ミャンマーの休日

その25 1000人のお坊さんの宿坊訪問


「中を見ましょうか?」
セインさんの後をついて2階の部屋にはいる。
少しかび臭いような気がする。
部屋と行っても1フロアーである。
小さなベットとたくさんの本が並んでいる。
「お坊さんはここで寝ています。勉強もここでおこないます。」
難しそうな本が積み上げられている。 
それよりも無断でここに入っていいのだろうか? 
貴重品とか盗む人はいないのだろうか?
我々には欧米化した性悪説が備わっているようだ。
ここは今の日本や欧米にはない純粋な宗教の世界が広がっている。

階段を下りて中庭におりる。 
中庭では食事を出していた人たちが後かたずけをしていた。
「ミャンマーの人はまとまったお金ができるとお布施をするんですよ」
どこかで聞いたような台詞である。 
そうインドでガイドのラジャーンさんも同じようなことを言っていたような気がする。

お坊さん達が入っていった建物をのぞき込む
「うわぁーーー奥が見えない」
広大な広間にお坊さんがギッシリ 静かにご飯を食べている。
「手前の方が偉いお坊さんです」
なるほど手前にいるお坊さんは1段高い場所に座っている。 
ただし食事が白い法衣のお坊さんと同じかどうかは確認できなかった。
黙々と食事が進むお坊さんを後に外に出る。

再び車に乗り込み次の目的地に向かう。
20分ほど走る立派なパゴダが見えてくる。
「次に行くパゴダはマハムニパゴダ(MAHA MUNI PAGODA)と言います。このパゴダは金箔に包まれた仏像があります。頭には大きな宝石が埋め込まれています。 この仏像に金箔を貼っていただきます。 ただし女の人はさわれません」
「えぇーーー」
と奥さんの声! 
まぁ信仰が厚いところではよくある話ではあるが・・・少し可哀想です。
いつものように車から降りるときサンダルを室内に置いてゆく。
軟弱な私にとって石だらけの駐車場は痛かった。それ以上に太陽に熱せられた地面に足を焼かれてゆく。
「あちちち」
と日陰を目指して飛び跳ねる。
なんとか屋根のあるところにたどり着き「ほっ」と一息!
「得度式をやっています」
セインさんの指す方向を見ると たくさんのトラックの荷台に子供が着飾って
パレードのように走っていた。陽気な音楽も聞こえてくる。
「パガンの得度式とは全然違うね」
パガンで見た楽しい音楽隊と違ってここはテープと思われる音楽が流れているだけであった。 
私はパガンの得度式の方が微笑ましくて好きである。

その24 1000人のお坊さん

その26 仏像に金箔貼り

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-ミャンマーの休日
-,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.