日本のニュースに出てこないニュース

米国大統領選挙 ニューハンプシャー州でバーニー・サンダース勝利 でもブティジェッジ のほうが勢いがあるんじゃないのか?

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)

ニューハンプシャー州でバーニー・サンダース候補が勝利した。

【2月12日 AFP】(更新、写真追加)11月に行われる米大統領選の民主党候補指名争い第2戦となったニューハンプシャー州予備選が11日投開票され、左派のバーニー・サンダース(Bernie Sanders)上院議員(78)が勝利した。2位は穏健派のピート・ブティジェッジ(Pete Buttigieg)氏で、同選挙戦における両氏のリードが明確になっている。

 サンダース氏とブティジェッジ氏の得票率はそれぞれ26%と24%。エーミー・クロブシャー(Amy Klobuchar)上院議員は3位につけた。

AFP

スポンサーリンク

ニューハンプシャー州

アイオワ州とは異なり、ニューハンプシャー州は伝統的な予備選挙で、アイオワ州とは違い、すぐに結果がわかった。

どちらの州も大部分が農村部で白人であり、民主党支持者が多いとは言えない。
注目すべきは、

左寄りのバーニー・サンダース(Bernie Sanders)上院議員 26%
穏健派のピート・ブティジェッジ(Pete Buttigieg)は、 24%

かなりの接近であった。

サンダースは、2020年2月11日にニューハンプシャー州マンチェスターで行われる初日の夜のイベントで配偶者のジェーンO'メアラサンダースの手を握ります。

それでもバーニー・サンダース(Bernie Sanders)は、大喜び

でもピート・ブティジェッジ(Pete Buttigieg)と たったの2%しか差がなかった。

第三の候補急浮上

これは、ノーマークだった。
エーミー・クロブシャー(Amy Klobuchar)上院議員 19.8%で3位浮上

ニューハンプシャー州のエイミー・クロブチャー

前副大統領のジョー・バイデンは8.4%と大きく後退

はぼぞうの一言

バーニー・サンダース(Bernie Sanders)は、歳を取りすぎている。
大統領が、80歳近いというのは、激務に耐えられないかも知れない。

さらに、左寄りの社会主義者
金持ちと企業にに莫大な税金をかけようとしている。
ウォール街から どう判断されるであろうか?

ピート・ブティジェッジ(Pete Buttigieg)は、若いけど、同性愛者だ。
キリスト教の国民、教会関係者の票がどう動くのか予測ができない。

どの候補も弱点を抱えている。

もしかしたら、もうひとりの男が急浮上するかも知れない。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.