グラシアス・メキシコ

46 チャックモールの呪いに襲われる。

更新日:


夕食のテーブルに着く テーブルは中庭に面しているオープンテラス ローソクの灯
「ううん なかなかロマンチック」
私たちはいつもお相手してくれている鈴木ご夫妻と一緒のテーブルです。
最初に出てきたのは 「オアハカチーズとトマトのサラダ」
お腹が空いていたので普段チーズをあまり食べない私が食べる。
「ねぇ チーズ大丈夫」と奥さん
その直後 私の胃は急変を告げていた。
「気持ちが悪い」 
口には出さないが今にも吐きそうだった。
「チーズ美味しいわね」
確かに日本で食べるチーズとは違う あまり強いにおいがない。
舌触りがモッツェリアチーズのようだ。
胃がキュルキュルしてくる。 
冷や汗が出るのがわかる。

次に出てきたのが「マッシュルームとズッキーニの花のスープ」緑色の冷たいスープだ。
私にとって一口飲むのがやっとであった。
次に出てきたのは「タホサ」と呼ばれるオアハカの牛のステーキである。
「げ チョコレートがかかっている」
出てきたステーキにはチョコレートソースがかかっている。 
ステーキを少し食べてみる。 
味もなにもない テーブルの上の調味料を
お好みでかけるのであろうか?

ここで私の胃は悲鳴をあげる。
「俺 部屋で休むわ」 
と奥さんに告げて部屋に戻る。
部屋に戻りベットに横になる。 
天井が薄気味悪い影が映る。 

「あのときあんな写真撮ったせいかな?」 
私は2日前のチャックモールで
ふざけた写真を撮ったことを思い出す。   
「どうなるんだろうな?」と不安が広がる。
少し休むとだいぶ落ち着いてくる。
奥さんがやってくる。 
手にはティーポッドが見える。
「これカモミールティ 飲むと落ち着くかも」
一口飲む なんだか妙な口当たりだ。 
水分を取って少し落ち着く。
ふかい眠りに落ちてゆく。 
やはり チャックモールの呪い?

14 チャックモールの呪い

「このトゥーラの遺跡は、トルテカ文明の中心地です。 トルテカ文明は、明日 行く予定のティオティワカン文明が滅んだあと栄えました」宮下さんのガイドは波に乗っている。 「トルテカ文明は軍事的性格をもってい ...

続きを見る


とにかく体調をもとに戻さねば。
後で奥さんから聞いたらデザートが大変美味しかったらしい
旅行ではじめて体調を崩した悔しさでいっぱいであった。

45 修道院ホテルって不気味

47 呪いからの復活

※この旅行記は、1997年に書かれたものです。

スポンサーリンク

AdSence 336x280

AdSence 336x280

AdSence 336x280

-グラシアス・メキシコ
-

Copyright© インドからミルクティー 大人の遠足の楽しみ方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.