右手に好奇心 左手にパスポート

【右手に好奇心 左手にパスポート】 旅は再びはじまるか?

先日パスポートの更新に行ってきました。(かなり前の話です)

古いパスポートは穴が空けられ私の手許に戻ってくることになった。
何気なくパラパラとめくってみる。
「おぉ~ ずいぶん いろいろなところに行ったなぁ」
ギリシャ、スイス、フランス、エジプト、イギリス、中国、インド、そしてメキシコ。

バラバラに押された出入国スタンプ、ページいっぱいに押されたビザ、摩訶不思議なサイン。
このパスポートにはここ5年間の思い出がたくさん詰まっている。
(この記事を書いたのがもう12年ほど前ですが・・・))

カラカラに乾いた大理石
寒い寒い3400m
きどっている街
身体が焦げるような砂漠
シャイな国民
おとぎ話のような小さな村
月の砂漠で駱駝キャラバン
いつまでも飛ばない飛行機
6時間のバスの旅
毎日登ったピラミッド....

次から次へと鮮やかな情景がが蘇る。
記憶は風景だけではない。湿気、匂い、味、身体の感覚も覚えている。
そこでこの雑文を書くことを決心した。特に記憶に残った出来ごとを断片的に書いてみよう。
と言うことで不定期に連載を始めます。気軽におつき合い下さい。

【右手に好奇心 左手にパスポート】 第1話 誰かピスタチオを買ってきて!

どこまでも青い空、青い海、ジュディ・オングは歌っていなかったけれど エーゲ海は確かに我々の目の前にあった。 場所はギリシャ、日本からオリンピック・エアーで約20時間。遠い遠い、外国である。 ツアーの客 ...

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-右手に好奇心 左手にパスポート
-,

Copyright© インドからミルクティー , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.