ミャンマーの休日

その28 マンダレーの高級ホテルでお昼寝


お昼ご飯ですっかりくつろいでしまった我々は一路ホテルに向かう。
今日のホテルは「ノボテル・マンダレー」(Novotel Mandalay) ここマンダレーで一番の高級ホテルだそうである。

自動車は、お堀のような所を北に向かう。 
「ここは昔 最後の王朝があったところです。 左に見えるのは旧王宮後です今は軍関係者が使用しています。」
マンダレーは京都のように碁盤の目のような道路になっています。
まっすぐお堀のようなところを行くとやや左手に山が見えてくる。
マンダレー・ヒルだろうな と思っていたらやはり そうであった。
「ノボテル・マンダレー」は、そのマンダレー・ヒルの麓に建っていた。
「ずいぶん立派なホテルだなぁ」

この後少し休憩を取って(つまりお昼寝)その後、再び観光を行う予定になりました。 
とにかく 日中のミャンマーは暑い!
ホテルは、閑散としていた。 
従業員もフロントに数人、店も電気が消えている。
「お客さんがいないみたいだね」
後で添乗員の高橋さんに聞いたところ お客は我々も含めて20人もいなかったらしい。 
この季節は観光客はあまりこないらしい。 
そりゃそうだよな こんなに暑いんだもんな。
薄暗い廊下を通り部屋に入る。 
部屋の窓からはマンダレー・ヒルが目の前に見える。

マンダレー・ヒルの頂上付近には展望台らしきものや尖塔が見える。
ホテルの下ではプールを掃除している従業員 とっても涼しそうだ。
と その時 私の鼻から一筋の血が・・・・・
「は 鼻血が・・・」 
ズボンまで血で汚してしまった。
どうも暑さでやられたらしい。 なさけない
昼寝の時間があってよかった。
ここのホテルはパガンと違って「ごーごー」というエアコンではなかった。
2~3時間寝たであろうか 予想以上に頭がスッキリしている。
(シェスタの習慣が暑いところであるのがわかるような気がする)

その27 ビールの時間

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 SKE48 と 森口博子ファンです。 SKE48は、箱推し ですが、チームSの公演好きで卒業された大矢真那さん推しです。

-ミャンマーの休日
-,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.