はぼぞうの言いたい放題

日本人が日本人を差別する日 ワイドショーとワイドショーもどきのニュースが、自粛警察を生んでいる。

神奈川県在住ステッカー 『マグネット』自粛警察

他県ナンバーのクルマを見つけて

「卵投げたり」
「石投げたり」
「煽ったり」
「わざわざ近寄って 文句を言ったり」

年寄りを中心に 所謂「自粛警察」なるものが多く出没していると言います。

スポンサーリンク

二度と行かねぇよ

もし、そんなことを言われたら、

「恐らくそこには二度と行かない」

仕事で他県から来ている人もいると思うし、配送の人もいると思う。

もし、そんなことを言われたら、新型コロナウィルス後の世界でも

「二度と行かない」

そうして、自分が住んでいる街や地域の評判を陥れていることがわからない

ワイドショーなど放送禁止にしろ

震災のときもそうでしたが。これは

「テレビのワイドショーとワイドショー的ニュースが悪い」

昔撮っていた映像を流して

「混んでいますね」
なんて やっているテレビ番組は、放送禁止にしたほうがよい。

「検査が足りませんね、韓国のように検査しないと」
なんて、専門家でもないタレントが、訳知りのコメントを垂れ流す番組は、放送禁止にしたほうがよい。

もっと困ったことには、専門家にインタビューしたのに

「適当なところを切り取って、番組の都合の良いようにすり替える」
もう、間違いというレベルではない。

「マスクが売り切れです」
「トイレットペーパーが売り切れています」

「煽りと恐怖」を垂れ流し、「自分の都合に合わせた合わせたり」「街の人の意見」とか言ってサクラや都合の良いところだけ流したり。

作為的にやっているのでしょう。

一応、間違いを指摘されて「訂正」を流しますが、そんなの気にする人はいないし、誰も覚えていない。

どう考えても

「わざとにやっている」
「日本を陥れるためにやっている」

こんな番組を見て感化されて正義づらする「年寄り」が増大中です。

百害あって一利なし
老害と言われても仕方がない。

まとめ

テレビに毒された「頭の固い勘違いした老人」が、「自粛警察」なることをやるだろう。

新型コロナウィルスの影響に乗っかって「くだらないテレビ番組」の影響で日本人同士の「差別」が大量発生中です。
こういうことに対して「評論家」なるものは、ものを言わない。

とにかく、「ワイドショー」なんて「なくてもいいもの」は消えてほしい。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠とアルファロメオと自転車と写真と女性を愛する58歳 シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きで アイドル SKE48のチームS推し、卒業した方では、大矢真那推しです。

-はぼぞうの言いたい放題
-

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.