インドからミルクティ

【インドからミルクティ】 59杯目 インドで「ビーフストロガノフ」???

スポンサーリンク

まだまだ続くオーランガバード観光

バスに乗り込み第32石窟を目指す。

ここはこれまで見てきた石窟とは違い「ジャイナ教」の寺院ででした。
「ジャイナ教」は、仏教とほぼ同じ時代に発生した宗教で非常に似ていることで有名です。
ジャイナ教の特徴は、「生き物をなるべく殺さない」ことが大前提になっています。

ありがとうカーンさん

石窟は、先ほど見た「カイラーサナータ寺院」よりかなり小さいが、形態は同じように上から彫っていったようだ。
中に安置してある象はすべて全裸でした。
なんでも生き物を殺さないためだそうです。

「あのね ジャイナ教の人は、信用があるので商売がとってもうまいです」
カーン氏の話によるとジャイナ教の人々は、「うそをつかない」らしく?
約束事は、必ず守ることからビジネスで信頼を得ているということです。

「さて みなさん これで オーランガバードの観光は終わりです。 たのしかったですか? また インドへきてくださいね!」

一同 カーン氏に拍手!!

バスに乗り込みホテルへと戻る。
昼食を食べるためだ。

バスから降りるときカーンさんと握手 大きな手だ!!!!
「ありがとう カーンさん」

インドで牛???

レストランの昼食は、なんと「ビーフストロガノフ」
「えっ 牛は食べないんじゃないの???????」

文字どおり 「?」が頭の中を飛び交っていた。
「本当に牛!」と思って食べてみると、どうやら牛らしい......
でも真実は闇の中 だけど美味しかった。

これで「オーランガバード」の旅が終わります。
ホテルで食べた焼き立てのナン、新年の花火大会、ニューイヤー仮装パーティー、
スティービー・ワンダーに似ていたカーンさん、度肝を抜かれた「カイラーサナータ寺院」などなど。本当に楽しい2日間でした。

今日は、この後列車に乗ってムンバイまで戻ることになるのですが・・・
かなり やばい 列車だったのですが・・・

それは、次回のお話で

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-インドからミルクティ
-, ,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.