インドからミルクティ

【インドからミルクティ】 65杯目 インドの車窓から ムンバイ到着


すでに時刻は午後11:00 出発したのは午後3:00ごろ。
すでに8時間以上列車に乗っている。
たくさんの駅に止まり、たくさんの物売りとたくさんの乞食、たくさんのインド人に囲まれてきました。

スポンサーリンク

疲労ピーク状態

疲労はピークに達し精神的にも疲れています。
窓の外は漆黒の闇!
「いったいどこまで行くのだろうか?」と不安になる。

突然、頭の中を今まで見てきたインドの情景が駆け巡る。

「明日 帰るんだ!!」 辛かったけど楽しいインドも明日でお別れです。
「あと30分ぐらいでボンベイに着きます」

野球帽のラジャーン氏
ラジャーンさんの説明通り、少しすると街のあかりが見えてくる。
すれ違う列車も増えてきた。

もうすぐ12:00と言うのに、たくさんのインド人が載っている。

「いったいどこに行くんだろう?」
「仕事から帰ったり これから仕事にゆくのです」

ムンバイ近し

野球帽のラジャーン氏
列車が縦にバウンドしている。
すでに9時間近く列車に乗っている我々に最後の試練??
説明が遅れましたが、座席は板に少しばかりクッションをつけたものでした。
ラジャーン氏に聞くと二等車だそうです。

ラジャーンさんはガイドが終わった後、家があるデリーまでいつもは列車で22時間ほどかけて帰るそうです。
22時間ってなんて長距離列車

ただし今回は、次のツアーの都合上飛行機でデリーに帰ると言っておりました。
さすがにこの時間になると物売りもきません。
窓からはネオンサインが見えてきます。
ビルも見えてきました。
大都市が近づいてきたことがわかります。
列車はスピードを落とします。
ホームが見えてきました。

ビクトリア・ターミイナス駅(Victoria Terminas R.S)に到着です。
2日前バスから見たクラシックな建物です。
荷物を持ってホームに下り立つ。
でかいホームだな。

でも薄暗い。ずっと揺られていたせいか足下が危ない。
体中バラバラになりそうです。
ホームには荷物が転がっている、と思っていたら毛布から頭が出ている。
暗さに目が慣れてくると、そこらじゅうに毛布にくるまった人がたくさん寝てました。
踏まないように注意をしながら、足早にラジャーンさんの後を着いてゆく。

お元気にいさん

「みなさぁ~~~ん 列車の旅 たのしかったですかぁぁぁぁぁ~」

この声は、「お元気ムンバイ兄ちゃん」が待っていた。
駅前にバスが着けないので、バスまでかなりの距離を疲れた体に鞭打つように歩いた。
怪しい通りを抜け足早に歩いてゆく。

歴史のあるムンバイの街は、夜になるとただ不気味な幽霊館のように見える。
犯罪が多いのもうなずけるような不気味さが漂う。
バスに乗り込む。
「みなさん、もうすこしですから辛抱して下さい!」 
ムンバイ兄ちゃん
「うんうん確かに疲れたけど、客に辛抱しろってなぁに」
すんごく疲れた我々に、とどめの一撃のようなハイテンションの彼であった。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-インドからミルクティ
-, ,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.