私小説

新宿の恋 Chapter 5 サトミ

新宿

この物語は、昭和57年(1982年20歳の大学生 神原タツヤ(偽名ですが自分)が
父親の死によって金を稼ぐために新宿のバーでバイトをはじめたときから始まります。
バーで出会った謎の女性 レイコをきっかけに多くの大人たちや女性と関わるようになることで大人へと成長する過程を描いたものです。

実際にあった出来事に多少の演出とエロチックな要素を加味したもので半分ドキュメンタリー半分フィクションの奇妙な物語となっています。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

これまでのお話

新宿のバーでバイトをはじめた 神原タツヤは、バーで出会ったレイコという年上の女性に童貞をささげ、彼女から性技のレッスンを受けることになった。

サトミ

これから、セックスには、困らないとぼんやり考えていた。

その日、バイトのバーに出勤して、いつもの一日が始まる。
マスターは、何か知っているようだけど何も言わなかった。

翌週の週末、レイコは再び店に現れた。

れから、セックスには、困らないとぼんやり考えていた。
その日、バイトのバーに出勤して、いつもの一日が始まる。
マスターは、何か知っているようだけど何も言わなかった。

翌週の週末、レイコは再び店に現れた。
相変わらず 年齢不詳ぽいですが、若々しくなったような気がする。

「明日、お休みでしょう」
こうして、週末はレイコと過ごすことになった。

レイコとのセックスは、性愛のマナーとテクニック、接し方、心理的なこと徹底的なものであった。最初のときのように精を中に吐き出すことはなく、必ずコンドームを使うことを徹底された

「男の身勝手で傷つくのは女なんで、必ず避妊をするように」
レイコは言った。
毎週土曜日の昼にレイコとホテルでセックスのレッスンと逢瀬を楽しむことになった。
最初は、受身でしたが徐々にレイコを毎回、逝かせることができるようになった。

ある日、東京の手紙交換していた女子大学生のサトミと呑みに行く約束をした。
そのことをレイコに話すと
「タツヤは、大人としてのマナーを身に着けているんだから頑張りなさい
それと、あれ(コンドーム)を忘れずに」
少し寂しそうに言った。

心のどこかで、この関係が終わりそうな気がしていた。

サトミとのデート当日、その日の深夜2時までバーでのバイト、帰りにサウナで汗を流し仮眠 新宿は、35年前でも不夜城なので助かる。
10時に新宿駅で待合せ 携帯電話もない時代なので必ず会えるとは限らない。
10分前に待ちあわせ場所に到着

サトミは、先に来ていた。
季節は初夏、Tシャツにジーンズにスニーカー、大きな胸がTシャツを苦しそうにもちあげている。
レイコとの性愛レッスンのおかげで余裕があるのがわかる。

「美術館行きたい」
サトミは、自分の意見をはっきり言う、これは、自分にとって好みの女性だ。

「上野の美術館に行こう。」
というわけで山手線で移動 当時は、Suicaなどなく切符を購入
自分の右側を並んで歩く
自分の一番、美しくみえる顔をこちらに向けている。
今日は、すべて彼女を右に見て歩こう
人は、無意識に自分をよく見せようとしているのでここは、重要なポイントである。

上野の美術館は、特別展が開催されているらしく長い列になっていた。
「混んでいるね」
サトミの額に汗が光っている。
「よかったら これ使って」
持っていたタオルを広げて日陰になるようにかけてあげる。
「ありがとう」
サトミは、快くタオルを受け取り頭の上にかける
「ちょっと臭うかな?」

「そんなことないよ」
タオルは、清潔ですが自分の牡の匂いがあつたかもしれない。
匂わない匂いというものがある。
人も動物、雌の匂い、ここでは、フェロモンというべきであろう。
匂わない匂いというものが、性を刺激する。

暑さでお互いこ身体に汗が滲んでいることもあって日陰のほうが重要である。
数時間後に美術館の中に入ることができた。
エアコン(当時は、冷房)の風が気持ち良い。
展示コーナーは、どこも混んでいた。
絵を観るというより人に流される。
「離れ離れにならないように」
ここで、サトミの手をにぎる。

