インドからミルクティ

【インドからミルクティ】 35杯目 像使いは、両替屋

象は、のんびりと坂道を下って行きます。

スポンサーリンク

像の毛は、針金

すれ違いに登ってくる象の中には「おやつ」のサトウキビを「むしゃむしゃ」しているのもいます。
2階のベランダくらいの高さの所を、直径1cmくらいの鉄棒で囲い、そこに4人も人が乗っている(相撲の升席みたいなもん)。
しかも、道は下り坂。
おまけに象は、ゆさゆさ歩くので、揺れる揺れる!
象の頭の毛を触ってみる。

イメージ

「これは・・・針金?」

めちゃくちゃ固い毛が生えている。
やっと象に慣れてきたころ、

像使いは、両替屋

「今、1ドル何ルピーか?」

象使いのおやじが聞いてきた。

「そうね、1ドル120円として1円が3.5ルピー...」

などと計算していたら

「両替してやるよ」

と話し掛けてきた。

「いらない、いらない」

と素っ気無い態度を示したら、
なにやら「ゴソゴソ」と取り出してきた。

「これ、買え」と言っているらしい。
彼が差し出したのは、象使いが持っている調教棒のレプリカである。
鎌のような形をしているこの棒で象を操っている。

「いらんいらん」

と言うと不機嫌そうな顔をしたので、

「まずいなぁ、象を暴れさせたらどうしよう」

像も何か買えとばかり、鼻水「プシャァ」
坂道の中腹あたりで、象の高さに合わせて土産物屋がならんでいる。
当然、象使いはそこに象を寄せてしばらくジットしています。
こちらとしては、買う気がないので無視してしまいました。
やがて下に到着!

象使いにチップの5ルピーを渡して象の駐象場に降ります。

すかさず物売りが集まってきました。

インドに行かれたらぜひ、象のタクシーに乗って見てください。
その時は、彼らに少し何か買ってあげたほうがいいかも

【インドからミルクティ】 36杯目 踏んでしまったジャイプール

アンベール城を後にしてジャイプールの街に戻る。 スポンサーリンク 宝石の街 戻る途中にインド唯一の国営の宝石店に立ち寄る。 「お腹が空いたよぉ~ お土産屋なんて」 などという声は、店内に入った後の女性 ...

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-インドからミルクティ
-, ,

Copyright© インドからミルクティー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.