日本のニュースに出てこないニュース

週刊 日本のニュースにあまり出てこないニュース 2021/11/22~2021/11/27

11月

ジャパンカップ(競馬)の季節になってきました。
このレースが終わるとJRAも年末モードとなります。

まとめコーナーに予想をしてみます。
穴馬しか狙わないので当たる確率は、5%ぐらい そのかわり当たったらでかいはず・・・

一週間を振り返ってどんなことがあったのだろう?
当ブログでは、海外のニュース中心にを選びました。

今週もよろしくお願いいたします。

11/22(月)

ドイツの新型コロナ感染拡大、「これまでで最悪」-メルケル首相

(ブルームバーグ): ドイツのメルケル首相は、同国における最近の新型コロナウイルス感染拡大はこれまでで最悪だと指摘し、感染拡大防止のために制限措置の厳格化が必要だと訴えた。

メルケル氏は22日、所属するキリスト教民主同盟(CDU)の当局者に、新型コロナの感染状況は「非常に劇的」で、感染第4波を封じ込めなければ医療体制が間もなく逼迫(ひっぱく)すると警告した。メルケル氏の発言に詳しい関係者1人が明らかにした。

原題:Merkel Says German Covid Spike ‘Worse Than Anything We’ve Seen’(抜粋)

(c)2021 Bloomberg L.P.

日本は下げ止まっていますが、お宇宙を中心に感染者が増え続けていrます。

イプシロン変種が報道されていて各国で厳重な注意と3回目の接種が始まっています。
ロックダウンしている地域も増えています。

感染症II 新型コロナと闘う (別冊日経サイエンス246)

11/23(火)

エンタメ情報の発信内容に規制 中国、SNS原則1アカウントも

中国でインターネット上に出回る芸能人などのエンタメ情報に関して、中国政府のネット管理当局は23日、社会的に望ましくない内容を定めたリストを発表した。これまで芸能人やファン活動への規制を進めてきたが、表現内容にも踏み込んで、ネット空間の管理を強化する方針だ。

国家インターネット情報弁公室の発表によると、先月26日付の通知で「アクセス至上主義やゆがんだ美意識といったあしき文化によって、価値観が損なわれている」と、芸能人やファン、メディアがネット上に発信する内容を問題視。富の見せびらかしや注目を集めるための下品な臆測、ファンに過度な消費を促すこと、虚偽・不正確な情報や中傷などといった行為を挙げて規制するとした。

情報発信の手段も厳格に管理し、芸能事務所は原則として、SNSなど一つのプラットフォームにつき、一つの公式アカウントしか登録できなくする。

プラットフォーム運営会社に対しては世論を監視する仕組みをつくり、問題があれば関連の当局に報告することを求めた。(上海=井上亮)

朝日新聞社

 

人民の娯楽を次々とキンsぎしてゆく中国共産党
すでに中国では、ネットでの自由はない。

中国のテニス選手が行方不明になっている時、当局は、国内で禁止になっているTwitterで配信していた。
国内への規制じゃ今後ますます強くなるだろう。

情報を禁止するというのは、共産主義で独裁的な政治では、当たり前のように行われています。
理由は簡単で、国民に知ってほしくないことが多いからである。

中国共産党帝国とウイグル (集英社新書)

11/24(水)

全米でサンタ不足 子どもからの感染リスク恐れ

 クリスマスシーズンを前に「仲間がいなくなった」とサンタが嘆いています。

国際本物髭(ひげ)ありサンタ組合、スティーブン・アーノルド組合長:「残念ながら私たちの多くは肥満で心臓病や糖尿病を患っていて、コロナで重症化する爆弾を抱えている。去年は私たちのグループで50人以上のサンタを亡くしたんだ」

子どもからの感染リスクを恐れる高齢男性が多いことから、今年はサンタクロース役が全米で不足しているということです。

アメリカ小児科学会は今月18日までの7日間で、子どもの感染者数が2週間前より3割増えたと明らかにしています。

今後、クリスマスに向けてさらなる感染拡大が懸念されています。

テレビ朝日

サンタクロースも命がけである。
高年齢者が多いサンタクロースも新型コロナには勝てなかったらしい。

その米国では、ここにきて感染者が増え始めている。

HiHi サンタクロース 衣装 10点セット 大人用 コスチューム サンタ コスプレ衣装 大きいサイズ クリスマス イベント衣装

11/25(木)

サンタと中年男性のラブストーリーに反響。同性愛が非犯罪化して50年、ノルウェー郵便局のクリスマス広告

クリスマスまで1カ月。

ノルウェーの郵便サービス「Posten」が発表した、4分ほどのクリスマス広告の動画が賞賛を集めています。

タイトルは、1980年代のアメリカ映画『When Harry Met Sally...』(邦題:恋人たちの予感)からとったと思われる『When Harry met Santa』。登場するのは、ハリーという名の中年男性とサンタの2人です。