「混んでるね」
人の流れに流されないようにしっかりと手を握り合う
今のようにスマホで簡単に連絡取れるような時代ではない
離れ離れになったら合流するのはかなり大変である。
ゆっくり鑑賞することもなく、人混みで追い出されるように美術館を出ることになる

サトミの体温が手から伝わってくるし心臓の鼓動も伝わって来るようだ。
喉が渇いているので喫茶店に入る。
今から30年前には、スタバとか、エクセルシオールカフェなどというおしゃれなコーヒーショップなど無いので個人経営の小さな喫茶店に入る。

しばし、休憩 汗で濡れたサトミのTシャツから下着が透けて見えていることに気がつく
男のモノが反応するのは自覚する。
アイス珈琲の氷をストローで遊びながら
「今日、時間ありますか?」
とサトミ
「大丈夫だよ 夜も空いているよ」

「後楽園に行こうか?」
ディズニーランドままだない、遊ぶ場所といったら 遊園地、渋谷にお買い物ぐらいしか思いつかなかった。

遊園地に入場、ソフトクリームを食べてクールダウン

お腹が空いたので
ファミリーレストランで子どもたちの騒ぐ声の中で遅めの昼食、高級レストランではないけどサトミは楽しそう
ジェットコースター、コーヒーカップ、お化け屋敷で遊んだ。お化け屋敷では、キャアと悲鳴をあげる。自分がきつく抱きしめても抵抗はなく、その反応でさらに強くしがみついてきた。

興奮する体験を共有するというのは、男女の仲を近づける。
その証拠にサトミは、腕を組んで歩くようになった。
Tシャツの奥の胸が右腕に感じられる。

そろそろかな?

自分の頭の中にその後のストーリーが展開し始めた。
若いと言っても夏の遊園地 疲労が溜まってきたのがわかる

「休憩しようか?」
ダメ元で聞いてみた

「いいよ」
休憩の意味を勘違いしていないのか? 少し疑問だったが

「じゃ 少し贅沢しよう」

サトミの手を引いてタクシーに乗り込む
「どこ行くの?」
少し不安そうな彼女だったが

「大丈夫! まかせて」

タクシーの行き先は、レイコとの逢瀬に使っているあの有名なホテルである。
事前にレイコには、使うかもと許可を取ってある。

「こんな 格好じゃ」
場にそぐわないのは明らかだった。

「大丈夫 大丈夫」
レイコとのセックス講習のため何度も訪れているので、ドアマンも自分の顔を知っている。
快く歓迎され、喫茶室でゆっくりくつろぐ

後楽園の喧騒からクラシックのかかる空間にサトミは、戸惑っていた。

「こんなところ 大丈夫?」
心配そう

「大丈夫 夜のバイトは、割がいいんだ」
代金は、レイコが
そう言えば、レイコとのセックス講習でお金、つまりお小遣いはもらったことはない。
レイコと対等な関係を守るためと「カネの絡むセックスは愛がない」と言うレイコのポリシーらしい。

ウェイターからメモが渡される

"部屋を使うときは、私の名前を使っていいわ"
"GOOD LUCK"

レイコらしいなと苦笑

サトミは、これから起きることに覚悟しているのか、緊張が伝わってくる。
「サトミ 君が好きだ 君がほしい」
手を取って小声で話すと
「はい」
と小さな声で答えた。

部屋に付くまでサトミは、無口だった。
右手にしがみついていたけど、小さく震えていた。
部屋に入る。高層階で部屋からの見晴らしがいい
サトミは、部屋に入ると
「素敵」と窓際に 背後から抱きしめて口づけをする。
少し遠慮しながら応じてくる。舌を差し入れると最初は、躊躇しながら応じてきた。

背中を優しく撫でると甘い声が漏れた。
「汗臭いから ごめんなさい」
「それは、俺も同じだ」
「シャワー浴びたい」
サトミが、シャワーを浴びている間にコンドームを枕元に隠す。
『最初は、さり気なく、パートナーに無理強いしない』
レイコの言葉が頭の中にリピートされる。

