日本のニュースに出てこないニュース

米大統領選挙 ネバタ州でサンダース候補が優勢 スーパーチューズデーまであと一週間

バーニー・サンダース自伝

ネバタ州でサンダース候補が優勢となった。

左寄りのサンダース候補が民主党の代表となるかどうか?
まだ、道のりは長いけど、共産党アレルギーの米国は、このまま左寄りになるのだろうか?
もし、そうなった場合、米国の国力が落ちることを心配している人が多い。

スポンサーリンク

ネバダ州結果

44.6% バーニー・サンダース
19.5% ジョー・バイデン
15.6% ピート・ブティジェッジ
11.8% エリザベス・ウォーレン
4.3% エイミー・クロブチャー

と発表されている。

事実上の勝利宣言である。

バーニー・サンダース

左よりの候補

サンダース候補は、

格差の拡大を批判、国民皆保険、公立大学の無償化を宣言している。

なにやら、どこかの国でも同じような政党が政権をとって実現できなかったことを思い出す。

心地よい言葉は、人気を得ますが、実現できるかどうかはわからない。

また、トランプ大統領を快く思っていない、他国にとってサンダース議員は、米国の国力を弱体化させるので願ってもない候補者と考えているであろう。

ネバタ州では、ヒスパニック系などマイノリティー層が多いのも事実です。

はぼぞうの一言

ブルームバーグ候補は、来週のスーパーチューズデーから参戦です。

極端な左寄りでもないし、金融系でも顔が利くブルームバーグの人気は、どうなのか?

「蓋を開けてみなければわからない」

感覚的には、共産主義の大統領は嫌われるとおもうんだけどな

いよいよ、大統領選挙がヒートアップしてきました。

スポンサーリンク

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.