グラシアス・メキシコ

1997年 メキシコのジャングルにある遺跡群を旅してきました。
日本の文化、食べ物などまったく違う異文化体験をお楽しみ下さい。

【グラシアス・メキシコ】 25 歪む サン・フランチェスコ教会

「右手に見えるのが サン・フランチェスコ教会です。 1614年 支倉常長がローマに向かう立ち寄った教会です」 と言われても支倉常長の名前しか知らないため「ふうーーん」としか思えない自分が情けない スポ ...

【グラシアス・メキシコ】 24 沈みゆく国立芸術院

1997/4/28(月) 昨夜 あれほど騒いだにも関らず 時差ボケは解消されていない。 天気は素晴らしいメキシコ日より 今日も暑そうだ 朝食を昨日と同じレストランでとって 元気よく出発 今日は、メキシ ...

【グラシアス・メキシコ】 23 マリアッチでベサメ・ムーチョでマカレナ♪

バスでレストランに向かう。 レストランの名前は「フォンダ・デル・レクエンド」 日本語で「思いでの居酒屋」と言うそうだ。 レストランに入ると すでに宴は絶好調  メキシコが溢れています。 ギターが鳴り響 ...

【グラシアス・メキシコ】 22 ノージャケット ノープロブレム

ミュージアムショップでお買い物! 興味深い品々が並んでいたのですが 結局 絵はがきを購入しただけに留まった。 さて ホテルに戻って夕食だぁぁ スポンサーリンク 一人足りない と思っていたら事件発生 ツ ...

【グラシアス・メキシコ】 21 アステカ・オルメカ。パレンケ文明

眠い 太陽のピラミッドの一部を再現した展示の反対側には「ティオティワカンの全景」 の写真が壁一面に展開されている。 外には模型が。。。。。 「明日 楽しみだねぇ」 といいつつ スポンサーリンク 眠い ...

【グラシアス・メキシコ】20 メキシコ国立人類学博物館

30分ぐらいで店を出る。 ホテルの庭に国旗が並んでいた。その中で1枚変な国旗を見つける 逆さま星条旗 「あの旗 逆さまじゃない」 私が指差す先には、アメリカ合衆国の国旗が上下反対になって風にそよいでい ...

【グラシアス・メキシコ】 19 太陽のピアス

ちょっと怒っている(と思われる)ガイドの宮下さんに連れられてツアーの面々はお土産やに向かう。 赤でもつっこんでくる自動車をよけながら横断歩道を渡り 人通りの多いメキシコシティを歩く。 なにやら拡声器で ...

【グラシアス・メキシコ】 18 ガイドの宮下さんが奮起する

食事をして一段落 スポンサーリンク ペルーに行きたい 「ここで皆様の自己紹介なんていかがでしょうか?」 美人 添乗員 藤野さんからの提案で一組ずつ自己紹介が始まります。 「インカ帝国の遺跡を..... ...

【グラシアス・メキシコ】 17 ビール王国 メキシコ

昼食は、メキシコシティの「マリア・ボニータ」というレストランでした。 「マリア・ボニータ」の意味は「美しいマリア」と言う意味だそうです。 いかにもメキシカンと言う店です。 メキシコのビールは最高だ ち ...

【グラシアス・メキシコ】 16 チャック・モール 心臓の生贄

同じツアーの人よりはやく戻った我々は、入り口付近にある展示室らしき部屋に入った。 スポンサーリンク おちゃめな顔の裏にある死の匂い おそらくここで出土したと思われるたくさんの壷、石柱、レリーフに混じっ ...

【グラシアス・メキシコ】 15 メキシコの物売り登場

無事にチャックモールとの記念撮影を終え、競技場を見に行く。限られた時間しかないので見学ポイントは最初からターゲットを決めておくのだ。 スポンサーリンク メキシコの物売り登場 「........」 突然 ...

【グラシアス・メキシコ】 14 チャックモールの呪い

「このトゥーラの遺跡は、トルテカ文明の中心地です。 トルテカ文明は、明日 行く予定のティオティワカン文明が滅んだあと栄えました」 宮下さんのガイドは波に乗っている。 スポンサーリンク 血まみれなチャッ ...

【グラシアス・メキシコ】 12 サボテン、サボテン、そしてまたサボテン

*メキシコシティ ミニ知識 標高2240m 東京の7割ぐらいの土地に 2000万人が住んでいる(メキシコの人口は 8700万人) メキシコシティはもともと湖だったところにアステカ帝国が人工の島を作り繁 ...

【グラシアス・メキシコ】 13 トゥーラの遺跡

最初の観光地「トゥーラ」 駐車場に降り立、さぁ 物売り。。。。。は 「いない」 物売りどころか 他の観光客の姿も見えない。 「ねぇ 物売りいないねぇ?」 と会話する私たち。 「物売りがいないと旅行に来 ...

【グラシアス・メキシコ】 11 ビートルは、現地生産

9:00 ホテル出発 やっと観光が始まります。 バスから見るメキシコシティーは、近代的な建物が並んでいます。 道路はかなり広く 高速道路は、無料 スポンサーリンク ビートル その広い道路で一番目に付く ...

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.