく、もっと環境問題にツッコミをいれたらどうですか?

環境問題は、人を幸せにはしていないということを・・・

そう思ってこのブログを書いています。

 

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-捨てられたニュース

Copyright© インドからミルクティー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。