日本のニュースに出てこないニュース

新型コロナウィルス感染症は、2020年末までに190万人の死者がでると予測 ワシントン大学

新型コロナウイルスを制圧する ウイルス学教授が説く、その「正体」 (文春e-book)

日本では、終わった感のある新型コロナウィルスが(COVID-19)ですが、世界では、かなりやばい状況と危険な予測が出ている。

今回の日本のニュースに出てこないニュースでは、
新型コロナウィルス感染症は、190万人の死者がでると予測 ワシントン大学
と題して、海外の状況を調べてみました。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

2020年9月5日最新情報

インドが400万件のウイルス症例を記録的な急増で横切る

インドのコロナウイルス感染件数は400万件を超え、過去最高を記録し、米国およびブラジルに次ぐ世界第3位となる。

首都ニューデリー、大きな州のマハラシュトラ州とカルナータカ州を含む全国で増加
COVID-19によるインドの死者数は、土曜日(2020年9月5日)に1,000人以上増加して69,561人になりました。

ブラジルのテクパー社が2021年初頭にロシアのCOVID-19ワクチンをテスト

ロシアのスプートニクVコロナウイルスワクチンを製造する契約に署名したブラジルのパラナ州の技術研究所は、来年の初めにブラジルで10,000人のボランティアを対象にフェーズIII試験を実施する予定であると語った。

ドイツで確認されたウイルス症例は1,378人増加

コロナウイルスの症例数は1,378人増加、感染症に関する研究所であるRobert Koch Institute(RKI)のデータより

RKIのデータによると、国内の総症例数は現在248,997人になった。

インドが400万件を越えたため3番目に多い感染者数となる

インドのコロナウイルスの症例は土曜日に400万人を超え、一日の感染者数では、米国、ブラジルより多くなった。
ブラジルの感染者数の合計に近づいています。

過去24時間に感染者数は、86,432件で感染者数の合計は4,023,179件になりました。
保健省はまた、合計で69,561人の1,089人の死者を報告

ジョンズホプキンス大学によると、ブラジルでは4,091,801人の感染が確認され、米国では6,200,186人が感染

韓国は3週間で最少数の症例となる。

2020年9月4日のに168の新しいコロナウイルス症例を記録、感染の第2の波を封じ込めるために厳しい社会的距離ルールを実施いたことにより、減少のを記録しました。

韓国疾病予防管理センターが発表したデータによれば、総症例数は21,010人に増加、333人が死亡

韓国の毎日の集計は、先週後半の441をピークに、過去3日間で200を下回ってきました。

メキシコ州の死亡診断書が不足

コロナウイルスのパンデミックにより、いくつかの州の政府が死亡診断書を使い果たしました。

当局は、金曜日(2020年9月4日)、少なくとも3つの州、バハカリフォルニア、メキシコ州、メキシコシティで死亡診断書が不足

当局は、100万の新しいフォームが印刷し、配布を開始。
過去に改ざんが問題となっていたため、証明書は特殊な特性で印刷されています。

クック諸島のリーダーがCOVID-19で死去

ニュージーランドの保健省によると、クック諸島の元首相であるジョセフウィリアムズが、COVID-19が亡くなりました。

ウィリアムズ氏は、ニュージーランドに住む有名な医者であり、政治家であり、作家でもあった。
彼は、南太平洋の国の保健教育大臣を務めた後、1999年に一時的にクック諸島の首相になりました。

「ウィリアムズ博士はクック諸島の医学界の第一人者である」
とニュージーランドの保健局長アシュリー・ブルームフィールドは声明で述べた。

モザンビークが緊急事態を解除

フィリッペニュシ大統領はテレビの演説で、モザンビークは来週、コロナウイルスの蔓延を抑えるために4月に課せられた緊急事態を解除すると発表した。

緊急事態は日曜日(2020年9月6日)の夜に終了し、国は翌日国境を再開すると述べた。ビーチも再開し、最大250人の宗教サービスが許可されます。

ヌシ大統領は、「この病気の蔓延を抑えるために私たちが取った措置に誇りを持っている」と語った。

グローバルモデルで、2020年末までに190万人の死者が予測

ワシントン大学では、冬が北半球に戻ってくるとクラスターが増加すると予測
12月には、毎日、死者が3万人に達すると予想

COVID-19の世界的な死者数は、1月1日までに280万人になり、今から年末までに約190万人増加する可能性があります。

米国で12月上旬にピークに達し、1日あたり約2,900人が死亡すると予測
予測によると、インド、米国、ブラジル、メキシコ、日本が年末までに死亡者数が増加すると予測

日本というキーワードが入っています。

 

まとめ

最近、自分の身近で新型コロナウィルスが発生しました。

自分は、接触がなかったので大丈夫だと思いましたが、しばらく自宅に引きこもりました。
幸い、熱や味覚異常などの症状もなく、自粛期間も終了

しかし、身近に迫ってきていることをはじめて感じました。

日本は、第二波とも呼ばれる感染者数が、減ってきました。
新型コロナウィルスより、熱中症が問題で、さらに大型の台風が近づいています。

この夏は、異常な暑さで新潟は、フェーン現象で40度を超えたと言います。
人は、暑さのために外出を控えているので 自然に三密が回避される傾向があります。

9月には、Go To Eatキャンペーン事業を開始する予定となっています。

日本のマスコミは、悲観的なニュースを意識的にかどうか減らしています。
海外の状況もあまり報道されなくなりました。

マスコミ特に民法テレビは、ワイドショーなどで恐怖を煽りすぎたことで
「スポンサーが減少」するという 自ら自爆気味となったこともあって、自ら報道姿勢を変えたと想像できます。

大きな、変動があったら 世界の状況を報告します。

情報元:アル・ジャジーラ(英語版)

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-, ,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.