金曜日のロック魂

日本語を大事にしている歌詞が心に染み渡る。 浜田省吾 【金曜日のロック魂】

更新日:

Welcome back to The 70's “Journey of a Songwriter" since 1975 「君が人生の時~Time of Your Life」(完全生産限定盤) (特典なし) [DVD]

ハマショーこと
浜田省吾 1952年12月29日生まれ

メディア露出が極端に少なく、ライブ活動でファンを獲得
1976年から始めたとライブツアー 1720回以上 来年もすでにスケジュールが入っているという。
「ON THE ROAD」(1982以降)と名前がついたツアーは、毎年のようにライブ盤が発売されている。

路地裏の少年

1976年4月21日発売のソロ・デビューシングル

路地裏の少年を聴いてみよう
https://music.youtube.com/watch?v=tJnLzV0Iz0M&feature=share

浜田省吾は、1975年に シングルデビューする前に『愛奴』というグループでデビューしている。
二人の夏というシングルにCBSソニーは、100万枚以上のセールスを見込んで大キャンペーンを実施した。

結果、まったく売れず、メンバーそれぞれの音楽志向がバラバラ、浜田省吾は、シンガーソングライターとしてグループを脱退
音楽活動を続けながらウェイターなどのアルバイトを続けていたという。

そしてシングルデビュー 路地裏の少年発表 初回プレスは、3000枚
そして 生ギター1本のスタイルで全国ライブ巡業を開始、竹内まりあとジョイントコンサート、地方のバンドとコラボなどを続ける。

風を感じて

1979年 7枚目のシングル 風を感じて 発売
日清食品『カップヌードル』のCM曲のタイアップで累計10.2万枚のヒットとなる。

風を感じて を聴いてみよう
https://music.youtube.com/watch?v=7qHuYK8VAqY&feature=share

作詞:浜田省吾 三浦徳子
作曲:浜田省吾
編曲:水谷公生

50歳以上の年代の人は、聴いたことがあると思う。

カップヌードルのCMでヒットしたため、珍しくテレビに出演している。
しかし、これ以後 ほとんど テレビなどに出演していない。

ラストショー

1981年 13枚目のシングル

オリコンチャート94位ですが、久々のチャートイン

では、ラストショー を聴いてみよう
https://music.youtube.com/watch?v=dXzh1xVsxi4&feature=share

作詞・作曲:浜田省吾
編曲:水谷公生

明るい曲でロックと言うよりポップスに近いかも知れない。

そしてあの曲が生まれる。

悲しみは雪のように

1981年に発表されたときは、ほとんど売れなかった。

悲しみは雪のように
https://music.youtube.com/watch?v=oMc7TBT03Nk&feature=share

作詞・作曲:浜田省吾
編曲:水谷公生

1982年の発表時は、ほとんどヒットしていない。
ところが、1992年のテレビドラマ『愛という名のもとに』の主題歌として採用されると 大ヒットとなる。

チャート初登場から2週連続1位を記録、一度だけ とんねるずのガラガラヘビがやってくるに一位を奪われるも
その後m8週連続1位をキープ。通算10週に渡って1位を獲得し、累計売上170.3万枚(オリコン調べ)の大ヒットとなる。

2011年のライブ映像から
悲しみは雪のように を聴いてみよう。
https://music.youtube.com/watch?v=Oy7fhdAWvpk&feature=share

自分が一番好きな唄でカラオケでも唄う事が多い。

世の中には、素晴らしい曲がたくさん埋もれている。

しかし、何かのきっかけで世に出てきて大ヒットとなる。

もともとドラマの曲を依頼された浜田省吾は。『このドラマの主題歌にするならこの歌しかない』とアレンジを変えて再リリースしたという。

イメージの詩

浜田省吾が、吉田拓郎50歳の記念として 1997年にカバーとしてシングル発売をしている

では、浜田省吾のイメージの詩を聴いてみましょう。
https://music.youtube.com/watch?v=_sUFBkjGrJc&feature=share

作詞作曲は、吉田拓郎である。

吉田拓郎ファンでもある 自分は、浜田省吾が唄っていたとは知らなかった。

オリコンチャートでは最高位12位にランクインし、累計11.8万枚を売り上げるヒットとなっている。

凱旋門

凱旋門 2019年9月4日に発売された浜田省吾の38枚目のシングル
2005年に発売された「Thank you」以来14年ぶりの新曲である。

凱旋門
https://music.youtube.com/watch?v=Sde4zjXIpkY&feature=share

作詞・作曲:浜田省吾
編曲:河内肇

60歳を越えても浜田省吾は、ライブを中心に音楽活動を続けている。

まとめ

このブログを書くために浜田省吾の唄を聞きなおしてみた。

プライベートを一切表に出さず、サングラスを外さない、テレビやラジオにも出演しない。

浜田省吾の唄は、日本語を大事にしていて、すぐに英語に逃げる最近の曲とは、全く違う。
だから、何度聴いても心に染み渡る。

今回、紹介できなかった曲もぜひ聞いてほしい。
心に何か響くはずです。

「ON THE ROAD SPECIAL "The Last Weekend"」
東日本大震災の復興支援コンサートより

君が人生の時… 
https://music.youtube.com/watch?v=6_rNKU41gZI&feature=share

浜田省吾は、YouTube Music で聴くことができます。

Google Play で手に入れよう AppStoreで入手

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-金曜日のロック魂
-

Copyright© インドからミルクティー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.