日本のニュースに出てこないニュース

オリンピック中止の外堀は埋められている。 東京五輪代替試合の意見が出てきた。

AKIRA(6) (KCデラックス)

オリンピック中止の外堀は埋められている。開催と言っているのは、IOCの会長と日本政府ぐらいか?

個人的に楽しみにしていた007の最新作
「007/No Time to Die」
2020年4月 → 2020年11月 → 2021年4月 とこれまでに2度公開を延期
そして、今回 2021年10月8日と3回目の延期が決定

世界中の人が一つの都市に集まるイベントより たかが映画 それも映画館に人が集まるだけなのに延期です。

それなのに「オリンピックは絶対にやる」なんていっています。

一方、海外のメディアでは、「中止」という声が次々と出てきました。

最新の情報によると
豪米ともに「東京五輪代替試合」に名乗り…各国競技連盟が中止を想定
と代替開催の声が出ている。

スポンサーリンク

世界中の意見

豪米ともに「東京五輪代替試合」に名乗り…各国競技連盟が中止を想定

 ロイター通信は「プランBに注目」と、見出しを打った。

オーストラリア水泳連盟は「競泳の代替大会」の開催を検討。同連盟のキーレン・パーキンス会長が地元紙などに「五輪のために長い間、準備や努力してきたアスリートたちに、自身を試すための最良の機会を用意する必要がある」と語ったのだ。

東京五輪中止を前提とした「プランB」を想定するのはオーストラリアだけではない。米フロリダ州の財務最高責任者であるジミー・パトロニス氏は22日、自身のツイッターで国際オリンピック委員会(IOC)に向けて「フロリダ州を世界クラスのアスリートが金メダルを競う場所として検討してくれ」と投稿。25日には五輪開催地を同州に変更を求める声明文を公開している。

また、昨年8月には五輪競技の花形である陸上競技も代替大会開催を示唆している。世界陸連会長のセバスチャン・コー氏はBBCのラジオ番組で、21年の東京五輪開催は「確実性がない」とし、「別のタイプの大会創設について、既存の枠組みにとらわれず考えるべきかもしれない」と語っていた。コー氏はIOC委員でもあり次期IOC会長候補といわれる人物。

フロリダ州のように五輪をそのまま誘致しようとするケースは稀だとしても、1競技単位で代替大会に名乗りを上げる国や地域は間違いなく続出するだろう。コロナ禍での五輪開催が困難な理由のひとつに、選手だけでも1万人超が1都市に集うことが挙げられているが、競技ごとならば開催のハードルは大きく下がるからだ。例えば、ハンドボールの世界選手権はエジプトで開催中だし、サッカーのクラブW杯は2月にカタールで行われる予定だ。

東京五輪では33競技339種目が実施される予定だが、各国の競技連盟も今夏の東京五輪開催には懐疑的になりはじめている。

ディック・パウンド氏
「(開催の)確証はない」

ブルームバーグ
「第二次大戦依頼、最初の中止となる異可能性がある」
「NHKの世論調査では、開催支持が16%しかなかった」

ニューヨーク・タイムズ
「見通しは暗い」
「東京オリンピックはの計画は、不確実になっている」
「ワクチンに関しても人類の多くは、この夏までに接種が受けられない状況」

英国 ガーディアン
「人々がオリンピックの夢を放棄する準備ができているようにみえる」

アルジェジーラでこのような対談番組が組まれていました。

延期された東京オリンピックが開催されるかどうかについての新たな質問。

昨年東京オリンピックが延期されたとき、主催者はCOVID-19に対する勝利の象徴として今年の夏に東京オリンピックを開催することを約束しました。

しかし、コロナウイルスの症例が増加しているため、最近の世論調査では、日本人の80%が大会の進行を望んでいないことが示されています。

一方、日本政府は、世界最大のスポーツイベントの中止を検討しているという報告を拒否しました。

公衆衛生上の懸念にもかかわらず、世界中のいくつかのスポーツイベントが再開されました。それでは、パンデミックが制御されていないときにそれらを保持する必要がありますか?

さらにIOCのトップはこんなことを言っています。

マスコミでは言わないIOC会長の言葉

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は27日、新型コロナウイルスの感染拡大で懐疑論が広がる今夏の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックに向け、中止や再延期を否定したうえで「コロナ対策の具体的な内容を決めるのは時期尚早だ。どんな対策を講じるかの情報は、どうか辛抱して待ってほしい」と日本国民や選手ら、すべての関係者に理解を求めた。今年初のIOC理事会後の記者会見で述べた。

朝日新聞の23、24日の世論調査では、「再延期」が昨年12月から18ポイント増えて51%、「今夏の開催」は19ポイント減って11%になった。バッハ会長は「我々の任務は大会の開催で中止ではない。中止や再延期の臆測は一切否定する」と強調した。そのうえで「一人の人間としては、開催を懸念しイメージできない気持ちも分かる。ただ、『できるか』ではなく『どう開催するか』を考えられる理由がいくつもある。日本政府とIOCは先を見据えて動いている」と話した。

