インドからミルクティ

【インドからミルクティ】 45杯目 ムンバイの中華料理は、ごちそうだった。

NEWメガ盛り中華福袋 10種10パック 【中華料理】食べ物 プレゼント 【おつまみ】【惣菜】【冷凍食品】【無添加】【冷凍真空パック】【調理は湯煎で10分】【京都の自社工場で生産】お惣菜 詰め合わせ 手作り おかず お取り寄せグルメ お弁当 冷凍 レトルト 食品 お試し 内祝 お返し お見舞い 御祝 御礼

ムンバイの観光が続く

スポンサーリンク

南の人

次の観光は、「プリンス・オブ・ウェールズ博物館」です。
博物館が大好きな我々にとっては、楽しみのひとつです。
博物館は、街の中にこんもりとした森のようなところにあった。
入り口の門をくぐると、小学生ぐらいの子供がたくさんいた。
遠足かな?
先生らしき人が回りにいた。
我々日本人が珍しいのだろうか? ニコニコしてこちらを見ている。
カメラを向けるとたくさん集まってくる。

「南の人たちです」

とラジャーン氏

「どうしてわかるのかなぁ?」

と思っていたら。

「顔が違います」とラジャーン氏

と言われても私たちには、さっぱりわからない
博物館は、TAJさんの息子のコレクションが展示してあります。
博物館の中に入るとすぐに

「ここで解散します。自由に観て下さい。2階には有名な精密画があります」
「シャンター」さんは、そう言って立ち去ろうとしていた。
「もう少し説明して下さい」と川田さん
「シャンター」さんは、「シブシブ」と説明を始める。

後で聞いたことですが、ガイドのなかには、博物館の中で説明もせずに終わってしま
う人がいるので、ラジャーンさんから川田さんに忠告があったそうです。
博物館は、それほど興味のあるものがありませんでした。
ただ、日本の浮世絵や焼き物、中国の壷などがたくさんありました。
見学をさっさと切り上げ、日があたるベンチでのんびりとお休み。

「眠いよぉ~~~~~」
「腹減ったぁぁぁ~」

これまでの旅の疲れが出てきたようです。
博物館から歩いて昼食の場所へ。

お昼ごはんは、中華料理

今日のお昼ごはんは「中華料理」です。

「さすが 大都会」

久しぶりの中華料理!
キャベツのキムチ? エビギョウザ、鳥肉のシュウマイ、ゆでエビ、チャーハン、焼きそば、野菜炒めなどなど。
懐かしい味が続きます。

インドビールにアイスクリーム。
豪華豪華!食べなれた味に、一同食べる食べる。
特にエビがとても美味しかった。
「さすがアラビア海」と思う。
アイスクリームも、ちゃんとした店のものなので安心して食べられる。
味が濃くて実にうまい!

カレー味が好きでも、こう毎日続くと飽きてしまいます。
実にナイスタイミングの昼食でした。この後、飛行機で「オーランガバード」に飛ぶだけなので安心して食べられます。

闇の一部分

店の外に出ると「乞食」の子供が我々に近づいてきました。
店の従業員が、その子供に殴りかからんばかりの剣幕と凄い声で怒っています。

「あの子供のポケットに100ルピー入っていたのに」とラジャーン氏が、不思議そ
うな顔をしていました。

「このあたりは麻薬が広まっています。夜は物騒なのであまり出歩かないで下さい」
ラジャーン氏の説明にあらためて都会のインドを感じた。

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-インドからミルクティ
-, , ,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.