インドからミルクティ

【インドからミルクティ】 28杯目 ジャイプール到着

バスに乗って約3時間、トイレ休憩とドライバーの休憩を兼ねてドライブインに立ち寄る。
お土産屋と一緒になっているレストランは、インド・ドライブイン業界の定番らしい。

ドライブインでミルクティ

ミルクティを注文←しっかり定番になっています。

熱いミルクティを胃に流し込むと元気を取り戻すようだ。
ドライブインから出ると、庭で「群馬の先生」が、15~16才ぐらいに見える女の子達となにやら騒いでいた。
サリーは少し違う民族衣装を来た女の子の1人は、煙草を吸っている我々に近づきジェスチャーで「煙草」を示した。

「煙草ほしいの?」
「まぁ食べ物じゃないし、煙草なら」

と思い一本あげると慣れた手付きで吸い始める。

「写真撮っていい?」
「いいよ」

とジェスチャーで、一緒に写真を撮る。

「彼女達は労働者です。おそらく20才ぐらいで、子供も2、3人いるでしょう」

ラジャーン氏の説明に驚く!!!
どう見ても15、6才。彼女達は、煙草を何人かで回し飲みをしている。
咽せて口をゆすいでいる人もいました。

ジャイプールまであと少し

再びバスに乗り込む。
「ジャイプール」が近づくと外の景色が変わってくる。

それまで広がっていた畑が消え、山が見えてくる。
山の上にはマハラジャの城が見える。

インドの大地に日が沈む! 巨大な太陽が地平線に消えてゆくと、あたりは一面の闇に包まれて眠りに入る。
そして、気が付くとピンク色の壁が見えた。
「ピンクシティー」ジャイプールに到着しました。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-インドからミルクティ
-

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.