インドからミルクティ

63杯目 インドの車窓から なんと素晴らしいトイレ

更新日:


列車はデカン高原を走ってゆく。
窓の外は畑が続いている。
「列車のトイレにヒモが下がっていますけど、引いてはだめです。列車が止まってしまいます」
ラジャーン氏の説明。
間違って列車を止めると、めちゃくちゃ高い罰金を取られるらしい。
トイレはやっぱり油断できない。
トイレに行ってみる。
ドアが堅い。
中に入ると真ん中に穴が開いている。
足を置く足型ができている。
その間にぽっかり開いた穴! その穴から見えるのは流れてゆくインドの大地? 
つまり垂れ流し方式?!
線路が凄いスピードで流れてゆく。
揺れる列車でするのは大変だ! しかもこの列車、かなり揺れる。
半端じゃない! なんとか無事にトイレから脱出して席に戻る。
窓の外はどこまでも続く大平原!
突然、物売りが何人か通り過ぎる。
列車がスピードを緩めたようだ。
とすると彼らは、列車が動いている間に乗り込み、いち早く商売を開始したことになる。
ホームが見えてきた。
さきほどのオーランガバードの駅より、小さい。
物売りが大量にやってくる。
「品のよいおじいさん」は、物売りと何かを交渉しているようだ。
到着した駅名は不明です。
看板らしきものが見えない。当然「車内アナウンス」なんて親切なものはない!
乞食のおじいさんが杖をつきながらやってきた。
目も良く見えないらしいが、なぜか
乗客の位置が解るらしく、座っている一人ひとりに手を出している。
おじいさんに続いて子供、おばさんもやって来る。
おかし、果物、チャイ、コーヒーなどなど、ごちゃごちゃと入り乱れる物売り。
同じツアーの人がバナナを購入。
細かいお金がないので、釣り銭をチップとしてあげようとしたら
「くせになるからおつりは必ず受け取って下さい」
とラジャーン氏の注意
バナナをご馳走になる。
とっても美味しい。
列車が出発しても物売りは降りない。
かなりスピードが上がっても、まだ客と交渉している。
こんなスピードのなか飛び降りて、怪我でもしたらどうするんだろう?
目の見えないらしいおじいさんが、元気よく列車から飛び降りた。
杖をついて?目が見えないのではなかったか?
もう、何が現れても驚かない!

20~30分で次の駅に到着。
ここでホームで不思議なお兄さんを発見!
台車を押して登場。
台車の中にはベビースターラーメンの様なものと、タマネギらしきみじん切りのものが入っている。
客が近づくと彼は、紙(焼き芋屋の袋ような紙)を筒上にしてタマネギ、ベビースターラーメンをその中に入れ、上からライムを搾っ
て、素手で「もにょもにょもにゅ」と混ぜている。
客が帰るとズボンの裾で手を拭いて、タマネギを器用にみじん切りをする。
その「もにょもにゅ」という手付きが、何とも言えない雰囲気を醸し出している。
「あっ ラジャーンさんだ」 
ラジャーンさんが彼のところに行くのがみえた。
どうやら「もにょもにょ」を買ったらしい。
列車が動きだすと、ラジャーン氏がツアーの人にも配り始める。
「これはインドでよく食べるスナックのようなものです」
恐る恐る口に入れる。
タマネギとカレー風味が口に広がる。
「ビールが進みそう」 と思っていたら
「インドでは列車でお酒を飲むことは禁止です」 とラジャーン氏。
「なんでですか?」
「頭がおかしくなるから。他の人に迷惑でしょ」 
なるほど、もっともな話だ。

62杯目 インドの車窓から 飛び降りる物売り達

64杯目 インドの車窓から インド人≠ターバン

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-インドからミルクティ
-, ,

Copyright© インドからミルクティー 大人の遠足の楽しみ方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.