日本のニュースに出てこないニュース

73年間にわたって20万人以上の子供を性的に虐待 ポルトガルのカトリック教会 

天使と悪魔(上中下合本版) (角川文庫)

教会の性的虐待が次々と明らかになっている。カナダ、ドイツ、ポルトガルのカトリック教会

次々と性的虐待が明らかになるカソリック教会について日本では報道されないスキャンダルを取り上げてみました。

 

前教皇の手紙

前ベネディクト教皇(Benedictus XVI)は、ミュンヘンの大司教時代に「児童性的虐待で告発された4人の司祭」を放置していたことが明らかになっている。

Former pope asks for forgiveness over child abuse scandal
Vatican issues letter by Benedict XVI following a German report into abuse in the archdiocese from 1945 to 2019.

1945年から2019年までの大司教区での虐待に関するドイツの報告に続いてベネディクト16世からの手紙を発表しました。

ALJAZEERA 2022年2月8日
https://www.aljazeera.com/news/2022/2/8/former-pope-ask-for-forgiveness-over-child-abuse-scandal

内容は、

元教皇ベネディクトは、彼がミュンヘンの大司教であったときに性的虐待事件の処理に誤りがあったことを認め、彼の弁護士が彼が直接責任を負わないと主張したので、許しを求めました。

その許しとは、ドイツの研究者による1945年から2019年までの大司教区での虐待について先月発表された報告に続いて、ベネディクトによる手紙と3ページの補遺をバチカン市国は火曜日に発行

調査内容は、ベネディクトが1977年から1982年の間にミュンヘンの大司教であったときに、児童性的虐待で告発された4人の司祭を故意に止めなかったと非難した。

前教皇は、
「私はカトリック教会で大きな責任を負っています。私の任務中にこれらのさまざまな場所で発生した虐待に対する私の苦痛はさらに大きくなっている」

Ex-pope Benedict accused of inaction in sexual abuse cases

なんと1945年から2019年という長い期間にいいて教会が行ってきた行為を見逃していた
ということである。

前教皇が、死去する前に教皇を辞めた背景には、この事件も関係していたのであろうか?

73年間にわたって20万人以上の子供を性的に虐待

ポルトガルの教会でも性的虐待が73年間にわたって20万人以上の子供を性的に虐待してきたことが発表された。

Portugal: Church sex abuse panel unearths more than 200 cases

The allegations, from people born between 1933 and 2006, tell of psychological torment kept secret for decades.

A commission investigating child sexual abuse in the Portuguese Catholic Church has said more than 200 alleged victims had already been in touch to share their stories since its launch a month ago.

The abuse allegations have come from people born between 1933 and 2006, from various backgrounds, from every region of the country and also from Portuguese nationals living abroad.

ポルトガル:教会の性的虐待パネルが200件以上の事件を発掘
1933年から2006年の間に生まれた人々からの主張は、心理的苦痛が何十年も秘密にされていたことを物語っています。

ポルトガルのカトリック教会での児童の性的虐待を調査する委員会は、200人以上の被害者とされる人々が1か月前の発足以来、彼らの話を共有するためにすでに連絡を取り合っていると述べた。

虐待の申し立ては、1933年から2006年の間に生まれた人々、さまざまな背景、国のあらゆる地域、そして海外に住むポルトガル国民からのものです。

ALJAZEERA 2022年2月10日
https://www.aljazeera.com/news/2022/2/10/portugal-church-sex-abuse-panel-unearths-over-200-cases

これが明るみに出たのは、フランスの委員会に報告で
過去70年間に約3,000人の司祭と宗教関係者が20万人以上の子供を性的に虐待したことを明らかにしました。


French clergy sexually abused ‘over 200,000 children’ since 1950

1933年から2006年にかけて約3,000人の司祭と宗教関係者が、20万人以上の子供を性的に虐待

一方、ポルトガルの教会は

2001年以来、ポルトガルの司祭を巻き込んだ性的虐待の申し立てについて調査したのは約12件

と発表していましたが、フランスの委員会との調査結果が大きく違っている。

まとめ

世界中のカソリック教会で性的虐待の調査が続いている。
その数と被害者の数は、かなり大きく報道されています。

当ブログでも カナダのカソリック系の寄宿学校での虐待及び「文化的大虐殺」を取り上げたことがありますが、これだけではなかったようです。

寄宿学校で見つかった215人の遺体 カナダ カムループス インディアン レジデンシャル スクールで何が起きていたか?

5月26日 カナダの寄宿学校で子供たちの遺体が発見された その数 215人 この学校で何が起きていたか? カナダでは、大きな事件として取り上げられている。 寄宿学校で何が起きていたのか? 今回の日本の ...

続きを見る

調査は引き続き行われていて さらなる問題が出てくるかも知れません。

日本では、新型コロナとオリンピックばかりの報道ですが、欧州では、かなり大きく報じられています。

 

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-,

Copyright© インドからミルクティー , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.