日本のニュースに出てこないニュース

週刊 日本のニュースにあまり出てこないニュース 2021/9/6~2021/9/11

9.11です。
Netflixで9.11のドキュメンタリーを観ました。
怪しい監督がブッシュ大統領をこき下ろしているような演出された映画と違い、大統領の側近たちの証言を丁寧にまじえながら「9.11」とはなんだったのか? を丁寧に描いていました。

米国のシステム化された緊急事態に対処する仕組みがよくわかります。
ぜひ 見てほしい
ターニング・ポイント: 9・11と対テロ戦争 | Netflix

一週間を振り返ってどんなことがあったのだろう?
当ブログでは、海外のニュース中心にを選びました。

今週もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

9/6(月)

中国、広がる「文革再来」懸念 習氏3期目と関連か 官製メディア掲載文が発端

 【北京時事】中国の官製メディアが先月下旬、「深い変革が進んでいる」と訴える文章をインターネット上に一斉に掲載し、建国の父、毛沢東が発動した文化大革命(文革)のような激しい政治運動が始まるのではないかという観測が出ている。

習近平国家主席が慣例を破り来年の共産党大会で3期目入りすることが確実視される中、習氏を毛と並ぶ指導者に位置付けようとする動きと関連している可能性がある。

文章を書いたのはネット上で論説を発表している李光満氏。共産党機関紙・人民日報や国営新華社通信、中央テレビを含む多くの主要メディアが8月29日、「誰もが感じられる深い変革が進んでいる」と題する李氏の文章をネットに転載した。

李氏は、習政権による経済や芸能界への統制強化を「経済、金融、文化、政治で深い変革が起きている。深い革命と言ってもいい」と称賛。「この深い変革は党の初心・社会主義の本質への回帰だ」と強調した。

さらに「今回の変革で、(中国の)市場は資本家が一晩で大金持ちになれる天国ではなくなる。われわれは一切の文化の乱れを整理する必要がある」と主張した。これに対し、多くの知識人が「改革開放の否定と文革の再来を連想させる」と受け止めた。

人民日報系の環球時報編集長、胡錫進氏は9月2日、ネット上で李氏に反論。「まるでこの国が改革開放に別れを告げるような言い回しだが、重大な誤りだ」と断じた。

胡氏は対外的に強硬な言動で知られ、習政権の立場を非公式に代弁しているとも言われる。李氏の主張に強い警戒が広がったため、胡氏が「火消し」をした可能性がある。また、2人の論争は体制内の路線対立を反映しているとも考えられ、「来年の党大会に向けた駆け引きが始まった」(知識人)という見方もある。

李氏の主張が注目されたのは「毛路線への回帰」が全くの絵空事ではないように見えるためだ。最近、学校で習氏の指導思想を必修化したり、未成年のオンラインゲームの利用時間を週3時間に制限したりするなど、思想や国民生活を厳しく統制する動きが拡大。党の文書や博物館の展示で、習氏を毛と同様に別格の指導者として扱う傾向も強まっている。

忠北の歴史から消し去っている 文化大革命 失政の後に起きた(起こした)大混乱
ゲーム禁止(条件あり)、IT企業の牽制 など オリンピックを前にして 不穏な動きを続けている

さすがに文化大革命を起こすほど バカではないと思うけど
文化大革命 上巻

9/7(火)

キューバ、2歳以上へのワクチン接種開始 世界初

【AFP=時事】キューバは6日、世界で初めて2歳以上への新型コロナウイルスワクチン接種を開始した。世界保健機関(WHO)による承認を受けていない国産ワクチンを使用する。

人口約1120万人のキューバは、2020年3月以降大部分が閉鎖されている学校の再開を前に、子どもたち全員への接種を目指している。新年度は6日に始まったが、ほとんどの家庭でインターネットを利用できないため、テレビ番組を通じて在宅学習が行われている。

キューバ製ワクチン「アブダラ(Abdala)」と「ソベラナ(Soberana)」の未成年を対象とした臨床試験(治験)の完了を受けて、3日に12歳以上への集団接種が開始された。6日には、2~11歳への接種が中部シエンフエゴス(Cienfuegos)州で始まった。

中国やアラブ首長国連邦(UAE)、ベネズエラなどが12歳未満へのワクチン接種計画を発表しているが、実行したのはキューバが初となる。【翻訳編集】 AFPBB News

気になるのはここ
「世界保健機関(WHO)による承認を受けていない国産ワクチン(キューバ製ワクチン「アブダラ(Abdala)」と「ソベラナ(Soberana)」)を使用」
大丈夫なんでしょうか?

知られざるキューバ: 外交官が見たキューバのリアル

9/8(水)

刑務所火災で41人死亡 インドネシア首都近郊

 【ジャカルタ共同】インドネシア法務・人権省によると、首都ジャカルタ近郊バンテン州タンゲラン市にある刑務所で8日未明、火災があり、受刑者ら少なくとも41人が死亡、39人が重軽傷を負った。

火災は刑務所内の一区画で午前1時45分(日本時間午前3時45分)ごろに発生。同区画には、規定の収容人員約40人を大きく超える122人が麻薬関連の罪などで服役していた。約1時間半後に鎮火した。

警察は電気配線のショートが原因の可能性があるとの見方を示した。

法務・人権省によると、刑務所全体では600人の収容人員に対し、約2千人が服役中だった。

詳しい情報はあまり出てこない。
単夏事故なのか? それとも他の要因があるので?
「警察は電気配線のショートが原因の」と書かれてあるのでそれが原因だろう

インドネシア ――世界最大のイスラームの国 (ちくま新書)

