写真は語る 右手好奇心左手パスポート

風とライオン! 2009年ケニア

投稿日:

昭和から平成にかけて、いろいろなところに旅行に行きました。
ジンバブエとかミャンマーとか、当時、あまり観光地化されていないところばかり選んでいました。

理由は簡単で携帯電話がつながらないところ・・・
当時、金融系IT企業に努めていた自分は、「24/365」という状況が続き、元旦だろうが電話で呼び出され、家族と不穏なときもあったのです。
だから、電話の届かないところを選んでいました。

その中で、ケニアには、2度でかけました。

「アフリカの地を踏んだものは、必ず戻ってくる」

というような言葉どおり、アフリカは、素晴らしい。
日本では、春と秋、ケニアでは、雨季と乾季の間ぐらい。

同じケニアで同じ場所、アンボセリ、マサイマラと国立公園でサファリ三昧!

ライオンって、強い、かっこいい イメージがあるけど、どのライオンも「ぐーたら」としていてだらしない感じがしていた。

この雄ライオンは、そのなかで「キリっ」と私の前に現れた。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2009年の秋 こちらは、NIKONのデジタル一眼です。 #ケニア旅行

tatsuya sakakibaraさん(@habozou)がシェアした投稿 -

そう
「風に立つライオン♪」
である。

ケニアは、若いときに行くべきところだと思う。
移動も長く体力的に厳しい、クルマで6時間の移動、しかも舗装されていないところが多く、クルマ自体もそんなに快適ではない。
でもあの空気、感覚、アフリカの人々は、いろいろなことを教えてくれました。

もう一度、行くかといえば「どこでもドア」があれば行きたい。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-写真は語る, 右手好奇心左手パスポート
-,

Copyright© インドからミルクティー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.