月別アーカイブ:2020年05月

1985年ビルボード年間ランキング たぶんラスト?【昭和の洋楽部屋へようこそ】

1985年の洋楽シリーズ4週目で一応区切りとしたい では、早速、今週も行ってみよう! 音楽は、いつの時代も人々の心に勇気と希望を与えてくれます。 最後までお付き合いいだだけたらと思います。 スポンサー ...

SpaceX 有人宇宙飛行 Demo-2 天候悪化のため延期

2020/5/28    , ,

5月27日の米国東部夏時間正午 でしたが天候悪化のため数日延期となっています。 SpaceX社が、2011年以来米国で友人宇宙ロケットを打あげます。 今回のブログは、後数日に迫った、新たなる宇宙への第 ...

香港に牙を向け始めた中国当局 国民安全法に対する戦いが起きている。

2020/5/25    

香港に牙を向け始めた中国当局 国家安全保障法に対する戦いが起きている。 新型コロナウィルス(COVID-19)の影響でデモに対する締付けも静かな状況でした。 全人代(全国人民代表大会)が、開催されてい ...

レーザービーム 米海軍USSポートランドの兵器テスト 映像あり

SFの世界が現実になろうとしている。 米海軍艦艇が飛行中の航空機を破壊できる新しい高エネルギーレーザー兵器のテストに成功 2020年5月22日(CNN) SFでおなじみのビーム兵器、開発尾噂はあったけ ...

日本人が日本人を差別する日 ワイドショーとワイドショーもどきのニュースが、自粛警察を生んでいる。

他県ナンバーのクルマを見つけて 「卵投げたり」 「石投げたり」 「煽ったり」 「わざわざ近寄って 文句を言ったり」 年寄りを中心に 所謂「自粛警察」なるものが多く出没していると言います。 スポンサーリ ...

1985年ビルボード年間ランキング バラード多め【昭和の洋楽部屋へようこそ】

1985年の洋楽シリーズ3週目に突入です。 では、早速、今週も行ってみよう! 音楽は、いつの時代も人々の心に勇気と希望を与えてくれます。 最後までお付き合いいだだけたらと思います。 スポンサーリンク ...

ドイツのカフェがオープン でもよぉーくみると奇妙な光景が・・・

世界中で、経済活動が再開されはじめた。 米国、欧州、日本でも手探り状態であるが、ドイツでは、サッカーが、無観客で開催された。 スポンサーリンク ソーシャルディスタンス 現在世界中で言われているのが、人 ...

牛乳が捨てられ、トマトを廃棄、ホップは、枕かスキンケアクリームに転用されてしまう

日本では、新型コロナウィルスの感染者が減ってきた。 一部の地域以外では、緊急事態宣言が解除となりました。 一方、欧米各国は、日本とは、桁違いの感染者と死亡者が出ています。 その中で、米国の農業が行き詰 ...

1985年ビルボード年間ランキング スーパーヒット曲続々と登場 【昭和の洋楽部屋へようこそ】

1985年の洋楽シリーズ第二弾です。 では、早速、今週も行ってみよう! 音楽は、いつの時代も人々の心に勇気と希望を与えてくれると信じている。 最後までお付き合いいだだけたらと思います。 スポンサーリン ...

ロックダウン中のカリフォルニアで テスラの工場が再開されました。

電気自動車のメーカーで有名な、テスラモーターズが、ロックダウン中に向上を再開を発表しました。 しかし、カリフォルニア州では、まだロックダウン中なのですが。。。 スポンサーリンク イーロン・マスクのTw ...

香港のデモが再開? 数百人の反政府勢力が集合

2019年は、香港で大規模なデモが発生しました。 あれ? 香港のデモって新型コロナウィルスの状況で消滅したんじゃないの? と自分も思っていたのですが、どうも そう簡単なものではなさそう ということで、 ...

「新型コロナウィルス感染を広げている原因は、5Gだ」というデマを英国人は信じているのか?

英国は、欧州でもっとも新型コロナウィルスの感染者が増えている状況になっています。 その英国でこんな話が出始めました。 「5Gが新型コロナウィルス感染を広げている」 5Gって携帯電話の「第5世代移動通信 ...

1985年ビルボード年間ランキング ドライブに出かけよう 【昭和の洋楽部屋へようこそ】

1985年の洋楽 前年から続いてきた日本における洋楽ブームが加熱、英国、米国のスーパースターたちの大ヒット曲が続きます。 では、本日から1985年ビルボード誌 年間100位以内か6曲をご紹介 音楽は、 ...

反中国感情は、天安門以来 世界中から 国際的な敵意を持たれている中国

新型コロナウィルスは、米国、欧州で猛威を奮っている。 その原因は、中国武漢において発生を隠蔽、春節(旧正月)で世界中に中国人が出かけたことによるとされている。 さらに「意図的に深刻化させた」という報道 ...

イラン 低リスクの地域でモスクを再開 【新型コロナウィルスからの再生】

イランは、新型ウィルスの感染が多い国の一つです。 3月に 「新型コロナウイルスによりイラン国内では10分間に1人が死亡していると指摘」 イラン保健省のジャハーンプール報道官 中等と呼ばれる地域でもっと ...

Copyright© インドからミルクティー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.