インドからミルクティ

52杯目 綿とミスター カーン

更新日:


バスに乗り込む。
一番前の席に、太ったスティービーワンダーのような格好のアラブ人らしき男が乗り込んできた。
「いったい こいつは誰!」
「オーランガバードでガイドをしていただく、カーンさんです。河童さんの本に出ている有名ガイドさんです」 
川田さんの説明
注:妹尾河童氏の「河童が覗いたインド」参照
「みなさん こんいちわ カーンといいます」
太ったスティービーワンダーはどうもインド人らしい。
しかし独特なイントネーション
バスは、デカン高原をひた走る。
一面、畑です。
遠くにテーブルマウンテンが見えています。
道は結構広い。
時々村らしき集落が見えます。
牛と人間と鶏とヤギが一緒に生活しているようです。
モスクも所々に見えてきました。
「XXXバード」といういう地名は、「イスラムの人達が集まる場所」
また「XXXスタン」は、「イスラムの人が集まる家」という意味があるそうです。
そう言えば「XXXスタン」が付く国ってけっこうありますね。
「あれ なんだろう」指さす先に、真っ白い山が見えました。
「岩塩かなぁ?」と思っていると
「あれは、綿です」
とカーン氏

バスは、テーブルマウンテンを登ってゆきます。
デカン高原が眼下に見えてきました。
「広いなぁ」この一言が感想です。
なにより、広大な赤茶けた大地には驚いた。
テーブルマウンテンを越えると大きな渓谷が見えてくる。
「この先にアジャンター(カーン氏は「あっじゃんたぁぁ」と言っていた)の洞窟があります」
「このあたり見渡かぎり、日本の宗教団体が持っています。遺跡の保護をしています」
「トラがいます。アジャンターのどうくっつ(洞窟)は虎刈りをしていたイギリス人が見つけました」 。 
バスから見える渓谷は、その巨大な大地を切り裂いていた。

51杯目 インドで迎えた新年

53杯目 アジャンターの石窟

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-インドからミルクティ
-, ,

Copyright© インドからミルクティー 大人の遠足の楽しみ方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.