心の処方箋

勇気について 心の処方箋

Raffles: Further Adventures of the Amateur Cracksman The Black Mask

Money lost -- little lost. Honour lost -- much lost. Pluck lost -- all lost.
金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことは全てを失う。

アーネスト・ウィリアム・ホーナング
-E.W. Hornung

現実問題として 「金を失うのは大きく」「名誉を失うのはどうでもよい」のですが、この言葉のポイントは、

「勇気を失うことは全てを失う」

に集約されます。

今回の心の処方箋では、勇気について考えてみよう。

スポンサーリンク

アーネスト・ウィリアム・ホーナング

 

アーネスト・ウィリアム・ホーナング(英: E. W. Hornung、1866年6月7日 - 1921年3月22日)は、イギリスの小説家、詩人であり、19世紀後半のロンドンを舞台とする怪盗A・J・ラッフルズのシリーズ本を出したことで知られている。ホーナングはアッピンガム・スクールで教育を受けた。健康状態が悪かったために1883年12月に学校を離れ、シドニーに旅して2年間滞在した。このオーストラリアでの体験を元にして、まず短編小説、後に中長編小説の執筆を始めた。

ウィキペディア

正直、このアーネスト・ウィリアム・ホーナング氏につおいては、この言葉を探すまで全く知らなかった。
冒頭の「金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことは全てを失う。」に関しても検索すると

なぜか、英国元首相のチャーチルの言葉として掲載されているのですが、本家?は、アーネスト・ウィリアム・ホーナング氏かゲーテだと解釈している

Money lost, something lost. Honor lost, much lost. Courage lost, everything lost-better you were never born.

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

おそらく危機に瀕した英国国民を鼓舞するために これらの言葉をインスパイア引用したと勝手に解釈している。

勇気をなくしたら もうおわりということである。

勇気について

60歳にもなれば、親、兄弟姉妹、親族、先輩、憧れていたアイドルや芸術家、有名人など 自分と同じ時期に生きてきた人たちがこの世を去って行く。

訃報を聴くたびに自分が歳をとったことを実感するものです。

同時に、自分の残り時間を考えてしまうのも60歳という節目を迎えた年齢です。

また、お金などを失うことも生きている間にあるわけで、そのときの絶望を経験している人多いでしょう。

「カネの次は名誉だ」と白い巨塔の財前又八(財前五郎の義父)の名言がありますが、名誉など死んで銅像とか立ててもらうことぐらいで 何の意味もない。

それよりも 困難に立ち向かう勇気が大事である。

60歳ともなれば「めんどくさい」「勇気より撤退」「あたりさわりのない」などが優先されるかも知れませんが、

ひくところはひいて
押すべきことは、勇気を持って押す

ひくばかりでは、何も始まらないし 勇気を持って行動することをなくしたら あなたは一気に老け込みます。

今日の処方箋

サイボーグ009

石ノ森章太郎 原作 サイボーグ009

「サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER」全話いっき見ブルーレイ [Blu-ray]

「あとは 勇気 だけだ!」

主人公 島村ジョーのことば(ミュートス・サイボーグ編)
圧倒的な力の差があるミュートス・サイボーグのアポロンに、加速装置以外にどんな能力があるのか問わたときにジョーが発した言葉である。

石ノ森章太郎 原作 サイボーグ009は、サイボーグにされてしまった悲しさを背負ったヒーロー像が描かれている。
後の仮面ライダーにも通じる 石ノ森章太郎氏のヒーローの特徴です。

単なるアニメではなく、人間としてきちんと描かれた009は、もう一度見る価値があるでしょう。
オススメは、平成版です。

「三国志」北方謙三

ハードボイルド作家が、書いた三国志 小難しいものではなく 男の生き様と友情を軸に描かれています。
歴史物はちょっと・・・ いいえ 引き込まれます。

文庫版三国志完結記念セット(全14巻)

長編ですが、ぜひチャレンジしてみてください。

次回予告

次回は、のテーマは、仕事 です。

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-心の処方箋
-,

Copyright© インドからミルクティー , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.