インドからミルクティ

31杯目 コブラvsマングースはいつ始まるの?

投稿日:

怪しい「コブラ人形売り」の魔の手から逃れるようにバスに乗り込む。
さすがの彼らもバスの中までは入ってこれない。
窓を叩くことがあっても、決して中に乗り込めないのだ。
時々ラジャーンさんに直接交渉して、ラジャーンさん経由で我々に商品の斡旋を頼む物売りもいる。

バスは「アンベール城」を目指す。
約40分ぐらいすると景色が一遍する。
大きな湖の中に城があったり、山の頂上に城が建っている。
湖の城はまもなくホテルとして開業するそうだ。
「アンベール城」が見えてきた。
山の上にあるその城はかなり大きい。象が登っているのが見える。
これから「あれ」に乗るのだ。
城の手前にある湖でバスを停車し「アンベール城」の遠景を写真に撮る。
「ここにも コブラ使いがいるぞ」
我々が停車した場所には、「コブラ使い」が2人待っていた。
彼らは我々のバスを見ると、すぐに風呂敷きから籠を取り出す。
「コブラ、いないねぇ」と思っていたら、出てきたのは「マングース」であった。
「コブラvsマングース」のショウを見せてくれるのかな? と待っていたが、なかなか始まらない。
それどころかマングースしか見えない。

「コブラはどうした、コブラは」
どうやらコブラは寒さのためダウンしているらしい。
籠から少し見えたコブラの頭は、ひどくダルそうであった。
写真を撮ろうとしても、これでは絵にならない。けど、しっかりチップを要求!!!
「戦わなきゃ やらないよ」 と思いチップを払わないことにする。
バスに乗り込み「コブラ使い」を見ていたら、やっと準備ができたらしく
「マングー スvsコブラ」を始めたところであった。
「遅い遅い」ツアー客から声が上がる。
「コブラ使いのおやじよ。
次回からバスを見たら、すぐ戦いを始めないと商売になら ねぇぞ」と教えてあげたかった。
さぁ、いよいよ象に乗るときが来た。

30杯目 風の宮殿とコブラつかい

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-インドからミルクティ
-, ,

Copyright© インドからミルクティー 大人の遠足の楽しみ方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.