日本のニュースに出てこないニュース

ロシアがオデッサ港の主要港を襲う? 前日に ロシアとウクライナが黒海の港を再開する契約に署名したはずなのに

「ロシアがオデッサ港の主要港を襲う」というニュースが飛び込んできた。

ロシアとウクライナが黒海の港を再開する契約に署名した翌日、ロシアのミサイルがウクライナのオデーサ港のインフラに打撃を与えた、とウクライナ軍は語った。

「敵はカリブル巡航ミサイルでオデッサ海上貿易港を攻撃しました。2発のミサイルが防空軍によって撃墜されました。南部作戦管区は土曜日にテレグラムに書いた。

公共放送のSuspilneは、ミサイルは重大な被害を引き起こしていないとウクライナ軍を引用し、政府大臣は、準備が黒海の港からの穀物輸出を再開し続けていると述べた。

国連事務総長のアントニオ・グテーレスとトルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領は金曜日に、穀物の輸出を再開し、世界的な食糧危機を緩和するために合意を仲介した。

ウクライナ最大の港であり、黒海盆地で最大の港の1つであるオデーサは、ロシアによって封鎖されているにもかかわらず、キーウの管理下にあります。

オデッサ、ユズネ港、チョルノモルスク港を含む金曜日の協定の調印は、国連によって「希望のビーコン」として歓迎されています。

土曜日のグテーレスは、国連が仲介した取引の鍵となる、港へのミサイル攻撃を「明白に」非難した。

「事務総長は、ウクライナのオデーサ港でのストライキの報告を明確に非難している」と彼の副スポークスマン、ファーハン・ハクは声明で述べた。

「ロシア連邦、ウクライナ、トルコによる(取引の)完全な実施が不可欠である」と彼は付け加えた。

しかし、ロシアはオデーサでのミサイルストライキへの関与を否定している、とトルコは土曜日に語った。

Russia hits key Odesa port day after landmark grain deal: Ukraine

しかも合意した24時間も経過していない

ウクライナ空軍のスポークスマンYuriyIgnatは、ミサイルはクリミア近くの黒海で軍艦から発射されたと述べた。

Suspilneは、ウクライナ南部軍の指揮官が、港の穀物貯蔵エリアは攻撃されなかったと述べたと述べた。

「残念ながら、負傷者がいます。港のインフラが損傷した」とオデッサ地域知事のマクシム・マルチェンコは述べた。

しかし、インフラ大臣のオレクサンドル・クブラコフ氏はフェイスブックで、「私たちは、港からの農産物の輸出を開始するための技術的準備を続けている」と述べた。

「彼らはいつも嘘をついている」
オデーサを代表するウクライナの立法者であるオレクシイ・ゴンチャレンコは、モスクワはミサイル攻撃の背後にあり、ロシアを「嘘をついている」と非難したと述べています。

「彼らはいつも嘘をついています。すべてのロシアのミサイルの中で最も強力で最も正確な4つのミサイルがオデーサを攻撃した」とゴンチャレンコはワシントンDCのアルジャジーラに語った。

「誰がそれをしたのかは明らかです。ロシアは穀物取引を望んでいません。彼らはできるだけ多くの混乱を望んでいる」と彼は言った。

「彼らは、北アフリカ、中東、その他の地域で飢えている人々を望んでいます。彼らは人々が苦しみ、社会不安と空腹暴動を起こすことを望んでいます。そのため、契約に署名した直後に、契約を破棄し始めました」と彼は付け加えました。

アントニー・ブリンケン米国務長官は、米国は攻撃を強く非難し、ロシアは世界の食糧危機を深める責任があると述べた。

ブリンケン氏は声明のなかで、この攻撃は「世界市場に重要な食料を届けるための国連、トルコ、ウクライナの活動を弱体化させる」と述べた。

EUの外交政策責任者であるジョセップ・ボレルは、ウクライナのオデーサに対するロシアの「非難可能な」ミサイル攻撃を非難した。

「イスタンブール協定の署名の翌日に穀物輸出に不可欠な目標を達成することは特に非難され、国際法と公約に対するロシアの完全な無視を再び示している」と彼はツイッターに書いた。

Russia hits key Odesa port day after landmark grain deal: Ukraine

戦争なので情報が錯綜していますが、これが本当だとしたら 許されない話である。

https://youtu.be/nRRHEQJ-w_4

syでに映像も出ている

追加情報が掲載されている。

ロシア-ウクライナのライブニュース:モスクワとの取引はない、とキーウは言う
サーシャ ・ペトロワ 2022年7月23日に公開

ソーシャルメディアで共有するには、ここをクリックしてください
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、オデッサ港へのロシアの攻撃を「野蛮主義」と呼び、ロシアとの取引に達する可能性を「破壊した」と付け加えた。
ウクライナ軍は、戦争の開始時にロシアによって占領されたヘルソン東部地域に徐々に移動していると彼は言います。
アントニー・ブリンケン米国務長官は、ワシントンがロシアのオデーサ攻撃を非難し、穀物輸出取引に対するモスクワのコミットメントの信頼性を損なうと付け加えた。
国連と欧州連合も攻撃を非難しました。
米国の上級議会代表団は、キーウでゼレンスキーと会談し、ロシアとの戦争で継続的な支援を確保しようと約束しました。
ブリンケン米国務長官は、ワシントンがロシアのオデーサ攻撃を非難し、穀物輸出取引に対するモスクワのコミットメントの信頼性を損なうと付け加えた。

Russia-Ukraine live news: No deals with Moscow, Kyiv says

 

情報が次々と出てきているので絵展開があったら 報告します。

 

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-日本のニュースに出てこないニュース

Copyright© インドからミルクティー , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.