セックス講習のおかげで冷静を保っていた。
シャワーを終えてサトミは、バスローブをハオって出てくる。肌触りがよく清潔なバスローブが嬉しそう。
自分もシャワーを浴びる。汗に濡れた身体を洗い頭も洗う。
男のものは、熱り立っているけど何度もレイコと交わったこともあり余裕だった

バスタオル一枚で浴室を出る。カーテンが引かれ部屋は暗かった。サトミは、バスローブのまま、自分を迎えて抱き合う。深くキスを交わすと甘い吐息が溢れ、身体が反応、そのままダブルベッドに移動 サトミの左側に位置して左手を彼女の首の下に回して抱き寄せキスを続け、右手でバスローブの合わせ目

バスローブの合わせ目から手を入れて直に背中を愛撫 腰をくねらせ抱きついてくる。左手は彼女の頭を撫でることも忘れない。背中の手は、羽のようになで上げる。反応を楽しむようにバスローブを脱がし、何もまとわない姿にした。みずみずしい肌が愛撫の手を跳ね返す。キスを繰り返し胸を周りから

キスを繰り返し胸を周りからなで上げる。優しく、強く、でも先にはまだ触らない
乳首が尖ってきたのを見て乳首を口で転がすように愛撫
反応が激しくなり右手を彼女の芯に向かわせる。薄い茂みを感じたところで身体を起こし、サトミの裸身を見る。
スポーツをやっているのか脇腹に脂肪が乗っていない。

茂みに伸ばした手を女の芯に降ろして行く
小さな突起らしき膨らみを過ぎて深い溝に指を這わせる。
はぁぁと息を吐いてサトミは喘ぎ始める。
サトミの芯に舌を這わせる。
脚を閉じて抵抗しようとしたけど、抵抗はすぐになくなった
下から上に ゆっくりと優しく 舌が触れるとビクッと反応した。

サトミの女の芯は、薄いピンク色でピタッと閉じている。
舌を割れ目に沿って舐めあげていると少しずつ割れ目に変化が生じてきた。
『ぬるっ』と舌が湿り気を感じ喘ぎ声は激しくなり腰を動かし始めた。
「キスして」
サトミの要求に応え激しく舌を絡める。感じているのが背中にまわした手の力でわかる

舌で探り合い、唾液の交換をしながらサトミの女の芯を触る。泉が溢れ、指が滑り込むように吸い込まれる。そろりと中指を滑り込ませる
「ああいいだめぇ」
サトミの首筋が赤く染まる、感じている証である。
「触ってくれる」
自分の男の根を触らせる。
「かたい」
おそるおそる細い指で男を掴んだ

サトミは、自分の男のものを握る。
お互いが、よく見えるように対面に座り、キスをしながら彼女の膨らみを外側から円を描くように中心に向かって近づいてゆく。
「いぃ」
小さな声を漏らす。
握られた男のものは、これ以上膨張できないぐらいに熱り立っている。
『もう少し感じさせてから』

サトミを仰向けにして再び華芯に近づく、よく見えるように、脚を持ち上げた。最初のときの抵抗はない。
幾度かの刺激に濡れそぼり花弁は開いている。溢れ出ている液を舌ですくい、先にわざと刺激しなかったその部分を探す。包皮から顔を出し震えているものを口で覆う
「ひっ」と声が聞こえる

強くしないように優しく舌でタッチすると『ビクッ』と腰が震えた。少しずつ慣らすように刺激を続けるとこれまでと違う反応が出てきた。
腰が震え脚を強い力で閉じてくる。
左手で胸、右手の指で溢れる泉を泳がせ、唇で包皮から飛び出しだ突起を刺激する。
「おかしくなりそう」
声が大きくなってゆく

「だめ おかしくなりそう」
腰が不規則にせり上がり、脚が小刻みに震えてる。
このタイミング
華芯への愛撫を止め、サトミを、上から抱きしめる。
口づけをすると背中に回した腕に力が入る。
「入れるよ」
耳元で囁くと
「はい」
と返事が帰ってくる。

