日本のニュースに出てこないニュース

第二波が、やってきたのか? 中国北京で市内の一部を封鎖

呼吸器内科医が解説! 新型コロナウイルス感染症 — COVID-19 —

新型コロナウィルスのニュースが減ってきました。
街には、人が増え始め、日常が戻りつつあります。

一方、中国では、ちょっとやばそうなニュースが出始めました。

今回の日本のニュースに出てこないニュースでは、
第二波が、やってきたのか? 中国北京で市内の一部を封鎖
と題して、第一波も収まっていないのに第二波の兆候が出てきたのかどうか?
世界の新型コロナウィルス関連のニュースを探ってみました。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

中国 クラスタが原因で北京の一部がシャットダウン

Parts of Beijing shut down due to COVID-19 clusters: Live updates

COVID-19クラスタが原因で北京の一部がシャットダウン

アルジャジーラより報道されています。

北京の当局は、6つの国内コロナウイルスの新たな症例が報告された後、市内の一部を封鎖しました。

シンファディ市場

中国政府は、北京の台所とも言われるXinfad卸売市場で検査を実施
517人の検査数で45人が陽性反応を示しました。

Xinfadiを閉鎖、消毒とサンプル収集のために患者の1人が訪れた別のシーフードマーケットも閉鎖

 

陽性反応の人は、何れも症状が出ていない。

また、北京の11の地区で封鎖を実施することを発表
軍警察が封鎖を行い、交通機関、学校が閉鎖されました。

一部再開されつつ合ったスポーツは、全面中止、公共施設も閉鎖をはじめました。

これが、第二波となるかどうかは、発表もされていない。

ファイルの写真:フェイスマスクを身に着けている顧客は国が北京で新しいコロナウイルス病(COVID-19)の発生に見舞われるとして、Xinfadi卸売市場で豚肉を購入します。

2020年2月19日のXinfadi卸売市場の様子

イタリア、ドイツ、フランス、オランダがアストラゼネカとワクチン契約を締結

イタリアの厚生大臣は、イタリア、ドイツ、フランス、オランダは、アストラゼネカとヨーロッパ市民にコロナウイルスに対するワクチンを供給する契約を結んでいると述べた。

契約は4億回分のワクチンで、オックスフォード大学で開発され、実験段階はすでに進んでおり、秋には、接種ができるかどうか?

EUでは、ワクチンの事前購入の交渉をはじめようとしょています。
ただし、購入する資金があるかどうか明確にしていない。

22,000人を超えるファンがニュージーランドラグビーの試合観戦

ニュージーランドは、新型コロナウィルスの封鎖に成功されたと言われています。

ニュージーランドラクビーに22,000人以上人がラグビー観戦をしました。

マスクや、ソーシャルディスタンスもなく、ハイタッチなども普通に行われています。

ニュージーランドでは22日間に新たな感染は記録されていない。

スーパーラグビーアオテアロアRd 1-ハイランダーズvチーフス

3か月前にコロナウイルスのパンデミックでプロラグビーの試合が中断された

カタールが1,828件の新規症例を報告

カタールの公衆衛生省によると、土曜日に24時間で1,828人がウイルスに感染し、国全体で78,416人に達した。

現在、中東、アフリカで感染が広がっています。

インドが30万件の感染者を超える

30万件という感染者数超えました。
シンガタコロナウイルス感染症は、毎日記録的に急増しています。

インド埋葬5

インドは土曜日に386人の死亡を報告し、死者の数を最大8,884人にした[Sheikh Saaliq / AP]

パキスタンは記録的な症例数が報告

パキスタンは、2,551人の死亡を含む合計132,405件の症例を確認

パキスタンコロナウイルスの封鎖

パキスタンは国の経済を救うことが必要であると言って制限を緩和しました[Akhtar Soomro /ロイター]

政府は、3月に国中を封鎖しましたが、経済を回すために、徐々に記載緩和
その後、感染者数が増加しています。

アフリカ全土で感染者が確認

アフリカ大陸のすべての国で新型コロナウィルスの感染者が確認されました。

アフリカ疾病予防管理センターによると、225,105件の感染が確認、102,846件が回復、死亡者数は、6,040人と発表されています。

ロシアは8,700以上の新しい感染者を確認

ロシアは8,706の新しいコロナウイルス症例を報告、累積感染数は520,129に達しました。

過去24時間に114人がウイルスで死亡し、公式の全国死者数は6,829人に達している。

まとめ

日本では、封鎖に成功したといわれるぐらい感染者の数が減っています。

東京は、ここ一週間、少しずつ増え始めています。
テレワークという予期せぬ新しい働き方ももとに戻ってしまうでしょう。

一方、世界を見ると感染者は増え続け、特にアフリカは、サバクトビバッタの襲来もありかなり追い込まれているようです。

国連は、各国に支援を求めていますが、いまは、それどころではなさそうです。

米国を始め、「Black Lives Matter!」(ブラック・ライヴズ・マター)のデモが世界中で発生し、ニュース映像を見る限り、感染者が増えると思われます。

ニュースソース:Aljazeera
https://www.aljazeera.com/

スポンサーリンク

 

 

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-, ,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.