右手好奇心左手パスポート

第3話 ネコ島のおばあちゃん

更新日:

エーゲ海の旅は続く!
「イドラ島 」 通称「ネコ島」我々はクルーズ船から降りた。
「おぉ 猫がいる」
確かに港にはたくさんの猫がいる。野良だろうか? 猫島の面目躍如である。
この島でも「添乗員 桑名氏」の活躍が始まる。
「素晴らしい場所に行ってみましょう」
と言いながら石畳の坂道を登ってゆく。
「ロバだ!」
ロバがぼけーーーと立っている。
太ったおばさんが「のしのし」と歩いている。
子供が走り回っている。洗濯物が干されている。
ここには島の生活があった。観光では決して見ることができない風景がそこに
あった。

「ここから下を見て下さい。」
15分ぐらい登ったであろうか、桑名氏の言葉に一同振り返る。
「おぉおおおおおおおおおお」
ギリシャの風景が広がっていた。
青い海、真っ白な壁と青い屋根の建造物、私がよく知っているギリシャの風景が
眼下に広がってゆく。
「以前はもう少しよく見えたんですが」
桑名氏は少し残念そうでした。確かにトタンでできた塀が邪魔である。
何枚か写真を撮って坂を下り始める。
「ちょっとまってください」
桑名氏は一件の家に近付いてゆく。家から出てきた女性と話し始めた。
「この家の物干し場を借りることができるか聞いてみました。おばあさんの許可
 がでるかどうか聞いてくるということです。」
しばらくすると「ああ 外国のおばあちゃんね」と言う感じのお婆さんが出てく
る。
「おばあさんの許可がでたので物干し場をお借りしましょう」
桑名氏の後をついて物干し場に登る。
「おぉおおお.......  ふわぁ~~~~」

物干し場からはさっき見た風景の100万倍以上の感動が我々の心を捕らえた。
 黄色いタンポポのような花が咲き乱れその遥か下に真っ青な海。
この色を私は忘れない。あまりにも鮮やかな色彩が目に焼きついて離れない。
「おばあちゃん ありがとう」
何度もお礼を言って物干し場の家を後にする。おばあちゃんは笑顔で手を振って
いた。
 そのとき私はギリシャの心地よい風を感じていた。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-右手好奇心左手パスポート
-, ,

Copyright© インドからミルクティー 大人の遠足の楽しみ方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.