唇を離し、開いているサトミの脚の間を確認する。
間接照明に照らされた女の華の真ん中は、ぬらぬらと濡れて光っているのかわかる。入り口は、クンニしたときに確認しているので外すことはない。
熱り立った男のモノをあてがい、ゆっくりと推し進める。
十分に濡れていて準備は、できていると思った

入口で強く抵抗を感じた
「力を抜いて 安心して」
ここでレイコの言葉が蘇る
『男の身勝手で傷つくのは女なんで、必ず避妊をするように』
そう、避妊具、コンドームを付けるの忘れてる
自分の欲望を優先してしまつたのを反省
枕元に隠したコンドームを探し当てカウパーでぬるぬるなモノを手早く被せる

コンドームを付ける作業にサトミは気がついているだろうか?
快感の海に沒んでいると思うけど一時中止したことはわかるだろう
根本までキッチリ覆われたもので女の中芯を探り当て、ゆっくりと推し進める。
強い抵抗の壁を押し開け、ぬるぬると沈める
強い締付けを通り抜けると暖かい壁に締め付けられる

「あぁ タツヤさんが入ってる」
声を出したサトミは、腰を揺らして男を奥に導こうとしている。多分、無意識な行動
「サトミ 気持ちいいよ」
強く抱きしめてキスをする。
積極的に舌を絡めて互いの唾液を吸いまくる。
舌のからみ合いほどいやらしいものはない。
少しずつ、律動を開始

互いの陰毛が擦れ合い。サトミの陰核を圧迫するように動かす。
男のものは、女の陰部の奥で暖かい壁にこすられ、奥から出てくる熱い液体が摩擦を緩和する。神経を男のものに集中すると何者かが先のカリを掴んで奥に引っ張っているようだ。
その力に抗い引きく

「ひっ」と声にならない声を叫び始めるサトミ
女口の入口近くまで引き抜き、少し間をもって奥まで一気に突き入れた。
「あぁ 奥まで満たされる」
そう、セックスは、満たされる
肉体的そして心まで満たされるセックスで大事なのはテクニックだけてはないし、肉体的なものだけではない

気持ちが通じ合ってなければ、本当に感じることはない。
レイコとのセックス講習は回数を重ねるごとに信頼が出来上がっているので気持ちは恋とか愛ではない。レイコからは金をもらっているわけではない
今繋がっているサトミとは、心まで繋がっているのだろうか?
性器を擦りあい、快感が高まってゆく

高給ホテルのダブルベッドの上で獣のように声を出している。性器は繋がり、奥に奥に導かれ、擦れ合い、快感のポイントを探る。
サトミの呼吸が烈しくなり、身体から震えるような感覚が伝わる。
「あ」と短い声を上げて腰を中心に痙攣し男のものを締め付ける。腰に回された腕が自分を引き付け逃さない

『逝ったのか?』
痙攣し、背中を反らし、息を止めている
10秒ほど痙攣が続き、腰を突上げ性器をこれでもかと言うほどこすりつける。
精を放つタイミングを逸した。
男のものは、弛緩してくる膣の感触を感じる。
「恥ずかしい」
手で顔を覆ったサトミの手をどけて唇を合わせる

「気持ち良かった」
唇を楽しみながらサトミは、息を整え始める
「タツヤさんのが、まだ 入ってる」
自分のものは、まだサトミの中で屹立を保っていた
少し息を整えて
「こうしてみよう」
ぐつたりと息を整えてるサトミを引き起こし、繋がったまま対面座位でお互い向き合う
「とても素敵だよ

彼女は、しがみついてきて、舌を絡み合わせる口づけが続く
下半身の男のものは、再び活力を漲らせ、サトミの中でうごめいている。
「あっ 奥まで感じる」
一度落ち着いてきた快樂のカーブか上昇を始めたようだ。
自分から腰を動かしそのスポットを探っているようだ。

