グラシアス・メキシコ

【グラシアス・メキシコ】03 空いている成田空港


1997年4月26(土)快晴 いよいよ新しい旅が始まります。

スポンサーリンク

メキシコ4大遺跡めぐり10日間

今回のツアーはJTB「メキシコ4大遺跡めぐり10日間」

11:30家を出発、バスに乗り浦和駅に向かう。
手には機内持ち込みのバックだけです。

スーツケースは前日 ABCという宅配業者に頼んであるので非常に気軽です。
駅の近くのラーメン屋でラーメンを食べる。

のんびりとした出発

成田の集合時間が 15:50なのでのんびりしていた。
だが、なかなか注文したものがこない! 少し焦る我々!

「スカイライナーに乗り遅れるぅ」
急いで食べ 店を飛びだし 駅まで走る。
なんとか滑り込みで電車に飛び乗り上野に向かう。

「幸先が悪い!!!」

と思ったが、スカイライナーで成田に向かうころにはすっかり

「気分がハイ状態」
いつもながらお気楽夫婦である。

空いている成田

今日はゴールデンウィーク初日

「こりゃ中に入るまで大変だろうなぁ」
成田は警備のため中に入る前に荷物検査とパスポート検査があります。

ここが第一関門である?
しかし 検査の職員は暇そうであった。
誰も並んでいないのである。

「今日 休みだよな」
とボケた言葉を発しながら無事 検問突破!!!!
出発ロビーまでの長いエスカレーターを登る。

「でもきっと中は混雑しているんだろうなぁ」
「座るところもないんじゃない」
と思っている我々を待っていた出発ロビーは「ガラン」としていた。

「うそだろう」と思うぐらい出発ロビーは閑散としていた。
恐らく我々が体験した旅行で一番空いていたと思われる出発ロビーです。
「今年は海外旅行が落ち込んでいると聞いていたけど ここまでとは。。。」

藤野さん

宅配業者からスーツケースを受け取り受付カウンターに向かう。
今回は「Hカウンター」が手続き場所である。
スーツケースをX線検査に通し受付へ

「あのぉ メキシコ旅行なんですけど」
「はい こちらです」
対応してくれたJTBの添乗員は、藤野昌子さん
とても奇麗なおねぇさんです。

一目見て「こりゃ今回は大丈夫だ」
と直感

「準備するものを書いてきましたので参考にして下さい。特に虫よけは必要になると思います」
渡されたコピー用紙には今回の旅で必要な一覧が記述してあった。

虫よけを購入した我々の直感は当たっているようだ。
それにしても人が少ない成田であった。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-グラシアス・メキシコ
-,

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.