日本のニュースに出てこないニュース

ヒンドゥー教とイスラム教徒の衝突により23人が死亡  インド:デリー

改訂版 インドのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)

新コロナウィルスが世界中で騒がれていますが、インドでは、暴動が発生
23人が犠牲となりました。

いったい何が、暴動のきっかけとなったのか?
海外ニュースをみてみよう

スポンサーリンク

ヒンズー vs イスラム

デリーは暴動で3日連続して暴動が、続いていて、イスラム教徒の家や商店が暴徒に狙われていると報道されています。

デリーのムスタファバードにある部分的に焼けたモスク

モスクが壊されている。

デリー北東部のムジプル、ムスタファバード、ジャフラバード、シブビハールなどのイスラム教徒が多数派の地域に集中して暴動が起きています。

Twitterで惨状が報告されています。

街から対比するイスラム教徒が増えています。

 

その原因は?

インドで近隣3カ国からの不法移民に市民権を与える「インド市民権改正法(CAA)」が施行
その市民権は、イスラム教徒は対象外で、差別的だとする抗議行動が各地で続いている。

CAAは、インドに不法に入国したヒンドゥー教、シーク教、仏教、ジャイナ教、パールシー教、キリスト教の各教徒について、イスラム教徒が多数を占めるパキスタン、バングラデシュ、アフガニスタンのいずれかの出身だと証明できれば、インドの市民権を申請できるとしている。

さらに、これまでは市民権申請には、11年間のインド国内での居住あるいは労働が条件だったが、6年間に短縮された。

一方で、インド出身で外国の市民権を持つ人に無期限の居住や労働を認める、海外インド市民権(OCI)保持者は、重犯罪あるいは軽犯罪、または法律に違反した場合、OCI資格を失う可能性があるとしている。

BBC NEWS JAPANより

詳しくは、以前のブログで書いたので参考にしてください。

イギリスからの独立を指導したガンディーは敬虔なヒンドゥー教徒であったが、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の融和を唱えたため、1948年に狂信的なヒンドゥー主義者によって暗殺された[

イギリスからの独立直後から現在まで、カシュミール地方の帰属をめぐって1947年から1971年までの間に3回に及ぶ印パ戦争が起こるなど、インドとパキスタンの険悪な状態は続いている。またインド国内でのイスラム過激派によるテロや、ヒンドゥー至上主義者による暴動やテロ、他宗派への嫌がらせなどが頻発している。

ウィキペディアより

はぼぞうの一言

これまでもインドでは、ヒンズー教とイスラム教の間で衝突が起きている。

このような暴動が起きている中で、トランプ大統領が訪問したわけですが、収まる気配もない。

日本でも宗教に関わる虐殺などがあったわけで、他人事ではないのですが、今の日本は、無宗教化というより TPOによって切り分けるなんてことが日常で起きている。

日本人以外の多くの国は、??? なんだろうけれど、共存共栄していることに 不思議とも感じない。

一方世界のあちこちで宗教に関する争いが起きている。
宗教は、人々の心にやすらぎを与えるものではなかったのか?

憎しみの連鎖は止まらない。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.