インドからミルクティ

【インドからミルクティ】 57杯目 インドビール美味し

インドの青鬼 [ 350ml × 24本 ] クラフトビール IPA インディアペールエール エールビール

スポンサーリンク

刑務所

「あちらの建物はなにかわかりますか? 一度入ると外にでたがらないそうです」
暇そうにしている我々をみてカーン氏が話し掛けてきた。

カーン氏が指さした方向はコウモリが上空を舞っている真下にあった。「学校?」
「あれは 刑務所です。食事もちゃんと出るし」
カーン氏の説明
「日本人も何人か 刑務所に入っていますよ」
ということです。

仮装パーティ

再びバスに乗りホテルに戻る。
今日の夕食は、仮装パーティーになる予定です。
ここまでの旅で購入したサリー、パンジャビー・スーツ、マハラジャ、修行者の格好
で、レストランに集合することになりました。奥さんもベナレスで購入したパンジャビースーツを着込みます。
部屋からでると添乗員の川田さんと出会います。

見事なサリーでしっかり別人に....

「はい!ここで1枚」写真を撮ってロビーに向かう。

ロビーに行くと従業員のインド人が

「ボディ?」 と川田さんに質問する。
「ぼでい????」

川田さんも解らないらしい。

「ぼでぃ? あぁ バース」か

どうやら彼は、彼女の誕生日だと思ったらしい。
ロビーには、マハラジャ(群馬の先生)やサリー姿の女性達が集まってきた。

そして、最後にベナレスで沐浴した修行者がやってくる。仮装したメンバーが揃ったところ
で、ロビーにて写真大会! 東大生姉妹も仮装している。なぜかお父さんはうれしいような、寂しいような、不思議な表情で撮影している。
もしかして、お嬢さん達の未来の結婚式でも頭をよぎったのかな?

こんな我々を、他の宿泊者や従業員達が、興

味深そうにのぞき込む。そのままレストランに向かう。
楽しい食事が始まる。

ビールのお供

「今日の料理はバーベキューです。」 インドビールを注文し楽しく食べる。
ビールの傍らには、薄焼きせんべいのようなものがカゴに入っている。
食べてみると、かなり塩気が強く香辛料も強い。

「なんて素晴らしいビールのお友」

と思った。
特に強い塩気がいい。
暑い太陽の下で歩いたので身体が欲しているのだろう。
香辛料も日本で食べたことのない味と香りである。
これが本当にうまい!!
思わず「テイクアウト OK?」と聞きたくなった。

「これは前菜です」という川田さんの話で少しセーブして食べていたら、なかなか次
が出てこない。不安になったのか、川田さんがウエイターに何か訊ねている。

「え?! みなさん 今のがメインだそうです」
川田さんの声に一同「えっ?!」

結局料理を追加することになった。ビールはうまいし料理も美味しい。
「インドに来て本当によかった」

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-インドからミルクティ
-, ,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.