水曜日の歌姫

ただ心の友 と私を呼んで 五輪真弓の世界 【水曜日の歌姫】

子供の頃は、ラジオが友達、色気づく中学生になるとFM放送が中心になり やがてBCLにハマり短波放送を聴くようになった。 FM放送は、1970年代は、洋楽ばかりで日本ン曲はあまりかからなかった。 珍しく ...

友達の詩は、まだ序章に過ぎなかった。彼女の唄はあなたの心の琴線に触れるだろう 中村 中 【水曜日の歌姫】

今週の歌姫は、中村 中(なかむら あたる) 彼女の歌を初めて聴いたのが、第58回NHK紅白歌合戦だった。 友達の唄に引き込まれ、追いかけている内にかの字の唄が心の奥にしみこむように広がるのを感じている ...

個性的な声と優れた楽曲があの大ヒットを生み出した 太田裕美 【水曜日の歌姫】

昭和のヒット曲というのは不思議である。 「どんなに唄がうまい歌手」 でも楽曲に恵まれなければヒット曲にはならない。 「どんなに素晴らしい楽曲」 でもタイミングや歌い手が合っていないとヒットしない。 「 ...

圧倒的な 歌唱力と表現力 大橋純子 【水曜日の歌姫】

水曜日の歌姫で取り上げてきた歌手は、シンガソングライターより、プロの歌唄いの人が多いかも知れない。 唄を創り上げる才能と表現する才能は、別のものと思っている。 両方を兼ね備えて成功する人は少なく、長い ...

アイドルからロック・バンド そしてミュージカルで栄光を掴んだ。しかし、もうあの歌声を聞くことはできない。 本田美奈子 【水曜日の歌姫】

中学校3年生の時に『スター誕生!』のオーディション しかし決勝大会では、誰も彼女を指名する事務所はなかった。 しかし、その18年後、ミュージカルスターとして栄光の道を歩くことになった。 今回の「水曜日 ...

美しい声は、今も健在 八神純子 【水曜日の歌姫】

今週の水曜日の歌姫は、八神純子 自分は、大学時代の友人のアパートでよく聴かされていた。 Jazzが大好きな友人は、彼女のアルバムをよく聞いていた。 それまでああまり興味がなかったのですが、それ以後 よ ...

女優ではなく歌手 薬師丸ひろ子を聴こう 【水曜日の歌姫】

角川映画の全盛期の話 彼女は、アイドルっぽく扱われてきましたが、演技者としても評価が高い 今週の水曜日の歌姫は、歌手 薬師丸 ひろ子を聴いてみます。 女優として活躍してきた彼女ですが、歌手としてもとて ...

渡辺真知子 そのパワフルな歌声は、ニューミュージックを越えていた。【水曜日の歌姫】

松任谷由実や中島みゆきと言った「ニューミュージック」世代と同じ括りにされていたが、渡辺真知子の歌は、パワフルだった。 1977年(昭和52年) デビューシングルの「迷い道」が大ヒット 現在 過去 未来 ...

異色系アイドルと言われたけれど歌謡大賞受賞 Wink 【水曜日の歌姫】

2022/8/31    ,

昭和歌謡には、女性デュオが、ヒットを重ねてきた。 古くは、こまどり姉妹? あら60代の自分もこれは、古すぎる、ギリギリ ザ・ピーナッツであろうか? その後、ピンクレディというスーパーアイドルを時代 時 ...

全力パフォーマンスの伝承 SKE48 【水曜日の歌姫達】番外編

水曜日の歌姫 久々の復活です。 と言っての今回は、番外編ということで SKE48をとりあげます。 スポンサーリンク SKE48とは? ご存じない方も多いと思いますが、SKE48は、AKB48グループの ...

いい女、カッコいい女、かわいい女を歌わせたらピカイチ! アン・ルイス 【水曜日の歌姫】

2022/8/31    

2013年4月6日、元夫の桑名正博と息子の美勇士で親子3人共演CDを同年10月に発売 そして完全にアン・ルイスが芸能界から引退となった。 数々の「いい女」を歌い続けたアン・ルイスにピックアップしてみよ ...

前川陽子は、アニメソングで有名ですが、本当は、ジャズシンガーです。【水曜日の歌姫】

キューティーハニー、平成生まれの人は、あの歌手が歌っていましたが、本家は、その10倍以上セクシーで歌唱力も圧倒的である。 まずは、これを聴いてほしい。 『キューティーハニー』 彼女の名前は、前川陽子 ...

オリコン3位おめでとう 『GUNDAM SONG COVERS』 森口博子 2nd 【水曜日の歌姫】

森口博子さん デビュー35年おめでとうございます。 bayfm78のラジオ番組 KISS & SMAIL 2020/8/7 13:00-16:00 放送 radiko プレミアムならば後から聴 ...

大映ドラマの主題歌に名曲あり 麻倉未稀 【水曜日の歌姫】

ラグビーの第9回ワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝 残念ながら敗退してしまいました。 でもですよ 1995年の南アフリカ大会で「ブルームフォンテーンの悪夢」と呼ばれる ニュージーランド戦で17- ...

モノマネのイメージが先行したアイドルですが、本当は、実力派シンガー 松浦亜弥

2022/8/10    

「Yeah! めっちゃホリディ♫」 「ズバッと サマータイム♫」 というモノマネは、どれだけの人がやっていたのだろうか? 今回の水曜日の歌姫たちは、モノマネのイメージが 実は、抜群の歌唱力と表現力を持 ...

ベールに包まれた謎多きシンガー GAO 【水曜日の歌姫】

2022/8/10    

年齢不詳、生年非公開、謎多きシンガーである。 今週ご紹介するGAO ご存知ですか? 自分は、紅白歌合戦(1992年(平成4年)/第43回)で彼女の歌を聴いて がっつりハマってしまった。 ボーイッシュで ...

Copyright© インドからミルクティー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.