日本のニュースに出てこないニュース

新型コロナウィルス(COVID-19)に特効薬なし(今のところは・・・) と WHO

人類vs感染症 新型コロナウイルス 世界はどう闘っているのか

'No silver bullet' for coronavirus, WHO warns

Officials exhort countries 'do it all' to curb the spread of COVID-19 as there might never be a lasting vaccine.

WHOのコメントが、話題になってる。

今回の日本のニュースに出てこないニュースでは、
新型コロナウィルス(COVID-19)に特効薬なし(今のところは・・・) と WHO
と題して、WHOの衝撃的なコメントについて考えてみよう。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

銀の弾丸(特効薬)なし

'No silver bullet' for coronavirus, WHO warns
新型コロナウィルスは、特効薬などは(今の所)ない。

Officials exhort countries 'do it all' to curb the spread of COVID-19 as there might never be a lasting vaccine.
永続的に効果のあるワクチンはないかも知れない。
COVID-19(新型コロナウィルス)の蔓延を抑止するために各国は、「できることすべてをやるように」勧める。

世界保健機関(WHO)は、世界中の国々が、ワクチンを開発するためにが「前例のない方法」で開発を急いでいるにもかかわらず、新型コロナウィルス(COVID-19)
の「silver bullet(特効薬)」は決してないかもしれないと警告しました。

臨床に進んだ3つのワクチン

現在、臨床試験までたどり着いたのは、3つ

  1. 中国の康希諾生物と中国人民解放軍のワクチン
    中国の康希諾生物と中国人民解放軍 軍事科学院軍事医学研究院生物工程研究所が共同開発したワクチンは、第2相試験の段階にまで行っています。
  2. モデルナ社(Moderna) 米国
    米Moderna社は2020年7月14日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するmRNAワクチンmRNA-1273について、第1相臨床試験の中間解析の結果を著名な医学雑誌であるNEJM誌のオンライン版に報告米国立衛生研究所と共同で、COVID-19ワクチンの3万人規模の臨床試験を実施すると発表
    対象地域は、米国30の州とワシントンDCにある89地域において、推定3万人の協力者を対象
    2020年3月16日、COVID-19ワクチン候補の第1相臨床試験において、レベッカ・シラル氏に投与を行う薬剤師のマイケル・ウィッテ氏。シアトルにあるカイザー・パーマネンテ・ワシントン健康研究所は、第1相臨床試験に参加している3施設のうちのひとつで、シラル氏は同研究所でワクチン投与を受ける被験者としては3人目。(PHOTOGRAPH BY TED S. WARREN, AP PHOTO)
  3. イノビオ・ファーマシューティカルズ(Inovio Pharmaceuticals) 米国
    [30日 ロイター] - 米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>は30日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、サルを使った実験で接種から13週間経過した後も免疫効果が維持されたことを確認したと明らかにした。

と明るく希望のみえる記事も出てきていますが、WHOは悲観的だ。

悲観的なWHO

「しかし、現時点では特効薬はありません-決してないかもしれません」

「効果のあるワクチンがないかもしれない、またはその予防が数か月しかできないという懸念があります。しかし、臨床試験が完了するまではわかりません。」

いろいろと物議を醸してきた、テドロス氏は、このようにコメントしている。

WHOは、政府と市民にマスク着用、社会的距離、手洗い、検査などの健康対策を厳格に実施するように勧めるだけでした。

WHOの非常事態責任者であるマイクライアン氏は、
「道は長く、持続的な取り組みが必要である」

道は遠く長い

ワクチンの開発が、半年程度でここまで開発されていることも驚くべきことですが、そのワクチンが有効かどうかは、臨床試験の結果待ちになっている。

インフルエンザと違い、夏になっても湿気があっても感染力が衰えないウィルスは、あまり聴いたことがない。

しかも、半年もしないうちに世界中に広がり、死者が増え、未だに収束する気配もない。

ロシアで臨床試験が行われたというニュースをが流れていましたが、その危険性についていろいろと言われているらしい。

まとめ

88か国で1,800万人以上の感染者が確認され、70万人近くの人が亡くなっている。

経済は停止し、国々は、国境を閉鎖、人は家に閉じこもり「じっと耐えるしかない」

一度は、収まったと思えた日本も緊急事態宣言のときよりも感染者が増え続けている。
欧州も収束するんじゃないのか? と思えたところで再び感染者が増加しようとしている。

アフターコロナどころか、しばらくは、ウィズコロナで共存するしかなさそうです。

アフターコロナではなく、ウィズコロナの世界で何が

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.