あるクリスマスの夜、家にやってきたサンタを気に掛けるようになったハリー。毎年サンタがやってくる様子をこっそりと伺っていましたが、ある年おしゃれをしてサンタを待つことに。ソファーで眠ってしまっているところを、サンタから「いびきをかいているね」と話しかけられ、2人は初めて会話を交わします。

サンタは、来年もまた戻ってくることを約束して、帰っていきました。

その後ハリーとサンタは年に一度だけ、毎年クリスマスの夜を一緒に過ごすように。それ以外の日、ハリーは孤独を感じながら生きていました。

数年が経ちハリーはついに決心し、サンタ宛に「クリスマスにほしいのはあなただけだ」という手紙を書き…。最後は、2人のキスシーンで締めくくられます。

ゲイ男性のラブストーリーを描いたこの動画は、ノルウェーで同性愛が非犯罪化されてから、2022年で50年目を迎えることを記念して作られたもの。英紙「ガーディアン」によると、ハリーを演じた俳優のヨハン・エーンさんは、同性のパートナーと結婚しているといいます。

LGBTQに関する情報を発信する「LGBTQ Nation」のインタビューで、Postenでマーケティングディレクターを務めるモニカ・ソルバーグさんは「Postenは多様性に富んだ包括的な職場であり、この素晴らしいラブストーリーで50年を祝いたいと思います」とコメント。この動画の目的はPostenが「自分自身の更新を決してやめないと示すこと」だと説明しています。

一部から否定的な反応があがるだろうこともわかった上で制作したとソルバーグさんは話します。「クリスマスと政治的な問題を混ぜこぜにしている」などという意見には、こう考えを示しています。

「誰もが自分が好きな人を愛する権利があり、それは基本的人権です。2021年の自由で民主主義な社会において、それは政治的問題とはみなされません」

公開されると、ネット上では「とても美しい」「力強く、そして進歩的で素晴らしい」「この短い4分間に励まされた」などのコメントが多数寄せられ、大きな反響を呼んでいます。

ハフポスト日本版

偏見は、知り合いにいないことで生まれます。
自分は、運良く彼らと知り合いになることが多く、「人としていいやつ」が多かった。

単に慣れの問題だと思う。

偏見をなくすことは難しい

なぜあなたは自分の「偏見」に気づけないのか:逃れられないバイアスとの「共存」のために

11/26(金)

露、ウクライナ国境に9万人部隊 侵攻を計画か

【モスクワ=小野田雄一】ロシアがウクライナとの国境付近に9万人とされる大規模な軍部隊を集結させ、一帯での軍事的緊張が高まっている。北大西洋条約機構(NATO)は、ロシアがウクライナ侵攻に踏み切る恐れもあるとみて警戒を強めている。露専門家は軍の動きについて、NATOによるウクライナ支援に対抗する示威行動ではないかと分析している。

ウクライナ国防省は11月2日、同国国境に近い露西部スモレンスク州に9万人規模の露軍部隊が集められていると発表。ブリンケン米国務長官やNATOのストルテンベルグ事務総長も今月中旬、ロシアの「異常な兵力増強」を指摘した。

米ブルームバーグ通信は21日、米情報機関がロシアの侵攻ルートを想定した地図を同盟国と共有したと報道。米軍事メディア「ミリタリー・タイムズ」も同日、「ロシアは来年1~2月の侵攻を準備している」とするウクライナ軍情報部門トップの見解を伝えた。

プーチン露大統領は、ウクライナが模索している将来的なNATO加盟を「容認できない一線」と位置付け、一線を越える相手には「非対称的かつ苛烈な返答で後悔させる」と警告してきた。9月には、NATOによるウクライナ支援の拡大も「一線」に含まれるとの認識を示した。

米国は今年、対戦車ミサイル「ジャベリン」のウクライナへの供与を決定。6月には、米国やウクライナの海軍を中心に約30カ国が参加する大規模軍事演習が黒海で行われた。今月にも米海軍第6艦隊の旗艦マウント・ホイットニーなどがNATOとの共同活動のために黒海に入っている。

プーチン政権は、こうしたNATO側の動きにいらだちを強めているとの見方が強い。プーチン氏は今月18日の政府会議で、NATOが露国境付近で戦略爆撃機の飛行を増やしており、「限度を超えている」などと発言していた。