朝日新聞 2021年1月28日 4時25分
https://www.asahi.com/articles/ASP1X1DBMP1WUHBI034.html

はい、日本人に

辛抱して待ってほしい

と言っている。

いえいえ
オリンピックより、新型コロナの一掃を辛抱して待つ
という人が、ほとんどでしょう。

また、橋本聖子五輪相は、参議院 予算委員会でこのような発言をしている。

今夏に延期された東京五輪・パラリンピックまで残すところあと半年。未だ終息の兆しが見えないコロナ禍で開催も危ぶまれるなか、橋本聖子五輪相(56)の発言が非難を浴びている。

26日に行われた衆議院予算委員会でのこと。立憲民主党の辻元清美議員(60)が予算に「Go To」事業の計上中止し、医療拡充に回すことなど政府のコロナ対策を追及。その流れで、橋本大臣は東京五輪の開催に必要な医療スタッフについて「1人5日間程度の勤務をお願いすることを前提に、大会期間中1万人程度の方に依頼をして医療スタッフ確保を図っている」と答弁した。

いっぽうで橋本大臣は連日、医療従事者が新型コロナウイルス対応に追われている状況から「地域医療に支障が生じてしまってはいけない」とも述べ、「大会に協力する医療機関の負担軽減の検討も含め、準備を進める」とも語っていた。

勘弁してください。
日本の政治と官公庁と医師会の歪んだ思惑のために
医療現場が切迫しているというのに

「たかが、世界運動会のために 重要な医療従事者をさらに厳しい状態にしてよいものか?」

さらに
「世界中から日本へ、日本から世界へ 新たなウィルスをばらまく可能性もあるというのに」

もう、オリンピックは、とっくに終わっているのだと言うことと思っている。

スポンサーもダンマリ、家電業界もいつものように騒がない

もし、オリンピックを開催するとしたら、あの広告会社が事実上のリストラをするのでしょうか?
自社ビルまで売るという状態になるでしょうか?

無能な日本政府

五輪「無観客」も容認 政府、中止回避を最優先

 政府は、今夏の東京五輪・パラリンピックについて、大会組織委員会や東京都が無観客での開催を決断した場合、容認する方針だ。新型コロナウイルス感染拡大で開催に懐疑的な見方が広がる中、大会中止を避けることを最優先する。
安保・環境で連携確認 逆風五輪、話題に上らず―日米首脳が電話会談

「(無観客は)基本的にしたくないが、それも考えないとシミュレーションにならない」。組織委の森喜朗会長が28日、無観客での開催も選択肢としていることを記者団に明かすと、加藤勝信官房長官は翌29日の記者会見で「いろいろなケースを想定してやっている」と足並みをそろえた。
政府は、東京五輪を経済再生の起爆剤と位置付け、これまで観客の受け入れを前提に準備を進めてきた。菅義偉首相は昨年11月、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談した際、こうした決意を伝達。政府高官も「無観客はない」と再三強調していた。
ところが、国内の新型コロナの感染状況は昨年末以降、急速に悪化。今月7日に緊急事態宣言が再発令されると、海外メディアなどで東京五輪の中止論が相次ぐなど、国内外を問わず大会実現への不安が広がっている。
こうした状況を踏まえ、政府は無観客もやむを得ないとの判断に傾きつつある。政府高官は「決めるのは組織委と都だ。国がいろいろ支援することはある」と、観客の有無にこだわらない姿勢を示す。
その一方で、開催自体は譲らない構えだ。首相は29日、世界経済フォーラムのオンライン会合で、東京五輪を「新型コロナに打ち勝った証し」とする考えを改めて強調。中止の判断は、政府の新型コロナ対策の「失敗」を認めることになり、是が非でも避けたいのが本音だ。
政府は、感染阻止の「切り札」と期待するワクチン接種について、まず医療従事者を対象に2月下旬から始める方針。全国民に行き渡る時期は不透明だが、閣僚の一人は「ワクチンなしでも五輪を行う」と明言した。

わざと素地率を落とそうとしか考えられない 馬鹿な政党としか思えない。

野党も「オリンピック反対」と声高に言ったほうがいいいのに言わない。

馬鹿な老人のために税金が使われ、国民の健康を損ねかねない。

国民の健康と命が最重要なので 状況をみて検討する

となぜ言えないのか?
いろいろと事情があるだろうけれど、自民党は、マジで負けるよ!

カネとメンツに目がくらんだ老人達を政治の世界から 引きずり落としたほうがよい。

まとめ

おえらいさんは、

そんなことを言っていても オリンピックがはじまれば、みんな熱狂するくせに

と考えているのだろうが、それは、老人の妄想に過ぎない。

テレビなど過去のものとなった社会で オリンピックは過去のもの となっている。

さぁ オリンピックはできるのでしょうか?

自分たちが感動を与えたい

などという思い上がったアスリート3兆円もかかった運動会を開く必要があるんでしょうか?
よく考えてもらいたい

世界のマスコミは、「開催不可能」という 報道が多くなりました。
それを受けて「邁進する」なんて言っている 老人たちが哀れでならない。

頑張ってきた アスリートが可愛そうだ

というスポーツニュースの前で

頑張っているのは、アスリートだけではない

と呟いている人が多いはずだ。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-,

Copyright© インドからミルクティー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。