日本のニュースに出てこないニュース

香港は、クリスマスも関係なくデモが続く

クリスマスを迎えた香港

香港の指導者キャリー・ラムは、多くの住民と観光客がクリスマスのお祝いを
「無謀で利己的な暴徒のグループによって台無しにされた」
とコメントしている。

ここからデモが始まった

香港の行政トップである林鄭月娥(キャリー・ラム、Carrie Lam)長官は高まる圧力を受けて15日、市民感情について判断を誤ったとして「逃亡犯条例」改正の延期を発表

デモは、ますます大きくなり、香港政府が延期を発表しても改正をやめるまで収まる様子がない。

香港当局は、徹底したデモへの圧力を続けている。

法案は撤回されたのだが

抗議は6月に始まり、中国本土への容疑者の引き渡しを許可する法案に焦点を当てた。
法案は後に撤回されたが、デモは警察の残虐行為と民主的改革の調査を要求するより広範な運動に発展

中国政府は、表立っては介入していない。

天安門事件のようにしてはならない

1989年6月4日の天安門事件のようなことになれば、当時と違い、世界中にその状況が報道されてしまうのを恐れているのだろう。
今度、同じような事件が起きれば、経済制裁も強まることは間違いない。

ただでさえ ウイグル問題で欧米では、抗議活動がはじまっているのに これ以上は、内政干渉というのも厳しくなるはずである。

香港当局とすれば、市民がデモに対して「支援されなくなる」ことを望んでいるはずです。
抗議活動は、過激になり、警察当局も厳しく対応を始めている。

抗議者は、警察が催涙ガスを発射した後、香港のヨルダン地区での抗議行動で傍観者を解散させた後、2019年12月25日に反応する

クリスマスというのに

クリスマスの日もデモが続いている。

デモ参加者らは、民主的自由の拡大と警察の責任追及を実現するための手段として経済に混乱を生じさせようとしており、香港各地のショッピングセンターが抗議運動の場となっている。インターネット上では、クリスマスや新年に商業地区を狙った突発的なデモ実施が呼び掛けられていた。
https://www.afpbb.com/articles/-/3261101?cx_part=latest
AFP

デモ活動も長期に渡ると、観光、商業など影響が出るために支持が減る可能性もあります。

香港当局は、抗議活動に対して、無理強いせず、沈静化を狙っていると思うけど、予想以上に長引くデモは、いつまで続くのだろうか?

決着は、年明けまで解決しなさそうである。

 

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.