背中を愛撫でると甘い吐息を漏らして大きく仰反る
「一緒に逝きたい」
彼女の切ない望みを叶えるため下から突上げた。
「あああ もっと」
律動が烈しくなり、サトミを支えきれなくなってきたので再び正常位に、脚と両腕が腰に絡みついてくる。
『もう我慢することはない』

『もう我慢することはない』
激しく性器を擦り、部屋に肉のぶつかる音が響く
自分の下の彼女は、背中に爪を立て、シーツを摑み、狂しいほど喘いでいる。
「逝く 逝くのぉ」
腹部が痙攣し、背中が大きく反っている。サトミの中は激しくうねり奥に奥に引きこもうとしている
「いくぞ」
「うん 逝くわ」

自分を抑制することはない
サトミの首に腕を回し、せり上がらないようにして律動のピッチを上げる。
叫声が響きわたり彼女の快感指数が上昇してゆく
「ああああ なにかハジケそう」
カラダが震えて腰を迫り出した
「出すよ」
「うん」
尿道に精が駆け上がり頭の先から強烈な快感の嵐が吹き荒れる。

尿道に精が駆け上がり頭の先から強烈な快感の嵐が吹き荒れる。
「ぐぉぉ」
声にならない声をあげ、サトミを強く抱きしめる
コンドームの中に大量に精が放出、一度ではなく、すべてを出し尽くすまで数度にわたり『ドクッドクッ』と放出する毎に快感の電気が走る

これ以上ないぐらい、抱きしめサトミは激しく腹部を痙攣させている。
快樂の底から振り絞るように声が聞こえてくる
「暖かい」
サトミは、まだ快感の海に漂っている。口づけを交わし、互いの性器を外してサトミの上から降りる
コンドームの中に放った性液が溜まっているのが確認できる

コンドームを外し、ティッシュを探して充てがって拭う
余韻に浸っているサトミの背後から抱きしめて耳元で囁く
「とても気持ち良かった」
「私も」
背後から胸を優しく愛撫すると、一度落ちてきた快樂指数が上昇してゆく
「またしたくなっちゃう」
「いいんだよ なんどでもサトミを感じさせたい」

「お水飲みたい」
備え付けの冷蔵庫から冷えた水を取りに行きサトミに渡す。
冷たい水が熱くなった身体の中に飲み込まれていく
獣のように声を絞り出し、肉体をぶつけ合い、快樂を貪り尽くしたのですから、クールダウンが必要
精を吐き出した男のものをサトミは握っている。

サトミの身体を横から抱きしめて、背中を触らないか触らないくらいで愛撫する。
一度、落ちかけた快感指数は、再び上昇し始めたようだ。
握られた男のものは、細い指で上下に刺激され熱り立ち始める。
「大きい」

セックスの先生であるレイコの声が聞こえてきた。
『女の欲望にはきちんと答えなさい』

背中の愛撫を続けるとサトミの身体が仰け反るように反応する。抱き合った腕に力が入り、臀部を抱えるようにして脚をサトミの股間に押し付ける。
フトモモに『ぬるっ』とした感触、フトモモで刺激を続ける。
「ここほしい」
握られた男のものを欲しがるサトミが愛おしい

『人は、一度、理性の壁を越えたら、もうタブーはない。悪人か犯罪を止めないのも同じ理屈、セックスも壁を越えたら恥ずかしさより欲望に素直になるものよ』
レイコの言葉を思い出す。
サトミは、男のものを丁寧にそして強くしごき始める。

彼女の股間からにじみ出てくる液体が自分のフトモモをぐっしょりと濡らしている

優しく口づけを交わしていると
「舐めてみたい」
と耳元に囁くように呟いてきた。
黙ってうなずき仰向けになる
サトミは、上になると股間に顔を寄せてしばらく、男のものを観察しているようだ
流石に恥ずかしい

男のものの根本が掴まれたと思ったら、先っぽに『ちろっ』と感触がある。
「不思議な味」
先走りの汁が出ているのを舐めたようだ。
猫がミルクを飲むようにチロチロと刺激される。
薄暗いホテルの部屋に「ピチャピチャ」と音が鳴り響く
サトミは少しずつ大胆な行動を取りはじめた