ロシアはウクライナ国境での兵力増強を「偽情報」だと主張し、侵攻の意図も否定。逆にNATOがロシアへの挑発を強めていると批判している

2014年にロシアのクリミア併合が起きている。

ロシアによるクリミアの併合(ロシアによるクリミアのへいごう)は、国際的にウクライナの領土と見なされているクリミア半島を構成するクリミア自治共和国・セヴァストポリ特別市をロシア連邦の領土に加えるもので、2014年3月18日にロシア、クリミア、セヴァストポリの3者が調印した条約に基づき実行された。

ウィキペディア

国境が陸続きというのは、紛争の可能性はいつでも起こり得るということである。
軍隊がなければ、一気に併合されるわけで 国内ん憲法などなんの役にも立たない。

日本は、背後に米国がいて 自衛亭という優れた軍事力を持っているということでバランスが保たれている。

学校では教えてくれない世界の政治 (SBビジュアル新書)

11/27(土)

イタリア人口、今後50年で20%減 将来推計

【AFP=時事】イタリアの人口が今後50年で20%減少するとの推計をイタリア国家統計局(ISTAT)が26日に発表した。同国の出生率は、長年にわたり欧州最低水準となっている。

ISTATは「イタリア人口の未来─居住者の減少、高齢者の増加、世帯数減」と題した報告書で、データは「危機的状況に陥る可能性」を示すものだと警鐘を鳴らしている。

推計によると、65歳以上が総人口に占める割合は現在の23.2%から増加し、2050年までに35%となる見通し。

ISTATは「年齢別人口の構成比はすでに高齢層に偏っており、この傾向が逆転する要因は今のところない」として、今後数年間で出生数が増加に転じる可能性はほぼないと指摘している。

イタリアの人口は、2020年1月の5960万人から減少し、2070年には20%減の4760万人になると予測されている。平均年齢は2020年の45.7歳から上昇し、2050年には50.7歳になる見通し。

2007年から死亡数が出生数を上回る自然減の状態が続いており、30年以内に年間死亡数は78万4000人に増加し、出生数39万1000人の2倍となると予測されている。

ISTATは、他国から流入する人口は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の収束後に再び増加に転じると指摘。2023年からはパンデミック前の水準である年間約28万人を回復するが、2070年には24万4000人に減少するとみている。

他国へ流出する人口もいずれパンデミック前の水準を回復し、2025年には年間14万5000人となるがその後減少し、2070年には12万6000人になると予測している。【翻訳編集】 AFPBB News

昭和の時代、こんなに狭い島国に1億人は多すぎだろう・・・

なんて意見もありました。

それが今や、人口減少の危機で騒がれている。
要は、労働人口の減少と老人問題 先進国の多くはこの問題をどのように解決するのだろうか?

2050年 世界人口大減少 (文春e-book)

速報

欧米で新型コロナの感染者が増えています。

そして、オミクロン株による感染確認は、26日に発表されたベルギー、南アフリカと隣国のボツワナ、イスラエル、香港に加えて計6か国・地域になったと報じられている。
感染力が半端なく 空気感染するとも言われていますが、まだ良くわかっていないかもしれません。

欧米のメディアでかなり緊迫したニュースが流れています。
WHO classifies new COVID variant as ‘of concern’

Amazon Echo | Beyond the Distance 距離は超えられる

ehho showは、まじで面白い。
音楽、ラジオ(radiko)、タイマー、ニュース、天気予報 そしてテレビ電話
安くてスマートフォンより簡単である。

購入するのはブラックフライデーのいまがチャンス

まとめ

この記事がアップされた同日ににJAPANカップが開催されます。

ワグネリアンの引退レースで一番人気ですが、競馬には絶対はありません。

ムーア騎手と武豊騎手の起泡するA.オブライエン旧厩舎のブルーム、ジャパンは強力である。

さて、自分は、キセキを信じたい。(というより応援しています。)
アーモンドアイがいなければG1を2つか3つ勝っていたことであろう。
3年前のJAPANカップでは、世界レコードで2位になっている。

というわけで今回は、キセキ、マカヒキ、アリストテレスとワグネリアンの4頭の3連複で400円で勝負してみよう。
ワイドも買ってみようかな・・・
あれ? それって京都大賞典の3頭にワグネリアンを足しただけ?
まぁ当たらないと思うけど特にキセキには期待しています。

あとは、これと別の軸でブルーム、ジャパンの馬連とワイドを買ってレース観戦します。

今週は、どんなニュースが出てくるか楽しみです。

日曜のひととき お付き合い頂き ありがとうございました。

では、また来週

https://news.yahoo.co.jp/
ネタ元:Yahoo!NEWS

[AdSense]

週刊 日本のニュースにあまり出てこないニュース 2021/11/22~2021/11/27
  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-,

Copyright© インドからミルクティー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。