インドからミルクティ

21杯目 道を塞いだ牛とドライブインのカレー

更新日:

漆黒の闇に吸い込まれるようにバスは進む!
約1時間ぐらいかな? 突然停車
「ここで州が変わるので、手続きをする間バスの外に出られます」
ラジャーン氏からアナウンス
インドでは、バス、トラックなどの商業車は、州を越える毎に税金を払うことになっている。
そのための手続きでしばしバスストップ
外に出ると、香ばしい香りがしてくる。
路上のピーナッツ売りである。
大きな鉄板の上に、山のようにピーナッツが積み上げ火で炙っている。
ラジャーン氏が買ったピーナッツを、皆で食べて少し元気を取り戻す。
この州境には、ピーナッツ売りの他に果物売りの店が並んでいた。
再びバスに乗り込む。揺れるバスの中で、睡眠を取りながらアグラへと向かう
バスが、いきなり停車!?
「今度はなんだ?」
パッセンジャーくんがバスを降りて前の方にいる子どもたちと何か交渉中
ラジャーン氏が説明してくれた。
つまり
1.牛が道を塞ぐ
2.バス通れない
3.牛は、インドでは神聖な生き物
4.牛を殴ったり蹴ったりしては、いけない
5.牛がどくまで待つしかない。
6.パッセンジャー君が子供にお金をあげて牛を蹴飛ばす。
7.牛がどいてバスが通れるようになった。
補足説明:どうやら子供なら牛を蹴飛ばしてもいい???
お陰でバスが通れる。
⇒深読み
もしかしたら わざと牛を道に置いて道を塞ぐ
1にもどる・・・疑うのはやめよう!

2時間後、休憩と夕食のためドライブインに立ち寄る。
夕食は当初の予定ではアグラのホテルで取る予定だったが、飛行機の遅れのためここで取ることになった。
今、21:00 乗客はクタクタ状態。
トラック輸送が中心のインドにおいてドライブインは、必要不可欠なものだそうだ。
土産物屋とレストランが一緒になったドライブインで、食事の準備ができるのを待つ間、土産物屋を物色
絵葉書、民芸品、大理石でできた巨大なチェス盤などが売っていた。
ここで絵葉書を何枚か購入。
夕食は、タリーと呼ばれるカレー料理だった。

 

 

 

 

今まで食べたどのカレー料理より美味しかった。
今回のインド旅行で一番うまいカレーだったかも知れない。
再びバスに乗り3時間、途中道路工事の渋滞に巻き込まれながら、なんとか日が変わらないうちに「アグラ」に到着!!!
ホテルは「TAJ-VIEW HOTEL」(タージ・ビュー・ホテル)ガイドブックによればこのホテルから「タージ・マハール」が見えるらしい。
のだが、身体がボロボロ
「そう言えば、今朝ベナレスで沐浴を見たんだよね」これほど長い一日を経験したことはなかったと思います。
明日は?(すでに今日)「タージ・マハール」観光だ!
疲労困ぱいの我々に追い討ちをかけるように、ホテルの周辺で「いかにもインド風音楽」が大きな音が一晩中鳴っていた。

20杯目 豪華絢爛トラック野郎

22杯目 熊つかいと電気自動車 タージ・マハールに向かう2

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-インドからミルクティ
-,

Copyright© インドからミルクティー 大人の遠足の楽しみ方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.