男のものを口で包み込み、奥まで飲み込もうとしている
最初は遠慮しつつ、少しずつ大胆に口の中のものを舌で刺激してくる。慣れないため、時々歯が当たるけど、一生懸命になっている彼女が愛おしい。
「上から来てごらん」
コンドームを付ける作業をサトミは興味深そうに見つめていた。

サトミは、コンドームの装着を確認すると上に跨がり、男の部分を濡そぼる女の谷に導く
熱り立った男の先端から根本まで暖かい感触に包まれた
「入った」
そう呟いたサトミは、腰を深く落とし感じる場所を探るように腰を動かす。
サトミのなかは、熱く蠢いている。先端が、コリッとした部分を感じた。

「そこっ」
低い声を上げてサトミは、苦しそうに声を出す。
性器を擦り合わせ、どこまでが自分のものでどこまでがサトミのものかわからない。
自分の上でサトミは、喘いでいる。下から胸を掴んだ。
「あっ いい つらい」
耐えきれなくなって身体を倒してくる。
彼女を抱きしめ、下から、突き上げた。

「あっ だめぇ」
サトミの声が響き、上体を倒しできた。
背中を優しく撫でると、身体を震わせ、しがみついてくる
「奥まで来ているのかわかる」
下から、律動を続けるとさらに呼吸を荒々しくなり、男のものを締め付けてくる。
「おかしくなりそう」
サトミの身体の震えで終局が近いことがわかる

繋がったまま身体を入れ替え、膝裏を摑み性器の圧迫を強める。
奥深くまで、男のものを叩き込むように律動を繰りかえる。
「おなかの奥まで響くぅ」
男のものを抜き差しするたびに愛液が溢れ出し、ベッドまて濡らしている。
サトミの身体がずり上がらないように肩を捕まえて律動を繰り返す
「あぁぁ」

首が仰け反り、弓のように身体がしなり、性器をぐりぐりと押し付けてくる。
腰を摑み子宮口を圧迫するように最深部まで押し込みむと尿道から熱い精が駆け上がるのを感じた。
頭の中が電気ショックを受けたように痺れて快樂が走り抜ける
「出すぞ」
と声を出すことで意識を失うのをこらえて先端から…

「きてぇ」
サトミは、ガクガクと反応し、背中にまわした腕で強く抱きしめられた。

汗にまみれた互いの身体を密着させて余韻がすぎるまでしばらく抱き合う。
少しづつ波が去ってゆくのを感じて口づけを交わすが、サトミは放心状態で反応が弱い

コンドームが抜け落ちないように根本を押さえて引き抜くと真っ赤な女陰が呼吸をするように抜いた穴を収縮して扉を閉じるのを目にしていると何か別の生き物のような感じがする。

精を放ったコンドームには、大量の性液が溜まつている。
ティッシュを探しコンドームを処理してサトミを抱きしめて
「すごく気持ち良かった」
と囁く
「頭が混乱している」
と唇を貪るように合わせてきた。
「こんなになったのは、はじめて」
と顔を赤らめて囁くと胸に顔をうずめてきた。

「サトミがとても愛しいから感じたんだ」
「タツヤさん」

シャワーを浴びてバスローブになってミネラルウォーターを飲む
少し前まで絡み合っていたベッドは、その行為の激しさを物語っていた。

少し休憩をとってホテルを後にする。
「また したい」
サトミは、用事があるといって別々の電車に乗って帰る。
今と違い、スマホなどなく携帯電話もない。
つぎに会うのはいつなのか?

セックスの先生であるレイコとの学習の成果は十分ということがわかった。

次回予告

ヨウコとの熱いセックスで自信をつけたタツヤは、マスターから不思議なことを頼まれる。

次項 新宿の恋 Captcha 6 ヨウコ

お楽しみに

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-私小説
-

Copyright© インドからミルクティー , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.