月別アーカイブ:2021年03月

【右手に好奇心 左手にパスポート】 美味すぎる料理の連続で体重注意 2003年5月 トルコ

最近は、海外旅行から離れていますが、旅行で楽しみなのは、メシと酒? 日本、世界中の料理が、食べることができる料理ワンダーランド また、通販でも「お取り寄せ」ができるので、世界中のっ食品が入手できるよう ...

【右手に好奇心 左手にパスポート】 イスラム建築の美しさに感動 2004年5月2日 ウズベキスタン イチャン・カラ 

ゴールデン・ウィークいかがお過ごしですか? Google Photo整理していたらゴールデン・ウィークに旅行にでかけたものが大量に出てきました。 この写真は、2004年5月2日 ウズベキスタンに旅行に ...

3月

週刊 日本のニュースにあまり出てこないニュース 2021/3/22~2021/3/27

新型コロナが収束の気配もまだ見えなくても 紛争が起こっても、株価が下がっても 季節になれば、桜はきちんと咲きます。 そう言えば、オリンピックの聖火ランナーがはじまりました。 一週間を振り返ってどんなこ ...

ブラック

再生可能はカネがかかる 電気料金上乗せ額 1000円以上値上がり について考える

2021/4/7  

こんなニュースが掲載されている。 再生可能エネ 電気料金上乗せ額 1000円以上値上がりへ 太陽光や風力など再生可能エネルギーを普及させるため、家庭などの電気料金に上乗せされている負担額が、新年度、さ ...

ブラック

菅首相、最低賃金「早期に1000円」  いらない人材1万人を地方に押し付け

2021/3/27  

上場企業のいらないポンコツな人員を地方の中小企業に派遣したいらしい こんなニュースが、出てきた。 大企業の人材を地方の中小企業に派遣 政府は22日の経済財政諮問会議で今後の経済活性化策について議論した ...

【右手に好奇心 左手にパスポート】 貴重なシロサイの親子 2009年9月2日 ケニア ナクル湖

「アフリカの地を踏んだものは、必ず戻ってくる」 ケニアの写真を引っ張り出して掲載します。 スポンサーリンク 絶滅危惧種 2009年9月2日 幸運なことにシロサイの親子に遭遇した。 シロサイは、絶滅が危 ...

【右手に好奇心 左手にパスポート】 風とライオン! 2009年ケニア

昭和から平成にかけて、いろいろなところに旅行に行きました。 ジンバブエとかミャンマーとか、当時、あまり観光地化されていないところばかり選んでいました。 理由は簡単で携帯電話がつながらないところ・・・ ...

ブラック

約100万枚のチケット代金が損失になったけどIOCは痛くも痒くもない話

2021/3/21  

海外からの観客を入れないように決定した東京オリンピック それに対して、IOCバッハ会長は、 「私たちは皆から犠牲を必要とするかもしれない決定をしなければなりません」 とコメント そりゃ、IOCは、放映 ...

3月

週刊 日本のニュースにあまり出てこないニュース 2021/3/15~2021/3/20

桜が咲いて緊急事態宣言が解除され通勤電車も混んできました。 結局、緊急事態と言っても飲食業に規制をかけるだけだったわけで、それが効果があったのかどうか? それとも自然に減ってきたのかどうか? 通勤電車 ...

【右手に好奇心 左手にパスポート】 第10話 英国編 ~それはカイロからはじまった~

旅の目的地は意外な所で決まるものである。 遺跡をこよなく愛する我々にとって「いわゆる先進国」はあまり興味がない。 しかし、来てしまった。そう、大英帝国 イギリスです。 パリの観光でヨーロッパが肌に合わ ...

【右手に好奇心 左手にパスポート】 第11話 ロンドンタクシーでGo!

近代的なヒースロー空港から迎えのバスに乗る。 ロンドン市内に向かう途中現地日本人スタッフから日程の確認、両替え方法、地下鉄、バス、そしてロンドンタクシーの利用方法などが伝えられる。 いつものように車窓 ...

【右手に好奇心 左手にパスポート】 第9話 ファルーカでさらばじゃ(その2)

ナイル川の船遊びは続く ガラベーヤを着た船頭のお兄さんが急に慌ただしく動き始めた。ごわごわとした帆をロープで結び付けている。 風は「そよそよ」状態 心地よい アラビアのロレンスから舵を奪い取り船を回頭 ...

【右手に好奇心 左手にパスポート】 第8話 ファルーカでさらばじゃ(その1)

砂漠の中に巨大な送電線 ここはアスワン・ハイ・ダムである。 ダムと言っても日本でよく見ることができるアーチ型ではなく、ただの堤防の ように見える。アスワン・ハイ・ダムの上は道路になっている。 バスから ...

【右手に好奇心 左手にパスポート】 第7話 モスク(その2)

緩やかな坂道を登って行くと白いドームが目の前に現れた。 美しい球面の屋根と左右対称な構成の巨大建造物 建造物の名前は、「ムハンマド・アリ・モスク」本当に美しい! こ神聖な宗教施設なため、帽子はもちろん ...

【右手に好奇心 左手にパスポート】 第6話 モスク(その1)

ここはカイロ! 日本から飛行機で22時間、朝も早くから観光する日本人は逞しい! カイロ市内をバスは走る。街全体が埃っぽいし茶色がやけに目立つ。 市の中心地から旧市街へと向かう。 「牛がぁぁ 吊るされて ...

Copyright© インドからミルクティー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.