9/9(木)

中国「ボーイズラブ」などを不良文化として排除要請

 中国当局はオンラインゲームの運営会社に対して「ボーイズラブ」などを「不良文化」と名指しし、断固排除するよう求めました。

中国共産党の中央宣伝部などは8日、オンラインゲーム運営する複数の企業に対して「誤った価値観や違法な内容を含むコンテンツ」を厳しく禁じると指示しました。

そのうえで、ボーイズラブや「女性っぽい男性」などを含むコンテンツを不良文化と位置付け、断固排除するよう求めました。

問題を放置している企業に対しては厳しく処分すると警告しています。

中国当局は芸能界に対しても「男らしくない」アイドルが出演する番組の中止を求めるなど統制を強めています。

9/6(月)でも書いたことですが、次々と規制が増えてゆく。
逆の見方をすると「よく 今まで問題になっていなかった」とも言えよう

共産主義、一党独裁の国で今までほっといたのが不思議とも言えよう
オリンピックを前にしての規制強化

アニメ満載の東京オリンピック/パラリンピックと真逆の国威発揚なイベントになりそうな気がします。

巨大中国を動かす紅い方程式 モンスター化する9000万人党組織の世界戦略

9/10(金)

米、企業にワクチン義務化へ 政府職員ら含め対象は計1億人

 【ワシントン共同】バイデン米政権は9日、新型コロナウイルスのデルタ株の感染急拡大を受けて新たな行動計画を発表し、従業員100人以上の企業に対し、従業員のワクチン接種か毎週の検査を義務化する方針を示した。既に接種を義務化した連邦政府職員に加え、連邦政府の医療保険制度に組み込まれている医療機関の関係者らにも対象を拡大。計約1億人が対象となる。

GM、北米8工場を停止 コロナ再拡大による混乱で半導体不足

米国では8月初めに少なくとも1回接種した成人が70%に達したが、政権の目標から約1カ月遅れ、その後も接種率は伸び悩む。デルタ株拡大で収束は見通せず、より強い措置を打ち出す必要に迫られた。義務化が反発を招く可能性もある。

世界中で今起きている ワクチン義務化、ワクチンパスポートの発行、感染していないことの証明をセットに動き出している。
日本も経済を回すという名目で 半強制的にワクチン接種が進むであろう。
ワクチン接種をしていないと どこにも行けないということになるでしょう。

コロナ後に生き残る会社 食える仕事 稼げる働き方

9/11(土)

バイデン米大統領「団結」呼び掛け 追悼メッセージ 同時テロ20年

 【ワシントン時事】バイデン米大統領は10日夜(日本時間11日朝)、米同時テロから11日で20年の節目を迎えるのを前に、米国民に「団結」を呼び掛けた。

米社会の分断が深まる中、バイデン氏は国民に対し「団結こそ永遠に壊してはならない。われわれを米国人たらしめるものだ。最大の強みだ」と訴えた。

ツイッターで追悼のビデオメッセージを公表した。6分に及んだメッセージで「90を超える国々の2977人が2001年9月11日に亡くなった。一人一人の家族へ、そして負傷した多くの人々へ、米国と世界が、あなたと、あなたの愛する人のために追悼する」と語り掛けた。

9.11 は、今後も米国に深い傷を残してゆくだろう。
9.11 捏造テロ 20年目の真実

 

おまけ

まとめ

菅首相は、途中で投げ出したのではなく 任期満了を迎えただけである。
マスコミは、意図的に無責任のイメージを植え付けようとしています。

ワクチンは、当初「日本のように感染っしゃが少ないところは後回し」ということになっていました。
そこで前首相は、米国とコンタクトをとりファイザーと契約してワクチンを持ってきました。
65歳以上の人にファイザーのワクチンを打たせることができたのは、その成果である。

その後を受け継いだ菅首相は、コロナ禍のなかで「外国資本による安全保障上重要な土地の買収の問題」など大きな課題を達成している。

そもそも世界中でコロナ禍を抑えることはできていない。できているところは、強権発動して鎖国状態にしているだけである。
※あるいは、隠蔽している。

もし、自民党以外だったら 外交に無能な立憲民主党は、ワクチンなど入手できずもっと死傷者が増えていたことであろうし、ロックダウンして経済崩壊していただろう。

もしかしたら、効果がまったくない 中国のワクチンを打たされていたかも知れない。
ZEROコロナとか言っていますが、それを達成するために経済を完全ストップさせる政策などバカとしか言えない。
そんなことをしたら日本は消滅することを考えてほしいし失業者が大量に出てくるだろう。

ZEROコロナではなく共存するしか方法はない。

もう総白痴化に近い状況だから何を言っても通じない
文章も動画もまともに読めない・見れない人が大半で、誰かが切り出した物でしか内容を確認できない
内容といってもどんな単語が使われたか、どんなシーンがあったかくらいしか理解できない
あとは誰かの感想にのっかってヒステリックに叫ぶだけ
一番やりたいのは誰かを叩くことだからその理由なんてたいして重要じゃない

多くの人は、テレビから流されるバカなタレントの話を信じているし政治など興味もない。
愚民化政策とはよく言ったものである。

バカなニュースに流されるのではなく自分の頭で考えるようにしよう

今週は、どんなニュースが出てくるか楽しみです。

日曜のひととき お付き合い頂き ありがとうございました。

では、また来週

https://news.yahoo.co.jp/
ネタ元:Yahoo!NEWS

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-

Copyright© インドからミルクティー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。