金曜日のロック魂

クリスタルキング ツインボーカルゆえの栄光と悲劇【金曜日のロック魂】

更新日:

北斗の拳 & 北斗の拳2 コンプリート DVD-BOX (全152話, 3800分) ほくとのけん 武論尊, 原哲夫 アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

クリスタルキングといえば

「YouhaShock 愛で空が。。。。 落ちてくる」

未だに語り継がれている伝説の漫画『北斗の拳』のTVアニメ主題歌である。

昭和生まれのおじさんは、それよりも『大都会』を初めて聴いたときのスケールの広さを覚えている。

今週の金曜日のロック魂は、クリスタルキングを取り上げてます。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

大都会

クリスタルキングは、低音ボーカルのムッシュ吉﨑(ムッシュよしざき、本名:吉崎 勝正〈よしざき かつまさ)が中心となって成立したバンドです。

1971年(昭和46年)
九州で結成、佐世保の米軍キャンプのクラブやディスコで米兵相手に演奏

1973年(昭和48年)
高音パートの田中 昌之(たなか まさゆき)がバンドに加わるが、翌1974年脱退

1975年(昭和50年)
田中 昌之が再参加、ここでツインボーカルが誕生し、九州を中心に活躍

1976年(昭和51年)
『カモン!ハッスル・ベイビー』でテイチクよりデビュー

そして、あの大ヒットが誕生する。

1979年(昭和54年)、世界歌謡祭グランプリを受賞した「『大都会』は、累計150万枚以上を記録
クリスタルキングが、歌謡界の頂点に上り詰める。

高音と低音のツインボーカルで歌い上げた『大都会』のスケールがでかい!

大都会を聴いてみましょう
https://music.youtube.com/watch?v=ADgZsoSzDp0&feature=share

これまで聴いてきた数々の曲でもこれほどまでスケールの大きさを感じた曲はなかなかお目にかかれない。

蜃気楼

CM業界は、このスターをすぐに採用
昭和の時代では、ヒットメーカーは、化粧品会社のCMソングが定番であった。
春は、口紅、夏は、ファンデーション、秋は。。。
というように CMソングが流されていた。

特に春、夏の資生堂、カネボウのCMソングはヒット間違いなしと言われていた。

1980年(昭和55年)
『蜃気楼』は、資生堂のキャンペーンソングに起用され75万枚のヒット

『蜃気楼』を聴いてみましょう
https://music.youtube.com/watch?v=Nluf44WFB7A&feature=share

ツインボーカル、特に田中 昌之の高音は、とても伸びがあって美しい。『ザ・ベストテン』で『大都会』と『蜃気楼』が、1位に輝いた。

年末には、『NHK紅白歌合戦』に『大都会』を披露

このときが、バンドの絶頂期と思っていたが、更に伝説の歌が登場する。

愛をとりもどせ!!

NHK連続テレビドラマ『風神の門』の主題歌や映画『瀬戸内少年野球団』の主題歌を担当していたが

1984年(昭和59年)あの伝説のアニメ『北斗の拳』の主題歌に抜擢さえる。

社会現象にまで発展した『北斗の拳』とともに主題歌の『愛をとりもどせ!!』が大ヒット
50万枚のセールスを記録

『愛をとりもどせ!!』を聴いてみましょう
https://music.youtube.com/watch?v=HHAR5o_M8PA&feature=share

オープニングのYouhaShockのインパクトがアニメっぽくて強烈な印象を受ける。
この曲のすべては、このYouhaShockにっかっているといっていいだろう。

ツインボーカルを失った時 クリスタルキングの輝きも失った

1986年(昭和61年)田中 昌之脱退
1995年(平成7年)田中 昌之復帰
1998年(平成10年)田中 昌之脱退

メンバーの多くもクリスタルキングから離れ ムッシュ吉﨑のソロバンドとして活動が続くが、

「ツインボーカルを失った時 クリスタルキングの輝きを失った」

再びクリスタルキングが輝くことはなかった。

その後クリスタルキングは、コンピューターゲームの曲や主題歌を担当していたのでゲームファンは、よく知っていると想う。

訴訟騒ぎ

2009年(平成21年)、グループ名「クリスタルキング」はムッシュ吉﨑の会社が商標登録だったため、いろいろと問題が発生する。
元メンバーの田中 昌之がコンサートの告知広告などで(元を付けずに)グループ名を挙げたことで訴訟騒ぎになる。

結局さ、請求は、棄却されたが、その後も「クリスタルキング」の名前の問題で訴訟があったりして、ムッシュ吉﨑と他のメンバーとの修復は事実上終わっていた。

2014年 クリスタルキングの元メンバーで同窓会コンサートを開催
ムッシュ吉﨑は、不参加とだった。

ツインボーカルゆえの悲劇

どんなに素晴らしい楽曲を提供していたバンドも長くは続かない。
音楽の方向性、金銭問題 おおくは、この2つで解散となる。

クリスタルキングもツインボーカルでヒットしていたわけですが、片方が消えれば、そこからの復活は厳しい。

だから、何十年の続いている「The ALFEE」は、偉大なのです。

バンドはなくなれど名曲は残る

『北斗の拳』は、その後、何度か話題になり、そのたびにクリスタルキングの主題歌が注目される。

『愛をとりもどせ!!』ばかりが注目されるけど

昭和以降の世代に『大都会』を聴いてほしい。
https://music.youtube.com/watch?v=9cHaPFmtvIs&feature=share

つい最近まで『大都会』は、東京のことを歌っていたと思っていたが、どうやらそれは、博多だったという噂も聴いている。

YouTube Music で聴くことができます。
一度お試しあれ

Google Play で手に入れよう AppStoreで入手

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-金曜日のロック魂
-

Copyright© インドからミルクティー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.